韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年2月7日12時15分 水曜日 【レポ】VIXX LR日本初コンサートツアー『VIXX LR 1st CONCERT [ECLIPSE] TOUR in Japan』 at Zepp Tokyo(1/2)

20180125_VIXXLR_02

日本でも人気の高い韓国6人組グループVIXXのメインボーカルLEOとラッパーRAVIによるユニット“VIXX LR(ヴィックス エルアール)”が1月24日(水)に日本で初となるアルバム『Complete LR』をリリース、このアルバムを引っさげ、1月25日(木)Zepp Tokyo、1月27日(土)、28日(日)堂島リバーフォーラムにて『VIXX LR 1st CONCERT [ECLIPSE] TOUR in Japan』を開催した。

【レポ】『VIXX LR 1st CONCERT [ECLIPSE] TOUR in Japan』 at Zepp Tokyo(1/2)

週初めに降った雪がまだ残る中、たくさんのファンが詰めかけ、スタンディングの会場を埋め尽くす。VTRが始まり、LEOとRAVIがステージ2階の部分から登場すると、歓声の中、『Beautiful Liar』でスタート。ファンからの掛け声を受け、一気に熱の上がっていく2人。ステージ1階へ移動すると、今度は雨の映像と共に『Remember』がスタート。

そしてLEOの掛け声で、「VIXX LRです。」と2人で挨拶すると、自己紹介し、RAVI「会えてうれしいです。お元気でしたか?今日もキラキラしていますね。」、LEO「本当にお久しぶりですよね。」と日本語でコメント。2018年初のステージということで、「明けましておめでとうございます。」と2人が丁寧にお辞儀をして新年の挨拶をする場面も。
VIXX LRとしては初めての日本でのコンサートツアーということで、「特別な公演になるように」とたくさん準備したという2人。 “ECLIPSE”というタイトルについても、「それぞれの色を残しながら僕らだけの色を見せる」という意味が込められているそう。そして、STARLIGHT(VIXXのファン)にも「楽しみにしてください。」と声を掛けていた。

そして、LRバージョンに新しくアレンジしたというVIXXの曲、『Error』と『Chained up』を披露。どちらもファンにはおなじみの曲だが、全く別の曲のようにも聞こえる、2人らしい洗練されたアレンジで、さらに情感が増し、ファンにも新鮮に聞こえたのではないだろうか。

続く『Beautiful Night』ではダンサーを従えてのステージを披露、スタイル抜群の2人の動きが美しく映えていた。途中、RAVIの姿が見えなくなったと思うと、ステージ中央の“LR”と書かれた扉が開き、そこからRAVIが登場するシーンも。LEOも色気溢れるパフォーマンスを見せ、会場を魅了した。

ここでRAVIだけがステージに残り、しばしトーク。
「みなさんどうでしたか?」を連発するとファンもこれに応えて大声援。満足した様子のRAVIは、このソロコメントが「今日一番のハイライト」と1人になってちょっと緊張しつつもうれしそうな表情を見せる。
先ほど披露した、LRバージョンのVIXXの楽曲については、自分でも編曲していく過程がとても楽しかった、というほど満足な仕上がりになったよう。曲が生まれ変わるように、自分も「様々な姿を見せたい」とコメントしていた。

RAVIのソロステージでは、RAVIの2番目のMIXTAPEから、「僕のストーリーを込めた曲」と紹介して、真っ白いコートを羽織り、『BOILING POINT』へ。そして『NIRVANA』と初披露の2曲を続けてパフォーマンス。さらに磨きのかかったラップで会場を圧倒した。

雪山のVTRと共に会場の雰囲気が一転すると、今度はLEOのソロステージ。ミュージカルにも数多く出演しているLEOが披露したのは、ミュージカル『マタ・ハリ』から『From Way Up There』。ここではVIXXのLEOというよりも、ミュージカル俳優LEOの顔で、VIXXやVIXX LRのステージでの歌声とは異なる、ミュージカル会場にいるのでは、と錯覚するような歌声で、大歓声を浴びていた。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事