韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年8月7日17時30分 水曜日 SM&YG&JYP&スター帝国、音源使用回数の操作に対する告発状を提出

韓国の大手芸能事務所であるSM、YG、JYP、スター帝国の4社が、「歌謡界クリーン化」のために最近の議論が起きている、いわゆる「音源買いだめ」について検察に正式に捜査を要請し、音源買いだめへの関心が再び高まっている。
音源買い占めと歌手たちが携わっている企画会社がブローカーなどを利用して多数のIDを確保するため、音源利用券を大量に購入して音源順位を上げることをいう。
個人が自分のアカウントの外部アカウントなど複数のアカウントの操作によって不当に利益を得る行為を指す「Abusing」とも呼ばれ、通常、消費者の利用が少ない早朝などの時間に、意図的に音源を数千回ずつ再生する行為を指す。
また、ストリーミング再生時間この1分以上になるとチャート順位に反映されるという点を利用して再生時間を1分前後で続けて同じ音源を再生させた場合には、音源プレーヤーで1分経過ポイントを指定して自動的に次の曲をスキップするように設定するプログラムを利用する場合には、数百個以上の再生機器で同じIDを使って接続した後、1秒単位で間隔を置いて再生できるようにする場合など、最近になってデジタル音源使用回数の操作方法は、ますますより知能化、大型化されていることが分かった。
これは、企画会社の金銭的の対価を受けた専門のブローカーが行うものと伝えられた。最近になってブローカーが、まず中小企画会社へのアクセス、音源買い溜めを介して音源順位を上げて巨額を要求することが分かった。
その間デビューした歌手が音源チャート1位を独占したり、音源を公開した直後に下位だった歌手の順位が一日で上位圏に進入する現象などは、音源買い占め疑惑を増幅させるのに十分だった。
 音源に関連したブローカーは、暗黙のうちに動いているこれらの不法行為を依頼したいくつかの企画会社も当然内密にしてきたので、いわゆる心証はあるが物証を取るのが難しく音源買い占めは公論化され容易でなかった。この中で、韓国内最大の芸能事務所が歌謡界の音源買いだめを根絶するために検察に捜査を要請、音源買いだめの噂と実体が適切に暴かれる可能性がさらに高くなった。
その後、いくつかの企画会社がブローカーを買っても、音源買い溜めを強行する理由は何だろうか。
一言で認知度を高めるためだ。
歌謡順位プログラムのような歌手たちの間の競争に順位を付ける音源チャートは、歌手の位置を示す一つの指標であるわけだ。そのため、熾烈な歌謡市場で生き残るためのプロセスの方法を使ってまで宣伝効果得たいのが本音だ。
音源成績が上がると、音源チャートを順位選定の重要な基準としている放送局歌謡順位番組出演が容易になるのはもちろん、名が広く知られている行事交渉も頻繁に出演できるという点が音源買いだめが登場した理由として挙げられる。
また、スマートフォンが有効にされた時代に合わせて歌謡市場でもオフラインアルバムよりもデジタル音源を購入する消費者がますます増えている。
これにより音源チャートが以前よりもはるかに重要視され、上位に入りたい歌手たちの苦闘が始まり、最終的に音源買いだめ現象まで登場したという主張も出ている。音源買い占めは、多くの被害者を量産する。自分の好みとは無関係なチャートで音源チャートで信頼性が落ちた消費者、実力はあるが音源チャート順位で押されての努力の成果を認められない歌手、正当な方法で音楽を作るメーカーなどの被害を受ける人は多い。長期的に見れば、歌謡市場全体の音楽の質が低下するという懸念の声も高い。
Abusingで音源チャートで一日二日上位をとることはできる。しかし、上位を取ることができても、その場を着実に維持するには、曲自体が良くなければならないというのがほとんど歌謡関係者たちの評価であり、真理である。韓国内の大型歌謡企画会社らの今回の検察告発が歌謡市場を乱す音源買いだめの根を抜くことができるか帰趨が注目される(スターニュース)
たしかに、本当にいい曲で、指示されなければ、意味ないですよね。
話題性だけでなく、素敵な曲がいつまでも歌い継がれるように、心から曲が指示されなければ、歌のトップにたつ意味は、数字上だけのことで何の意味ももちません。心に残る歌は、いつまでだっても色あせませんから。

人気記事 おすすめ記事