韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年6月8日14時18分 金曜日 【レポ】ソン・スンホン『SONG SEUNG HEON FANMEETING 2018 ~One day~』、素顔が感じられるファンミーティングでファンを魅了!(1/4)

2017年大津にて開催以来、日本で1年3ヶ月振りとなるソン・スンホンのファンミーティング『SONG SEUNG HEON FANMEETING 2018 ~One day~』が、尼崎市総合文化センターあましんアルカイックホール(5月23日)と中野サンプラザ(5月25日)で開催された。ソン・スンホンの魅力いっぱいあふれるトークコーナーやファンと楽しむイベントで楽しい時を過ごした。

【レポ】ソン・スンホン『SONG SEUNG HEON FANMEETING 2018 ~One day~』(1/4)

中野サンプラザは、大勢のファンに埋め尽くされ、舞台中央からスポットライトを浴びたソン・スンホンが登場して、舞台の左右に歩いて挨拶をし、中央に戻り「こんにちは、ソン・スンホンです。お久しぶりです。会いたかったです。いつも温かく迎えてくれて気分がとても良いです。」と挨拶。

昨日食べた食事は、ラーメンとうどんが食べたくて、うどんを食べたという話で、あまりに美味しくて麺を追加したという話から、MCのYumiが「麺の追加ってラーメンでなくてですか?麺は細くなかったですか?」とうどんの麺の追加できるお店ってめずらしいと驚いた様子で質問。でも、どうやら本当にうどんで、「麺だけください。」と言ったら追加できたらしい。

今回は、トークメインでこんな些細な話をリラックスした感じで、進行が進んでいき、スンホンの素顔を感じられる時間となった。

「ドラマ『ブラック』の撮影終了後は何をしていたか?」の問いに、会えなかった友人に会ったり、アメリカにいる姉に会いに行ったり、次のドラマに備えて運動していたりしていたそう。
その他、『ブラック』でアクションシーンが多かったため、膝や肩を痛めて、治療にも通っていたとのこと。
そして「次の作品もたくさん飛び跳ねるようなシーンが多そうなので、今から心配している。年を取ればとるほど楽な作品に出演すべきだけど、アクションとかでなくて、メロウとか出演しなければいけないのに、年をとるほどワイルドな作品が増えている気がする。個人的には、活動的な作品が好きだけど、撮影していてしんどくなるとメロウがやりたいなあと思ったりする。」と話すと、会場からも笑いが。
「恋愛ドラマが、最近の韓国では多くないような気がするけど、やってみたい。50、60、70になっても、アクションやメロウもやっていきたい。」とファンに伝えた。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事