韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年5月3日19時00分 木曜日 イ・ビョンホン、キム・ユンソクW主演映画『天命の城』、念願の韓国映画初参加となった坂本龍一よりコメント映像が到着!!

20180503_TheFortress_sub4

『トガニ 幼き瞳の告発』『怪しい彼女』の俊英ファン・ドンヒョクが監督を務め、イ・ビョンホンとキム・ユンソクをW主演に迎えた歴史大作『天命の城』が6月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開となります。

国の存亡を賭けた男たちの熱き47日間の闘いを描いた、真実の歴史大作
1636年。豊臣秀吉による朝鮮侵略が終わり、明が衰退したことにより清が朝鮮にも進出を始めた丙子の役。僅かな兵力と食料しかない孤立無援の状況となった朝鮮の一国の存亡をかけた国王と大臣と民の47日間の闘いを描いた真実の歴史大作。
監督は、『トガニ 幼き瞳の告発』や『怪しい彼女』のファン・ドンヒョク。幅広いジャンルでヒットを飛ばす彼がベストセラー歴史小説をダイナミックに映画化。極寒の中で南漢山城をリアルに描くために徹底した時代考証とオールロケで、映像美と物語の完成度に精魂を傾けた。W主演のイ・ビョンホンとキム・ユンソクの他、パク・ヘイルやコ・スなど韓国を代表する俳優陣のこれ以上ない豪華キャスト陣に加え、念願の韓国映画初参加となる坂本龍一が音楽を担当。壮大な見どころと、時代劇でありながら現代人にも共感を呼ぶストーリー、俳優たちの強烈な演技の相乗効果を通じて重厚な余韻と感動を伝え、監督初の時代劇となる本作を傑作に仕上げた。

そしてこの度、初の韓国映画音楽を手掛けた坂本龍一よりコメント映像が到着!

近年では、アカデミー賞3冠『レヴェナント:蘇りし者』、李相日監督作『怒り』の映画音楽を手掛け、常に革新的なサウンドを追求する日本が誇る世界的巨匠、坂本龍一が韓国映画に念願の初参加!現代的なシンフォニーに韓国の伝統音楽を取り入れた斬新なスコアを完成させ、映画の普遍的な感動と迫力を重厚なサウンドで盛り上げている。

『天命の城』
監督:ファン・ドンヒョク『怪しい彼女』『トガニ 幼き瞳の告発』
音楽:坂本龍一
出演:イ・ビョンホン『王になった男』 キム・ユンソク『哀しき獣』 パク・ヘイル『神弓-KAMIYUMI-』 コ・ス『マルティニークからの祈り』
(C)2017 CJ E&M CORPORATION and SIREN PICTURESALL RIGHTS RESERVED
2017年/韓国映画/139分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:根本理恵/原題:남한산성/提供:ツイン、Hulu/配給:ツイン
公式サイト:http://tenmeinoshiro.com/
6月22日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
<STORY>
1636年、清が朝鮮に侵入し「丙子の役」が勃発。敵軍に完全包囲され、冬の厳しい寒さと飢えが押し寄せる絶体絶命の状況の中、朝鮮の未来を見据えた大臣たちの意見は激しく対立する。平和を重んじ清と和睦交渉を図るべきだと考える吏曹大臣チェ・ミョンギル(イ・ビョンホン)と、大義を守るべく清と真っ向から戦うことを主張する礼曹大臣のキム・サンソン(キム・サンソク)。対立する二人の大臣の意見に王・仁祖の葛藤が深まる。抗戦か、降伏か。朝鮮王朝の運命は――!?

人気記事 おすすめ記事