韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年5月14日21時45分 火曜日 韓国で出会った運命の日韓2人組JBJ95(ジェイビージェイクオ)JAPAN OFFICIAL FANCLUBが6月14日にオープン!

JBJ95(ジェイビージェイクオ)のJAPAN OFFICIAL FANCLUBが6月14日(金)にオープンすることが決定しました。

JBJ95のメンバー、ケンタとサンギュンは、2017年に韓国で放送され社会現象を巻き起こしたサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 シーズン2」に出演。惜しくも最終メンバーで結成するグループWanna Oneには選ばれなかったが、ファンからの熱い支持を受けたメンバーが集まり、所属事務所の垣根を越えついにデビューまで果たした‘本当に望ましい組み合わせ’という意味の英語Just Be Joyfulを頭文字をとったグループ名、JBJ(ジェイビージェイ)として2017年10月にデビュー。
2018年4月にJBJとして7か月の期間限定活動を終了したのち、しなやかなダンスとファンへの神対応でも人気の日本人ケンタと、ラップ担当で整った顔立ちと可愛らしい性格が魅力の韓国人サンギュンが再び集まり結成したのがJBJ95。チーム名は、自分たちの原点と初心を忘れないためにという思いから、JBJという名前を残し、ケンタとサンギュンの生まれ年95(韓国語での読み方:クオ)を合わせ決定。
JBJ95は2018年10月にミニアルバム『HOME』で新たなスタートを切ると、JBJとしての活動終了後も変わらず愛を送ってくれるファンのHOMEになりたいという思いを込めた歌詞と、切なさの残るメロディでデビュー曲から人気に。2019年3月には、爽やかなトロピカルハウスのポップなタイトル曲から、ソロ曲まで様々な楽曲を収録したセカンドミニアルバム『AWAKE』を発売。日本のiTunes K-POPアルバム部門とPOPアルバム部門で1位、総合15位を記録し、韓国はもちろん日本でも注目度が上がっていることを示した。
日本人のボーカルと韓国人のラッパーという、大変珍しいチーム編成から放たれる高いステージパフォーマンスと、異なる国で育ちながらも、まるで子供のころからの親友のような仲の良さでファンの心をつかんで離さないJBJ95のファンクラブ名のJJAKKUNG(チャックン)には、韓国語で双子のように親しい仲、仲間、パートナーと言う意味があり、日本のファンの皆さんと一緒に歩いていく、友達のような存在になりたいという2人の思いが込められている。JAPAN OFFICIAL FANCLUBでは会員限定のコンテンツも充実。さらに9月に東京と大阪でFC会員限定イベントの準備中。ぜひ、JAPAN OFFICIAL FANCLUBに入会し、JBJ95の日本活動を応援してほしい。

■JBJ95 JAPAN OFFICIAL FANCLUB JJAKKUNG(チャックン)詳細
<オフィシャルサイト>
URL:https://jbj95fc.com/ ※2019年6月14日(金)オープン
年会費:5,000円(税別)※お支払いには「コンビニ決済」「クレジットカード決済」が利用できます
サイトメニュー:NEWS/SCHEDULE/BIOGRAPHY/DISCOGRAPHY/VIDEO/SHOP/MAIL MAGAZINE
有料会員メニュー:MEMBER NEWS/GALLERY/MOVIE/MAIL MAGAZINE
入会特典:会員証/会報誌(年1回予定)/ファンクラブ会員限定イベントチケット購入権利/JBJ95関連公演チケット優先発売 ※イベントによりFC優先が実施できない場合もあり/会員限定グッズ販売

<モバイルサイト>
URL:https://jbj95mobilefc.com/ ※2019年6月14日(金)オープン
月会費:400円(税別)※お支払いには、「キャリア決済」「クレジットカード決済」が利用できます
サイトメニュー:NEWS/STAFF BLOG/GALLERY/MOVIE/BIRTHDAY MAIL/デジタル会員証/MAIL MAGAZINE

■JBJ95(ジェイビージェイクオ)プロフィール
ケンタ(写真右)
本名:髙田健太 1995年1月10日生まれ 日本・群馬県出身
日本でK-POPカバーダンスチームで活動後、単身渡韓。語学学校に通いながら現事務所の練習生となり「PRODUCE 101 シーズン2」に唯一の日本人として参加。優しく朗らかな性格と、高いファッションセンスでも人気。
サンギュン(写真左)
本名:キム・サンギュン 1995年5月23日生まれ 韓国・光州広域市出身
2013年に13人組ボーイズグループToppDoggのメンバーA-Tomとしてデビューするが、「PRODUCE 101 シーズン2」参加時にグループを脱退。JBJとして2017年10月に再デビューを果たす。端正な顔立ちと、ラッパーでありながら愛嬌も得意。

人気記事 おすすめ記事