韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年3月6日19時57分 土曜日 【レポ】Apeace活動休止前最後のLIVE配信『Apeace無観客LIVE配信2021 – PROMISE – Special act STAGE』~個性あふれる個々の魅力を見せつけたスペシャルステージ!懐かしの曲から演歌まで!(1/2)

2月11日(木・祝)、Apeace活動休止前最後のLIVE配信「Apeace無観客LIVE配信2021」が2部構成で行われた。
1部は『- PROMISE – Special act STAGE』と題し、個々の魅力を伝えるステージ、2部は『-10th anniversary door-』と題し、グループ史上最長の150分公演で、過去10年の歴史で培ったグループの魅力を見せつけたステージとなっていた。

この公演の第1部の模様をお届けします!

【レポ】『Apeace無観客LIVE配信2021 – PROMISE – Special act STAGE』(1/2)

1部がスタートすると、まず最初に登場したのは、ジヌ、J.D、ヨンウクの3人。
1部では交代でMCを担当するということで、まずはこの3人が見どころなどを話すと、早速ほかのメンバーを呼び込んでいくことに。
舞台の左右からひとりずつ登場し、ファッションショーのようにセンターでキメポーズをしながら全員がステージに揃うと、ヨンウォンが公演のタイトル『- PROMISE – Special act STAGE』を「AngelPeace(エンジェルピース:Apeaceのファン)とApeaceのプロミス」というテーマだと解説。
そして全員で「We are Apeace!」と挨拶をすると、『WINTER MOON』を披露した。

ここからは、ほかのメンバーがひな壇で見守る中、早速個々の魅力を伝えるスペシャルステージを披露していくことに。
トップバッターはヨンウォン&シヒョク。専用劇場K THEATER TOKYO時代から歌っていたという『お別れ記念日』をヨンウォンのボーカルとシヒョクの韓国語ラップというコラボで見せてくれた。

ノリノリで応援していたメンバーたちは、懐かしい曲に心打たれた様子。そんな中、シヒョクのラップにもの申した?!ヒョンソンがステージへ。ミュージカルの楽曲『レベッカ』を情熱的に歌い上げた。

続いてMCがスンヒョク、ゴンヒ、ソンホに交代すると、メンバーがそれぞれ制作・プロデュースしたソロ動画チャレンジ企画『ATube』の話題に。昨年行われ、再生回数を競っていたこの企画、9月分の優勝者の発表がまだということで、この場でウォンシクの優勝が発表された。
優勝したウォンシクは、ずっとビリで、悲しみのインスタライブをしたこともあったため、「ありがとう日本!」とAngelPeaceへの感謝の気持ちを伝えた。そして何と、優勝のプレゼントは10年前のウォンシクの顔写真が大きくプリントされ、メンバーのサインも入ったウォンシクTシャツ!これにはウォンシクも動揺していた(笑)。

そんなウォンシクは、「ちょうどこの(Tシャツの)頃、初めて日本に来て、僕が日本の曲が好きになったきっかけの歌なんですが、僕が初めてやった個人技の歌です」と紹介して、『歌うたいのバラッド』を披露した。

続くジヌは、「どんな曲をやるか悩んでたんですけど、自分が気に入ってるし、自分で書いた詞の中で内容がいいなと思う」という理由で『STAY』をチョイス。ボーカルにソンホを迎え、韓国語でラップを披露した。

ここでヨンウォン、ウォンシクにMCが交代すると、Apeaceのオリジナルネット番組『Apeaceのお部屋』スペシャルバージョンがスタート。番組でも行っていた、『究極の選択』『お悩み相談室』をやっていくことに。
『究極の選択』は、“もし今度生まれ変われるとしたら、Apeaceになりたいか、AngelPeaceになりたいか”というテーマで、J.D、ゴンヒ、スンヒョク、ソンホのApeaceになりたいチームと、ジヌ、ヒョンソン、ヨンウク、シヒョクのAngelPeaceになりたいチームがディベートしていき、最終的にAngelPeaceが選んだ答えのチームが勝利するというもの。
「生まれ変わってApeaceになったら、またAngelPeaceに会いたい」(スンヒョク)、「僕らっていつもファンの方に会えるグループだったでしょ。でも今、会えないじゃん。だから次の人生にはもっといっぱい自分たちのパフォーマンスを磨いて、さらにいいステージを届けられるApeaceに生まれたい」(J.D)などの意見が出たApeaceチーム。
一方、「AngelPeaceが次に生まれ変わってもAngelPeaceに生まれたいっていうことじゃないかな、とAngelPeaceの気持ちで考えました」(ヨンウク)、「どんなに辛いことがあってもApeaceのライブを観に来て癒されるじゃないですか」(ヒョンソン)、「Apeaceの人生に1回住んでみて、それでわかりました。次からAngelPeaceで生まれ変わろうって」(シヒョク)などの意見が出たAngelPeaceチーム。
そしてAngelPeaceが選んだ結果は“AngelPeace”。負けたJ.D、ゴンヒ、スンヒョク、ソンホとApeaceチームに肩入れしていたヨンウォン、ウォンシクが独断で選んだジヌの6名の罰ゲームが決定した。

『お悩み相談室』では、最近AngelPeaceになり、推しのメンバーが決められないので自己アピールしてほしいというファンからの相談を受けることに。
先陣を切って、「次の駅はヨンウク、出口はありません」と甘~くアピールしたヨンウクだったが、実は相談者は、ヨンウォン、ウォンシク、ソンホの3人で迷っているということが判明。3人はうれしそうにアピールし、相談者と電話もしながら、楽しい時間を過ごした。

(つづく)→次頁