韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年3月29日05時41分 金曜日 ジュノ(2PM)邦画初出演映画『薔薇とチューリップ』、萌えキュン必至!待望のポスター&本予告映像初公開!

アジアのトップ男性グループ2PMの枠を超え、俳優として大躍進を遂げているジュノ。数々の映画やドラマで役者としての幅を広げ進化し続け、人気と実力にますます磨きがかかっているジュノが、ついに待望の日本映画に初出演を果たした!
ジュノ史上初となる二役にチャレンジし、俺様なカリスマ天才画家ネロとピュアなハートを持つ韓国人留学生デウォンという180度異なる役柄を演じ分け、日本語の演技にも挑戦。温泉シーンや、ヒロインをはじめとする女性キャストとのふれ合いでは、ツンデレ演技で胸キュン度を刺激したり、さらに同一場面に2人のジュノが登場するなど、嬉しいシーンが満載!
今までジュノを知らなかった人々も彼の魅力の虜になること必至の、明るくハッピーなストーリーが展開する。
また、ジュノ自身がこの作品のために書き下ろした主題歌「Nothing But You」JUNHO(From 2PM)も、映画をひときわ盛り上げる。
原作は、「東京タラレバ娘」「雪花の虎」などの大人気女性漫画家で、熱心な2PMファンでもある東村アキコ。その原作をもとに脚本化が進み、ここに、ジュノ&東村アキコという超豪華ドリームタッグが実現した。
また、ヒロインで旅館の跡取り娘かおりを演じたのは、『空飛ぶタイヤ』の谷村美月。主人公ネロを支える重要な役どころには玄理。個性派ふせえりら演技派女優が結集し、同じ2PMのチャンソンが友情出演しているのもファンには見逃せない。そして、監督は『たとえ世界が終わっても』などの野口照夫、脚本は『僕は妹に恋をする』のねじめ彩木と、熱い映画人たちがタッグを組んだ、この春の話題作は見逃せない!

この度、待望のポスターが初公開!ジュノ演じるカリスマ天才画家のネロが、バラの花束を抱えながらクールな目線で俺様オーラを発動すれば、温泉が命の朗らかな韓国人留学生デウォンが優しくチューリップに微笑みかけるという、相対的なビジュアルに胸キュン!さらに、ヒロイン役の谷村美月が、旅館の跡取り娘らしく、可愛らしい着物と笑顔で華を添えている。
そして、本予告映像も初公開!冒頭から温泉での同一シーンで、2人のジュノが鉢合うというユニークかつファン必見の映像が登場。温泉でのデウォンの爆笑シーンから、かおりの父が残した絵やネロとの関係の秘密、天才画家の苦悩まで、ネロとデウォンの人生交換をベースに、物語はドキドキ・ハラハラの急展開!瓜二つだが、性格も立場も全く異なる2人、彼らが入れ替わり日々から見つけた本当の自分とは!?
JUNHO(From 2PM)の書き下ろした主題歌にのせて展開する、萌えキュン必至の映像満載な本予告に胸が躍ること間違いなし!

【映画『薔薇とチューリップ』】
ジュノ(2PM)邦画初出演作×原作・東村アキコの超豪華ドリームタッグが実現!
初の一人二役で新たな魅力爆発の極上の胸キュン♡ラブコメディ!

<STORY>
個展開催のため来日した、世界的若手現代アーティスト・ネロ(ジュノ〈2PM〉)。彼は到着早々、自分の絵の盗作が置かれていると噂の旅館を密かに訪れ、そこで温泉客である韓国人留学生・デウォン(ジュノ〈2PM〉)と出会う。なんとネロとデウォンは瓜二つだった!互いに驚きを隠せない二人だが、ネロは“ある目的”のために、デウォンに自分と入れ替わるよう依頼する。二人が入れ替わったことで、事
態は一変。やがて彼らは思いもよらぬ出来事に巻き込まれていくが…。旅館の跡取り娘・かおり(谷村美月)とふれ合う中で過去と向き合うネロと、時代の寵児になりすましながら未来を模索するデウォン。姿形はそっくり、けれど性格も立場も異なる二人……彼らが入れ替わりの日々の中で見つけた、“本当の自分”とは–!?

<CAST>
●ネロ、デウォン(1人2役):ジュノ(2PM)
●かおり:谷村美月
●ミョンア:玄理
●仲居頭・悦子:ふせえり
●ジンイル:チャンソン(2PM)

<STAFF>
●原作:東村アキコ『薔薇とチューリップ』(小学館「月刊!スピリッツ」連載)
●監督:野口照夫『たとえ世界が終わっても』「FF XIV 光のお父さん」
●脚本:ねじめ彩木『僕は妹に恋をする』
●主題歌:「Nothing But You」JUNHO(From 2PM)
●製作:櫻井秀行
●企画プロデュース:高木春香
●プロデューサー:山口敏功 平田樹彦 本田昌広
●ラインプロデューサー:古賀奏一郎
●原作協力:週刊ビッグコミックスピリッツ編集部
●製作・配給:NBCユニバーサル・エンターテイメント
●制作:ダブル・フィールド
●配給協力:アーク・フィルムズ

<公開情報>
2019年5月3日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋、名古屋センチュリーシネマにて劇場公開!
東京:シネマート新宿 TEL:03-5369-2831
   http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/
大阪:シネマート心斎橋 TEL:06-6282-0815
   http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/index.html
愛知:センチュリーシネマ TEL:052-264-8580
   http://www.eigaya.com
5月3日(金)、5月10日(金)、5月17日(金)、5月24日(金)の各週、週替わり先着入場者プレゼントあり!(数量限定)
【チケット情報】
先着順・数量限定!ミニスタンド付き(全2種)劇場前売特別鑑賞券 発売中!
¥1,500(税込)※当日一般¥1,800(税込)のところ
※ランダム配布
※本作品の劇場前売特別鑑賞券・購入特典ミニスタンド(全2種)は上記劇場のみで販売・配布となります。
(C)2018 東村アキコ・小学館/NBC Universal Entertainment Japan

人気記事 おすすめ記事