韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2022年1月18日01時34分 火曜日 チョ・ウジン×チ・チャンウク『ハード・ヒット 発信制限』予告&場面写真解禁!大都会・釜山を舞台にドローンで撮影した大迫力のカーチェイス!見えない爆弾犯から逃げ切ることができるのか―

韓国初登場NO.1ヒットとなったノンストップ・アクション・スリラー『ハード・ヒット 発信制限』が2月25日(金)公開となります。
このたび本作の予告&場面写真が解禁となりました。

本作は、銀行支店長ソンギュが子供たちを登校させていた出勤途中の朝、“車から降りた瞬間、爆弾が爆発する”という謎の発信番号表示制限の電話を受け、危機に陥るという、絶体絶命、制御不能、孤立無援、予測不能のノンストップ・アクション・スリラー。果たして犯人の目的は一体?なぜソンギュは狙われたのか?走り出したら止まれない、韓国初登場NO.1ヒット作が早くも日本上陸!

主演を務めるのは、『インサイダーズ/内部者たち』や『国家が破産する日』、『SEOBOK/ソボク』の敵役としても鮮烈なインパクトを残した実力派俳優チョ・ウジン。本作がデビュー後、初の単独主演となる。そして『サバハ』(日本ではNETFLIXで配信)で見事な一人二役を演じ、一躍若手トップ女優の仲間入りを果たしたイ・ジェインが主人公の娘役を、更に日本で絶大な人気を誇る若手俳優チ・チャンウクが自身初の悪役として物語を翻弄する犯人役を演じる。監督はキム・チャンジュがメガホンを取った。

このたびダイナミックで迫力ある壮絶なカーチェイス、そして爆発までのタイムリミットが迫る緊張感が全編にみなぎる予告映像が解禁となった。毎朝車で子どもを送り届けるソンギュにいつもの日常を一変させる運命の電話が鳴るー。「シートの下に爆弾を仕掛けた」、にわかに信じがたいその電話を冗談だと思ったソンギュだが、見えない犯人から「助けを呼んでも車を降りても爆発するぞ」と脅される。そして目の前で同僚の車が爆発!制御不能な悪夢が現実だと悟ったソンギュは、孤立無援、絶体絶命の中で車を走らせる!泣き叫ぶ子どもたち、警察との攻防、そして遂に現れる爆弾犯―。果たしてソンギュの運命と、爆弾犯の目的は―!?
この大迫力のカーチェイスシーンは釜山にあるジャンサン駅周辺やヘウンデビーチ前、クナムロ(亀南路)で撮影。大都会での撮影にも関わらず、ドローンなどのカメラを有効活用したカーチェイスシーンは、ダイナミックでスリリングな映像となっている。併せて、緊張感をみなぎる主人公ソンギュ演じるチョ・ウジンや、不敵な爆弾犯演じるチ・チャンウクの姿を捉えた場面写真も解禁となった。

『ハード・ヒット 発信制限』
<ストーリー>
銀行支店長として働くソンギュは、毎朝車で子どもたちを学校へ送り届けそのまま職場へと向かう。それはいつもと変わらない、当たり前の日常のはずだった。しかし一本の電話が彼の運命を一変させる。運転中にかかってきたそれは「発信番号表示制限電話(非通知電話)」。声の主がソンギュに告げる「車から降りれば、仕掛けた爆弾が爆発するだろう」と。タチの悪いイタズラだと電話を切ろうとするソンギュ、しかし目の前で同僚の車が大爆発を起こす。警察に助けを求めることも、そして車を降りることも許されない絶体絶命の状況の中、ソンギュの日常は制御不能の悪夢へと塗り替えられてゆくのだが・・・。

監督:キム・チャンジュ
出演:チョ・ウジン、イ・ジェイン、チ・チャンウク
2021年/韓国/韓国語/94分/シネマスコープ/5.1ch/字幕翻訳:福留友子/原題:발신제한(英題:HARD HIT)/配給:クロックワークス/G
配給:クロックワークス
(C)2021 CJ ENM, TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:https://klockworx-asia.com/hardhit/
2月25日(金)シネマート新宿ほか 全国ロードショー

人気記事 おすすめ記事