韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年5月18日11時00分 金曜日 5.18光州事件から本日で丸38年…ソン・ガンホとおにぎり、そして光州事件の関係とは…!?映画「タクシー運転手」本編映像解禁!

第90回米アカデミー賞外国語映画賞 韓国代表として出品の快挙!韓国観客動員1,200万人突破!2017年韓国No.1大ヒット作『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』(配給:クロックワークス)が、シネマート新宿ほか全国大ヒット公開中! 

第38回青龍映画賞で最優秀作品賞、主演男優賞、音楽賞、最多観客賞を受賞したほか、本国では『新感染 ファイナル・エクスプレス』の興行成績を上回り、歴代9位!(※韓国映画として)
映画批評サイト「ロッテントマト」では脅威の95%!(18年5月現在)
中国では、「天安門事件」を連想させるという理由で中国当局により関連コンテンツを削除され上映禁止になるなどと話題になり、日本国内では、「ぴあ映画初日満足度 1位 94.7点」(※4月21日ぴあ調べ)、「Filmarks 映画初日満足度ランキング第2位」(※4月23日Filmarks調べ)、「ミニシアターランキング1位」(※4月30日興行通信社調べ)に4週連続TOP5ランクイン! 

本作は、1980年5月韓国現代史上、最大の悲劇となった光州事件を題材にし、真実を追い求めたひとりのドイツ人記者と彼を乗せたタクシー運転手の物語。11歳の娘を一人で育てる平凡なタクシー運転手マンソプ役は、韓国映画界の名優ソン・ガンホ。本国では『グエムル-漢江の怪物-』、『弁護人』に続き、本作をもって関わった3作が動員1,000万以上突破!“トリプル・千万俳優”という呼び名も広がっている。また、ドイツ人記者ピーター役には、『戦場のピアニスト』『ヒトラー ~最期の12日間~』といった名作から、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』などのハリウッド大作まで幅広く活躍しているドイツの誇る名優トーマス・クレッチマン。ほか、『コンフィデンシャル/共助』で庶民派熱血刑事役で熱演のユ・ヘジン、『ザ・キング』で主人公の故郷の友人で、組織の実力者役で熱演のリュ・ジュンヨルと豪華キャストが集結!ここに『義兄弟~SECRET REUNION』『高地戦』チャン・フン監督の演出が加わり、最後まで自分の信念を貫き通した“あの日”をドラマチックな感動で包み込みます。

そして、この度、本作の題材となった《5・18光州事件》から丸38年を迎えた本日を記念し、本作の本編映像を解禁!

“危険だからソウルに戻ろう”といったマンソプの言葉に耳を貸さないドイツ人記者ピーターを光州に置いたまま、マンソプは一人で留守番させている娘の元に向かう。その帰路で寄った食堂では「光州でかなりの死者が出てるそうね。市内に軍人が入ってきてまさに修羅場だって。大勢死んでるし、逮捕者もかなり出たらしいわ」という話を客に持ちかける店主の女性に対し、「そうじゃない、学生デモのせいで軍人に死傷者が出た」と反論し、またその事実がニュースや新聞でも取り上げられていると正す客の男性。その姿を真剣な顔で見つめるマンソプ。そして、手にした新聞の一面には《光州デモで軍人5名死亡》《反社会的勢力と暴徒ら》という見出しが。

マンソプが見てきた光州の真実が、光州の外側では誤った情報で発信されていることに対する動揺だろうか、恐怖だろうか、何かを葛藤しているような複雑な表情を浮かべるマンソプ。やがて、気持ちを落ち着かせ、出されたジャンチグッス(そうめん料理)のそうめんを勢いよく啜る彼に「よほど空腹なのね、おにぎりもどうぞ」とおにぎりが提供され、神妙な面持ちのマンソプ。おにぎりの存在が示している意味とは…!?

ソン・ガンホといえば、「殺人の追憶」で韓国式のジャージャー麺、「弁護人」でデジクッパ(豚スープご飯)など、歴代出演作での食事シーンが話題になっている。本作で描かれるジャンチグッス(そうめん料理)とおにぎりという食事シーンが本作のなかでどういう意味を示すのか…!?本編中で、一番真剣なマンソプの姿が描かれており、この食堂での出来事を機に物語の展開もガラッと変化していく大事なシーンです!

本国では#MeToo運動の波に絡み光州事件の新たな証言が明らかになったり、ユルゲン・ヒンツペーター本人が撮影していた未公開映像をベースにしたドキュメンタリー映画『5・18 ユルゲン・ヒンツペーター ストーリー(原題)』が公開を控えていたりと、《5・18光州事件》に対する関心が再び熱くなっている今、普通の人々の小さな決断と勇気が積み重なり何かを成し遂げていく、近くで見ていなければ知り得ない当時の光州のことをマンソプのタクシーに乗りながら、自分たちの話として考えてみてはいかがでしょうか…?感動の大傑作を是非ご覧ください。

映画『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』
第90回米アカデミー賞外国語映画賞 韓国代表出品の快挙!
名優ソン・ガンホ主演で贈る、韓国動員1,200万人突破の2017年No.1大ヒット!

【STORY】 ソウルのタクシー運転手マンソプは「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」という言葉につられ、ドイツ人記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま一路、光州を目指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に入る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの言葉に耳を貸さず、ピーターは大学生のジェシクとファン運転手の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1人で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

■監督:チャン・フン『義兄弟~SECRET REUNION~』『高地戦』
■出演:ソン・ガンホ(『密偵』『王の運命 -歴史を変えた八日間-』)、トーマス・クレッチマン(『戦場のピアニスト』『ヒトラー ~最期の12日間~』、ユ・ヘジン(『コンフィデンシャル/共助』『LUCK-KEY/ラッキー』)、リュ・ジュンヨル(『グローリーデイ』『奴隷の島、消えた人々』)

2017年/韓国/137分/カラー/シネスコ/5.1ch/レイティング:G/原題:택시운전사/配給:クロックワークス/提供:クロックワークス・博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
[公式HP]http://klockworx-asia.com/taxi-driver/
COPYRIGHT(C)2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.

【緊急決定!光州事件を学ぶトークショー付き上映】
※場所:シネマート新宿(東京)/日時:5月20日(日)14:45の回終了後 
※詳細は公式SNSにてお知らせとなります

シネマート新宿ほか全国大ヒット公開中!

人気記事 おすすめ記事