韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年11月28日19時18分 木曜日 【レポ】ジェシカ(Jessica)2年ぶりの日本ファンミーティング『XOXO Jessica Jung Fan Meeting』~ジェシカがいちばん幸せを感じる時とは?“きゅうり”のエピソードも披露!

少女時代出身のジェシカ(Jessica)が、日本では2年ぶりとなるファンミーティング『XOXO Jessica Jung Fan Meeting』を10月2日(水)新宿文化センター 大ホールにて昼夜2回公演で開催した。

この2部公演の模様をお届けします!

【レポ】『XOXO Jessica Jung Fan Meeting』 at 新宿文化センター 大ホール(2部)

オープニングアクトに、公園少女が登場すると、『Pinky Star (RUN)』『RED-SUN (021)』『Puzzle Moon』の3曲を披露。
メンバーのソギョンはジェシカに憧れてこの世界に入ったという“Golden Stars”(ゴールデン・スター:ジェシカのファン)で、アカペラでジェシカの新曲『Call Me Before You Sleep』を披露する場面も。「これからも、ジェシカ先輩のようにカッコよく、素敵な公園少女になりたいです」と言って会場を沸かせた。

いよいよ本格的にイベントがスタートすると、映像の後にジェシカが登場。会場からは悲鳴にも似た情熱的な歓声が上がり、早速『Because it’s spring』を披露するジェシカ。途中「一緒に!」と言って会場にマイクを向ける場面も。
そして会場大興奮の中、少し照れたように「ジェシカです。会いたかったです」と日本語で挨拶すると、「ジェシカファンミーティング『XOXO』にお越しくださったみなさん、ようこそ。(前回の公演から)2年を超えてると思いますが、また日本のみなさんにお会いできて、とってもうれしいです」と久しぶりのファンとの再会を喜んだ。

2曲目の『Dear Diary』を歌うと、「(1部公演より)今の時間のほうが、みなさんとてもエネルギーにあふれている感じがします」とうれしそうな表情を浮かべ、「次の曲は、私にとってとても特別な曲です」と言って披露したのは少女時代の頃の曲『Almost』。その伸びやかな歌声に、会場も聴き惚れていた。

ここでMCも登場すると、改めて「こんにちは、ジェシカです」と挨拶。久しぶりに日本で歌った気持ちを聞かれると、「とってもいいです。昼公演よりも喉がほぐれたので、みなさんに良い歌声をお聞かせできるように努力します」とコメントした。

ここからは、ひとつ目のコーナー“対象者をどんどん減らせ!ジェシカからみなさんに聞きました!”へ。
ジェシカが会場のファンに質問して、その質問に当てはまるファンがどんどん少なくなっていけばジェシカの勝利、というゲームで、ジェシカは自信あり、といった表情。
「今日本当に本当に楽しみにしていた方」「今日電車で来た方」「私は9月に韓国料理を食べた」「私は今日赤い下着を着けている」「今日カップルでここに来た」となかなか上手い質問で、見事徐々に当てはまるファンを減らすことに成功。
勝者となったジェシカには、美味しいディナーがプレゼントされることになり、「みなさんがご馳走して下さってるみたいですね。いただきます(笑)」と茶目っ気たっぷりなコメントをしていた。

再び歌のステージになると、『Beautiful Mind』では、ステージを左右に移動し、ファンも熱狂。「みなさんのために準備した曲」と言って披露した『Starry Night』でも、大きな歓声が上がっていた。

続いてのコーナー“ジェシカをもっと知りたい!今度はみんなから聞きました”では、来場時にファンが記入した質問にジェシカが答えることに。
ジェシカの計らいで、予定された人数よりも多い5名の質問が読まれることになった。

「いちばん幸せを感じる時は?」という質問には、「愛する人たちと一緒にワインを飲む時。お母さんがご飯を作ってくれる時。このようにみなさんと一緒に会うことができる時」と笑顔で回答。
「朝起きて最初にすることは何ですか?」という質問には、「ストレッチをします。首をこうやって回して」と実際にやって見せ、「最近観た映画は何ですか?」と聞かれると、「『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。観ましたか?面白かったですよね?」とファンに声を掛ける場面も。

そして「何と呼ばれるのがいちばんうれしいですか?」という質問では、「韓国の名前がスヨンなので、スヨンと呼んでいただければうれしいです。ジェシカもすごく好きです」と回答した途端に、会場からは「スヨン~!」「ジェシカ~!」と熱い声援が飛んでいた。

最後の質問は「ジェシカさんの嫌いな食べ物は“きゅうり”だということは有名ですが、それにまつわる印象的なエピソードは?」というユニークなもので、ジェシカの回答もユニーク。
「とりあえずアレルギーではないんです。アレルギーよりももっともっとひどい反応をします。私はそこ(1階席の8列目)ぐらいにいる方がきゅうりを食べていても気づきます」と、わかりやすい説明で会場の笑いを誘った。

質問が選ばれたファンはステージに招かれ、その場でジェシカがポスターに日本語でファンの名前とサインを入れ、手渡し&握手というスペシャルなプレゼントも。
近くで見るジェシカの神々しさに、感極まってしまうファンもいて、ジェシカ自身も「こうやって、近くでみなさんに直接お会いできてよかったです」と喜んでいた。

そして世界初披露となる『Call Me Before You Sleep』の日本語バージョンを歌うと、熱狂の中、本編は終了。
まだまだ足りない、といった感じのファンからは、すぐさま熱い「ジェシカ」コールが起こった。

アンコールに応えてジェシカが登場したのは何と客席!『FLY』を歌い、ファンが掲げた“WE♥JESSICA 보고싶었어요(会いたかったです)”と書かれたスローガンを見つけると、手に取り、ファンと近くで挨拶を交わしながらステージへ。
最後は「愛してるよ~。本当にみなさん会いたかったです。また必ず会いましょう」と優しく言葉を掛けてステージを後にしたが、記念撮影のため、再びステージに戻って来てくれたジェシカに、ファンは大喜びだった。

フォトギャラリー&セットリスト→こちら

人気記事 おすすめ記事