韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2012年11月26日20時33分 月曜日 【レポ】ジュンス率いる『FC MEN JAPANドリームマッチ~in YOKOHAMA』(4/4)《試合終了後(表彰式など)編》

【レポ】『FC MEN JAPANドリームマッチ~in YOKOHAMA』 at 日産スタジアム(4/4)《試合終了後(表彰式など)編》

試合終了後、勝者FC MENキャプテン、ジュンスへトロフィー授与。
MVPはもちろんジュンス!
敢闘賞は、日本チームで得点した岡部秀範。
同じく敢闘賞はFC MENからイ・ワンとソ・ジソク。

日本チームの試合中、ジュンスに何度も抱きついていたキャプテンLove Me Do(ロングヘアの彼は普段、おかまキャラで活動している占い師、風水師)とジュンス、抱き合いユニフォーム交換。選手たちは、観客の大きな声援に応えながら挨拶。ジュンスやヒョンジュン、カラムたちは、サインボールや自分のグローブをスタンドに投げ入れ、ファンサービスをしながら、丁寧にグランドを回り挨拶し、ピッチを後にする。

サインしたサッカーボールで遊ぶキム・ヒョンジュン

日本チームはFC MENのDFの守りが堅く、GKの好セーブもあり追加点が取れず残念でしたが、日本人サポーターが何万人もいる中でのアウェイ感(笑)を楽しみながらも真剣勝負のプレイを見せてくれたからこそ、FC MENの素晴らしいサッカーを堪能する事が出来たのでしょう。大きな拍手を送りたいと思います。

一方のFC MENはリハーサル及びコンサートに出演した選手もいる中で、最後まで切れないスタミナとフィジカルの強さを発揮、チームワークで勝ちを手にしました!

ジュンスが試合後GKビョンハンへ宛てたTwitterで、
『僕がある本で見たよ..どんなスポーツでもMVPはほとんどFWが獲るじゃない。
FWは人気を得るが..DFは勝利を得る。この言葉が今日の試合で特により一層意味深く近づいた日だったよ..
そして、僕たちチームが負けない理由は、FWより守備ラインが良いチームだからだ。
今日のMVPは守備陣だ』
と呟きました。チームのキャプテンとしてメンバーを思う気持ちがあふれたジュンスの言葉だと思います。

ライブで見せる姿とはまた違った、スピード感ある彼らの表情と動きに多くのファンが魅せられた今回のドリームマッチ。
このまさに夢のようなひと時に…またいつか出逢えますように!!

試合後のジュンスTwitterのコメント。
(意訳)「今日来て下さった日本のファンの方々。みなさんに感謝いたします^^公演もしてサッカーもして..今日は本当に深く眠ることができるでしょうね~みんなおやすみ^^」

後談ですが、MCの金景太氏が言っていました。「ジュンスさんは、さすがでしたね。リハーサルの時からプロとしての姿勢が全然違いました」と…。
《取材/J&M》

(完)←前頁《サッカー(後半)編》
フォトギャラリー→こちら

人気記事 おすすめ記事