韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年11月1日15時31分 金曜日 【レポ】ヒョリン、Tim(ティム)、公園少女(GWSN)、イ・イェジュン、ジュ・デゴン出演!『Drama Original Sounds Korea 2019』~韓国ドラマの世界を彩る歌に酔いしれた2時間(2/3)

【レポ】『Drama Original Sounds Korea 2019』 at 新宿文化センター 大ホール(2/3)

華やかに登場したのは公園少女。
まずは『RED-SUN (021)』を歌うと、「Waiting for you!こんにちは公園少女です」と挨拶。
日本人メンバーのミヤが「今日はこのように大きなステージに私たちを招待してくださってありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えると、ソソ、“おひさま”ソギョン、“チャーミングエンジェル”エン、“末っ子”レナ、“ビタミン”ミンジュ、“妖精リーダー”ソリョン、“ガールクラッシュ”ミヤの順に自己紹介。ソリョンは「みなさん、お会いできて本当に幸せです」とうれしそうに話した。
そして、初めて参加したOSTだというドラマ『とにかくアツく掃除しろ!(原題)』より『Oh Lady Go Lady』、ドラマ 『世界で一番可愛い私の娘(原題)』より『I’m In Love』を披露し、「OSTを披露できる行事に参加できて本当にうれしいです」(レナ)、「これからも感情を込めたOSTに参加したいです」(ミンジュ)とOSTに対する熱い思いを語った。
最後にデビュー曲『Puzzle Moon』を歌うと、古家とのインタビューでは、ラブソングが多いOSTでは、公園少女の新しい魅力を見せることができると話し、カムバックについても「もう少し待っていてください」と期待を持たせた。
最後にソリョンが「私たち公園少女はこれからも一生懸命歌いますので、たくさん応援してください。私たち公園少女、たくさん呼んでください」とアピールし、ステージを後にした。

続いてはTimが登場。
ベテランらしい味のある歌声で『ありがとね』、ドラマ『最高の離婚』より『かくれんぼ』を歌うと、「みなさんこんばんは。初めまして、私は韓国の歌手Timです。私は日本語はわかりません」と日本語で挨拶。
そして、日本でも大ヒットとなったドラマ『シークレット・ガーデン』より『男らしくない言葉』を歌うと、古家が登場。
15年来の付き合いである2人は10年ぶりの再会ということで、懐かしい話にも花が咲いた。
10年前ファンミーティングをやったというこのステージに戻って来たことに縁を感じている様子のTimは、「本当にこのステージは、私にとって大きな意味があると思っています。客席にも私のファンの方がいらっしゃっていますが、『いつ日本に来るの?いつ日本に来るの?』といつも言われて、やっとお会いする機会ができました。本当に本当に愛してる。とても幸せで、さらに古家さんにまたお会いできたのも、とても幸せです。2人とも年取りました(笑)」と前のめりに語った。
OSTはどういう存在かを聞かれると、「本当に素敵なミュージックビデオだと思っています」と話し、デビュー曲の『愛しています』を一節アカペラで披露してくれる場面も。
そして、最後はその『愛しています』を歌い、「みなさん愛してる」と言ってハートポーズも披露した。

(つづく)→次頁
前頁

人気記事 おすすめ記事