韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年3月12日23時56分 火曜日 【レポ】VIXXのN(エン)のソロファンミーティング『VIXX N Fanmeeting 2019 <A! Cha hakyeon> in Japan』~「みなさんに楽しんでいただけるのであれば、僕の顔を犠牲に」(1/2)

VIXXのリーダーN(エン)のソロファンミーティング『VIXX N Fanmeeting 2019 <A! Cha hakyeon> in Japan』が2月23日(土)・24日(日)大阪、25日(月)東京にて開催された。
エンのソロ公演は開催されるたびにほぼ完売になるほどの人気で、今回も24日(日)の大阪公演が追加された本イベント。この公演は、昨年2回目を迎えた人気公演“えん返し”とは趣向を変えたものとなっていたが、エンが最初から最後までひとりで進行をするというのは変わらず、さすがのエンターテイナーぶりでSTARLIGHT(=VIXXのファン)を楽しませた。

この25日(月)東京・Zepp Tokyoにて行われた昼公演の模様をお届けします!

【レポ】『VIXX N Fanmeeting 2019 <A! Cha hakyeon> in Japan』 at Zepp Tokyo(1/2)

平日の昼間にも関わらず、たくさんのSTARLIGHTで埋め尽くされた会場。
スクリーンにはポスターのイメージにもなっていたインスタグラム風の画面が映し出され、映像がスタートすると、インスタグラムの写真が次から次へと流れていく。

そしてエンが登場し、まずは椅子に腰かけて『サボテン』を披露。優しいメロディとエンの透明感のある声が心にじわじわとくる楽曲で、スクリーンにはかわいいサボテンも映し出された。
「みなさん、こんにちは。『VIXX N Fanmeeting 2019 <A! Cha hakyeon> in Tokyo』に来てくれたSTARLIGHTのみなさん、ようこそ!」と挨拶とともに歓迎の言葉を贈ると、早速流暢なトークで盛り上げていく。

「2017年、2018年の“えん返し”に続いて、今年もたくさん来てくれて本当に本当に本当にうれしいです。」と感謝の言葉を伝えると、最近は忙しく過ごしており、「最近ちょっとだけ有名になりましたよ。」と冗談っぽく話したエンだったが、実は今回のファンミーティングも忙しい中、近くでファンに会いたいという気持ちから開催してくれたとのこと。

大阪公演の後、新幹線で移動する時にはお弁当を3つも食べたそうで、「僕もびっくりしました。全部食べました。」というエンに会場も驚き。「何となくほっぺたがふっくらした気がします。目もちょっと今、小さいですよね。」と言って笑いを取ると、お弁当の内容を公開。牛肉弁当、いなり寿司、すき焼き弁当というボリューム満点な内容だったが、すき焼きはお店で食べたほうが良かったそう(笑)。
東京に着いてからは、レインボーブリッジを写真に撮ってみたものの、暗くて「うまく撮れませんでした。黒すぎる。」と言ってその写真も公開。「東京は僕の縄張り」だというエンは、すしざんまいへ行ってお寿司、いちごアイスクリームも食べて、楽しい時間を過ごしたようだ。

また、昨日髪の毛を黒くしたというエン。今気づいたと言うファンに、「問題がありますよね。」と言いながらも、そのやり取りを楽しんでいる様子。
その後も「僕の全てをお見せする準備ができていますよ。」と公演に対する意気込みを宣言すると、反応が遅れたファンには「遅い!」と素早くツッコみ、オープニングで歌った『サボテン』の「歌詞(かし)がいい」というファンの言葉を「足(あし)がいい」と聞き違えて、「それほどだったかな、と思った」と言って、笑いを誘った。

この『サボテン』という曲は、エンがファンのことを思って書いたもので、その収益金を寄付したという、エンにとっても、ファンにとっても意味のある曲。会場からの拍手に、「僕よりもみなさんに拍手を送りたいです。」と優しい言葉をかけるエンだった。

さらに今回のステージは、STARLIGHTとのコミュニケーションのために作った場だということで、エンからは「みなさんの参加が必要ですよ。」との前フリ。
早速ファンに質問を投げかけ、ちょっと声が小さいと、「自信持ってください。ここは僕たちだけだから大丈夫ですよ。僕たち仲良しですよね。大丈夫だよ。」という甘い言葉にファンもタジタジ。

そして今回のイベントは、SNSに普段から今日の出来事を記録しているエンが、ファンとの思い出も記録できたらいいな、と思って『A! Cha hakyeon』というSNSのIDをタイトルにしたと明かし、カッコいいと思った時に言う「あ~、チャ・ハギョン~」という意味と、失敗したり、残念な時に言う「アチャ~(しまった)、ハギョン」の2つの意味があると説明。

この「アチャ~」をみんなで言ってほしいというエンのリクエストで、エンの掛け声「1、2、3」に合わせ、会場も難なく「アチャ~」と応えていたが、ここでエンのムチャブリがスタート。会場の誰かが「今だ!」と声を出し、その合図で「アチャ~」と言う難易度の高いものに。それでもさすがSTARLIGHT、ちゃんと声を上げるファンがいて、その声の大きさにエンも大爆笑していた。

そしてここからはエンの「アチャ~」という日常も公開していくコーナー“N★STORY”に突入。
正直に公開するので、「この会場から出た瞬間に全て忘れてください。お願いだから。」と念を押し、この場でしか見られない特別な未公開写真・映像を披露してくれることに。

今よりももっと食欲旺盛でまん丸だったという赤ちゃんの頃の写真、コンサートで披露したホンビンとのユニットステージの練習映像、ドラマの撮影が終わってはしゃいで帰路に就く映像、初級のテストに合格したというフィギュアスケートをやって転ぶ映像、昨日東京に着いて撮ったというレインボーブリッジをバックにした映像などが披露された。

その中でも、ひと際大きな歓声が起こったのが、コンサートのために日本に来る飛行機の中で撮ったというホンビンとケンが一緒に写っている写真。
「久しぶりにメンバーを写真で見たのでうれしいです。」とメンバー愛を見せるエンだったが、「僕が1番かわいいですよね。」と自画自賛し(笑)、2番はケン、3番はホンビンと、勝手にかわいいランキングを発表。ヒョギには誰もかなわないので0番、4番以降はいないと断言し、笑いを誘った。

そして驚きの声が起こったのは、エンの顔が赤く塗られ、さらに白く塗られた写真。これは、今年の1月まで韓国で放送されていたドラマ『赤い月 青い太陽』で犯人役を演じたエンの仮面を作る工程で撮影されたもの。
「整形手術ではありません。顔いじってないです。」と言うエンに会場は大爆笑だったが、実はエン本人も自分が犯人だということは知らされておらず、撮影の日に初めて知って戸惑ったのだそう。
「感情的に大変でしたが、長く記憶に残りそうなドラマです。ぜひ観てください。」とお勧めしていた。

さらに関心を引いたのは、エンが甥っ子とふざけながら散歩する映像。いつも話題に上る甥っ子だが、走ったりジャンプしたりするのがとても好きだそうで、一緒にいると30秒が30時間に思えるほどだというエン。会うたびにこの体力を消耗する散歩を求められるので、「かわいいですけど、ちょっと怖いです。。」とうれしそうに話した。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事