韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2014年2月13日20時39分 木曜日 【レポ】『第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014』 SHINee・NU’EST・MR.MRが出演!(2/2)

K-POPFES_08SHINee_2
最後は、既にK-POP界のトップアイドルとして光、輝く“SHINee”
オープニング映像が流れると、一段と大きくなった声援で、会場が揺れ動き、ボルテージは最高潮!

「Why so serious?」でスタートし、SHINeeならではの高度なダンスパフォーマンスで、観客を一気に彼らの世界へ引き込んだ!
2010年に同公演に出演し、今回2度目の舞台となったSHINee。その際、児童福祉施設を訪問し、子供たちにプレゼントを贈り、温かい交流をした。その時の子供たちが客席に来ている事を知ると、「覚えています?お元気ですかーー?その時、手紙を貰いました!ありがとう」と手を振り声をかけると、子供たちから「SHINee~~~~」の声援が送られた。今回、子供たちにはサインCDがプレゼントされた。

歌唱力が際立つバラード曲「Color of the season」でじっくり聞かせると、大ヒットナンバー「Sharlok」と続いた。

K-POPFES_08SHINee_4
トークでは、開演前に皆で「Every body」のワンポイントダンスレッスンをした事を伝えると、「僕達が歌うので、踊って!」と、「Every body~♪Every body~♪Every Every body♪」とSHINeeが歌うと、観客も一斉にダンス。難しいダンスが多いSHINeeだが、「Every body」のDJダンスは比較的簡単だと話し、DJダンスのワンポイントレッスンも繰り広げられた。
そして、「Every body」で観客とひとつになり余韻を残して舞台を後に。「SHINee!SHINee!」とアンコールが鳴り響くと、「Colorful」で応え、舞台を駆け巡り盛り上げた。

K-POPFES_08SHINee_1

エンディングでは、SHINee、NU’EST、MR.MRが一同に会し、ファンと記念撮影をした後、観客にサインボールを投げ込むサプライズプレゼントを用意しファンを喜ばせた。
最後は、別れを惜しむように、何度も客席に手を振り舞台を後にし、「第65回さっぽろ雪まつり K-POP FESTIVAL2014」は大盛況のうちに幕を閉じた。

K-POPFES_08_12

公演後、NU’EST、MR.MRとのGFSCワンコインチャリティー後援者とのチャリティーハイタッチ会が行われ、ファンとの触れ合いの時間を持った。

本行事はGFSC(Good Friends Save the Children)チャリティーキャンペーンで構成され、収益金はGFSCアジア貧困地域子供教育支援及びGFSC東日本復興支援活動に全額寄付される。
また、この日、GFSC広報大使任命式が執り行われ、FIXからMR.MRにGFSC広報大使のバトンが引き継がれた。今後2年間、GFSC活動の普及と応援に、MR.MRが乗り出す!
これに先立ち7日に、MR.MRはNU’ESTと共に、札幌市内の児童福祉施設を訪問。子供たちにサインCDやタオル、お菓子などのプレゼントを贈ると共に、ゲームなどで温かい交流の時間を過ごした。

2009年の「韓国崇礼門(南大門)」、2010年「韓国・百済王宮」大雪像制作がきっかけとなり、韓国の人気音楽・文化を紹介しながら、日韓文化交流及び友情の輪をアジアに広げていきたい。そして、さっぽろ雪まつりを更に盛り上げたい!との思いからスタートした本行事は、今年も音楽の力で、真の日韓交流とGFSCチャリティーの分かち合うメッセージを発信し、札幌を熱く盛り上げた。(完)
前頁へ

NPO法人日韓文化交流会 www.japankorea.org

共催:NPO法人日韓文化交流会、(一般社団法人)札幌観光協会

【レポ】第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014』 SHINee・NU’EST・MR.MRが出演!(1/2)
【レポ】第65回さっぽろ雪まつりK-POP FESTIVAL 2014』 SHINee・NU’EST・MR.MRが出演!(2/2)

人気記事 おすすめ記事