韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年9月1日01時25分 日曜日 【写真】有村架純、坂口健太郎、知英、岡山天音、月川翔監督登壇!!「連続ドラマW そして、生きる」完成披露試写会 舞台挨拶@ユナイテッドシネマ豊洲 フォトギャラリー

WOWOWプライムにて日曜よる10時より放送中の「連続ドラマW そして、生きる」完成披露試写会が7月18日(木)にユナイテッドシネマ豊洲にて開催され、第1話の上映前に、有村架純、坂口健太郎、知英、岡山天音、月川翔監督が登壇しての舞台挨拶も行われた。

この模様をフォトギャラリーでお届けします!

【写真】「連続ドラマW そして、生きる」完成披露試写会 舞台挨拶@ユナイテッドシネマ豊洲 フォトギャラリー


*小さい写真はクリックすると大きくなります

「連続ドラマW そして、生きる」
<ストーリー>
3歳のときに交通事故で両親を亡くした生田瞳子(有村架純)は、盛岡で理髪店を営む伯父に引き取られる。天真爛漫に育った瞳子は、時に地元のアイドルとして活躍することもあり、いつしか女優を志すようになっていた。そして19歳になった瞳子は、東京で開催されるオーディションに挑もうとするが、その前日の2011年3月11日、東日本大震災が起きる。その年の秋―、瞳子はカフェで一緒に働いている韓国人のハン(知英)とともに、気仙沼のボランティア活動に参加する。瞳子はそこで、学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清水清隆(坂口健太郎)と出会う。穏やかで整然と現場を取り仕切る清隆だったが、瞳子はなぜか彼のほほえみに違和感を覚える。清隆自身もまた過酷な運命を背負っていることを、瞳子は知る由もなかった。そして気仙沼で一緒の時間を過ごした瞳子と清隆は、いつしか互いに特別な感情を抱いていく―。

脚本:岡田惠和(連続テレビ小説「ひよっこ」「最後から二番目の恋」)
監督:月川翔(『君は月夜に光り輝く』『君の膵臓をたべたい』)
音楽:村松崇継(『思い出のマーニー』「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」シリーズ)
出演:有村架純 坂口健太郎 知英 岡山天音 萩原聖人 光石研 南果歩 ほか
特設サイト:https://www.wowow.co.jp/dramaw/ikiru/
WOWOWプライムにて毎週日曜よる10時より絶賛放送中
(C)2019 WOWOW INC.

人気記事 おすすめ記事