韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2022年7月16日00時44分 土曜日 【オフィシャルレポ】CNBLUE、約4年半ぶりの来日単独イベント開催!ヨンファが涙で「感無量!」

CNBLUEが約4年半ぶりの来日イベント『CNBLUE FANMEETING 2022 “RE:UNION”』を開催。
7月3日、5日、8日の3日間、東京大阪で計6公演を行い、久しぶりにファンを前にプレイし、感無量の涙を見せた。

CNBLUEはジョン・ヨンファ(Vo.Gu.)、カン・ミンヒョク(Dr.)、イ・ジョンシン(Ba.)から成るロックバンド。メンバーの入隊、そしてコロナ禍で長く来日が叶わず、2017年12月の『CNBLUE 2017 ARENA TOUR ~Starting Over~』以来、約4年半ぶりとなる。その初日となる7月3日、東京・LINE CUBE SHIBUYA夜公演の模様を中心にレポートする。

リズムを刻む手拍子に迎えられると、ファンミーティングはライブパートからスタート。「東京、準備はいいですか?」というヨンファの声で日本での最新曲「ZOOM」が始まると、フロントにいるヨンファもジョンシンも会場を見渡して、笑顔を見せる。久々のCNBLUEの姿に会場もイッキにヒートアップして、歓声代わりの手拍子がどんどん大きくなっていく。ヨンファが「踊りたい!」と発して始まった「SHAKE」では、サビの振付を会場のファンと一緒に踊り、アウトロではヨンファとジョンシンがステージ前方で交差して動き回ったかと思えば、最後はドラムのミンヒョクのところに集まってフィニッシュを決めた。

MCの第一声は、ヨンファの「みなさん、ただいま!」という言葉。そして「お待たせしました、CNBLUEが戻ってきました。
皆さんの前でライブができて“感無量”です!昔からこの単語を使ってきましたが、まさにこの瞬間のための言葉。
本当の意味がわかりました。4年半ぶり。この日をどれだけ待っていたか!」と続けると、ジョンシンは「元気でしたか?本当に久しぶり。泣きそうです。4年半ぶりに会えて、幸せです。皆さんに会えて、こうやってステージの上でライブができて感無量です。今日は“これがCNBLUEだ!”というところをお見せするので、楽しんでください」と笑顔を見せる。ミンヒョクは「泣きそうだったけれど、こらえました。皆さんの前で演奏してドラムをたたけるのが、一番幸せなこと。4年半の想いを込めて、皆さんと一緒に…素敵な1日を作りたいです」と満員の会場を見渡して喜びを伝えると、ヨンファの「体力を温存しないで、最後までいいライブを作りましょう!」という言葉に会場から大きな拍手が起こった。

韓国最新曲「Love Cut」に続いたのは、ライブのテッパン曲「Glory Days」。手を左右に大きくふる“ワイパー”のジェスチャーがこの曲のお決まりだ。「またこの曲が歌えて幸せです。前のツアー(「CNBLUE 2017 ARENA TOUR ~Starting Over~」)で“また次のツアーでワイパーしましょう!”と言いましたが、実現までに4年半もかかってしまいました。もしかしたら、そんな瞬間はもう来ないかも……と思った時もありました。皆さんの笑顔を見ながら歌ったら、今まで以上に素敵な曲に感じられます」というヨンファ。初回の昼公演では、この曲で感極まって涙を見せる場面も見られた。

ヨンファがピアノを弾いて始まったのは「Can’t Stop」。そして「Radio」で会場はもう、完全にCNBLUEのライブの“あの感覚”に包まれた。「Between Us」でジョンシンが客席に手拍子をねだると、ステージと会場の一体感はさらに高まる。ヨンファはそんなジョンシンの肩に手をかけて歌い、全身で音楽を浴びていた。この4年半、ファンの前でライブを披露することができず、メンバーもファンも不安な日々が続いていただろう。しかしこうして再び素晴らしい音楽を届けてくれる姿を見ることができて、安心した……というのが正直な気持ちではないだろうか。わずか7曲ではあったが、CNBLUEの音楽を存分に感じられる時間となった。

後半はトークとゲームを展開。トークコーナーでは、除隊後の活動にフォーカス。除隊後にリリースした「Then, Now and Forever」(韓国:2020年11月)、「ZOOM」(日本:2021年6月)、「Love Cut」(韓国:2021年10月)の3曲のハイライトを聴いてからのトークでは、日本曲「ZOOM」でラップに挑戦したジョンシンが、「リリースしてから初めて人前でラップした!」というと、ミンヒョクが「上手いから自信をもって!」と盛り上げた。

それぞれが俳優としても活躍している3人のドラマ作品にもフォーカス。ヨンファの『テバク不動産』、ミンヒョクの『Oh!ご主人様』、ジョンシンの『流れ星』の映像を見ながらのエピソードトークでは、『Oh!ご主人様』で化粧品会社の御曹司を演じたミンヒョクが、「まだ放送されていない次作のドラマでも化粧品会社の社長を演じる」という話に。なぜいつも化粧品会社なのかという疑問に、「肌がキレイだから!」と言って笑いを誘った。

トークはもちろん、全編日本語で。中でもヨンファが「レべチ」や「温存」など難しい日本語を繰り出しファンやメンバーに感心されていたが、「常に携帯にイマドキの単語をメモっています」とその理由を明かすと、ミンヒョクは「僕も覚えるんですけれど、ステージに上がった瞬間に忘れちゃうんですよ。今日も、“緊張を解く”を使おうと思って用意しておいたのに、忘れました」と告白して会場を笑わせた。

最後は、「4年半ぶり。この瞬間を待っていました。今日、こんなに大きなステージで皆さんに会えて、本当に幸せでした。これからも一生懸命、皆さんに会いに来ます。頑張ります!」とジョンシンが挨拶。ヨンファは、「本当に素敵な1日でした。皆さんと一緒にライブができて、楽しい時間を作って、美味しい日本の食べ物……、コシがあるそばも食べて(笑)。僕たちには本当に、この瞬間瞬間が大事。これからもずっと…、東京ドームまで一緒に行きましょう!」と告げると、ミンヒョクが「素敵な時間を作ってくれてありがとうございました。早く皆さんに会うために、カッコいい曲を準備中です。すでにMVもジャケット写真も撮影したので、楽しみにしていてください!」という重大発表が!そしてヨンファの「秘密ですけれど、次の曲はロックです!」という言葉に、会場からは大拍手が沸き起こった。

ヨンファが、「マスクなしでライブができる日まで、気を付けて過ごしてください。今日も応援してくれて、ありがとうございました。皆さんがいるから僕たちがいます」と言うと、『CNBLUE 2017 ARENA LIVE TOUR ~Starting Over~』ツアーファイナルのラスト曲「BOOK」のMCで発した「みなさんと僕たちの“本”には最後のページはありません。ずっとずっと一緒に作りたい。今日また一緒にページを作ってくれてありがとうございます」という言葉にシンクロするように、「皆さんと一緒に作った本をずっとずっと作り続けたいです。次のページも一緒に!」と言い放ち、再び「Glory Days」で会場と一緒にワイパーを楽しむと、「幸せでした。ライブで会いましょう!ずっとずっと来ます!」と投げキスをしてステージを降りて行った。

この後は、ヨンファがコロナ禍で延期になっていた『JUNG YONG HWA JAPAN CONCERT 2020 “WELCOME TO THE Y’S CITY”』の振替公演を9月に開催。CNBLUEとしては、12月にFNC所属アーティストが一堂に集う『2022 FNC KINGDOM – STAR STATION -』への出演が予定されている。ミンヒョクが言及したロックな新曲は、鋭意制作中とのこと。続報を楽しみに待ちたい。

取材・文/坂本ゆかり


【ライブ情報】
「JUNG YONG HWA JAPAN CONCERT 2020 “WELCOME TO THE Y’S CITY”」振替公演
<愛知>
名古屋国際会議場センチュリーホール
2022年9月13日(火)
昼公演 13:30開場 14:30開演/夜公演 18:00開場 19:00開演

<神奈川>
パシフィコ横浜国立大ホール
2022年9月22日(木)
昼公演 14:00開場 15:00開演/夜公演 18:00開場 19:00開演

<大阪>
オリックス劇場
2022年10月10日(月・祝)
昼公演 13:30開場 14:30開演/夜公演 18:00開場 19:00開演

※詳細は、公式ホームページよりご覧ください。

「2022 FNC KINGDOM – STAR STATION -」
<千葉>
幕張メッセ 国際展示場 9-10ホール
《Day1》
2022年12月17日(土)
15:00 開場 16:00開演(公演時間 16:00~20:30予定)
《Day2》
2022年12月18日(日)
15:00 開場 16:00開演(公演時間 16:00~20:30予定)

参加アーティスト:FTISLAND, CNBLUE, JUNG HAEIN, N.Flying, SF9, Cherry Bullet, P1Harmony, RIKIL
※詳細は、「2022 FNC KINGDOM – STAR STATION -」公式ホームページよりご覧ください。

□CNBLUE JAPAN Official HP:https://www.cnblue-official.jp/
□CNBLUE ワーナーミュージック・ジャパン アーティストページ:https://wmg.jp/cnblue/
□「2022 FNC KINGDOM – STAR STATION -」Official HP:https://www.fnckingdom.jp/

人気記事 おすすめ記事