韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2022年9月27日18時52分 火曜日 【レポ】公式アンバサダーJO1が宇宙服で登壇!『スペースデリバリープロジェクト-RETURN to EARTH-』第二弾キックオフセレモニー~鶴房は“宇宙人”説に金城は「ホンマにそうなんちゃうかな?」

JO1が公式アンバサダーとして起用されたことでも話題の『スペースデリバリープロジェクト-RETURN to EARTH-』。今回が第二弾となるこのプロジェクトは、記念品や研究対象品などを宇宙空間に曝露し地球に戻すもので、JO1もアルバムのジャケット写真やJO1とJAM(ジャム:JO1のファン)のロゴを印刷した金属板のプレートで参加することになっている。ロケットに積み込まれたプレートは、国際宇宙ステーション(ISS)へ打ち上げられ、宇宙空間に約6か月間触れさせた後、地球に帰還する。

この『スペースデリバリープロジェクト-RETURN to EARTH-』第二弾のキックオフセレモニーが6月22日(水)東京・日本科学未来館にて行われ、Space BD株式会社 代表取締役社長の永崎将利氏、JAXA有人宇宙技術部門きぼう利用センター 技術領域主幹の土井忍氏、そして公式アンバサダーのJO1が登壇した。

このセレモニーの模様をお届けします!

【レポ】『スペースデリバリープロジェクト-RETURN to EARTH-』第二弾キックオフセレモニー at 日本科学未来館

1部では、このプロジェクトを主導するSpace BD株式会社の永崎氏から挨拶があると、今回のJO1とのコラボレーションについて「たいへんうれしいコラボレーション」と話し、「強力なパートナーを得ることで、今までにないより多くの方々、今まで宇宙となじみのなかった方々にもJO1とのパートナーシップで、たくさんの宇宙を使うことの感動、ワクワクドキドキをたくさん広めていきたい」と語った。
続いて、実際の打ち上げ作業を担当する土井氏は「みなさまのミッションの成功を確実に実施します」と決意表明。
そして今回のプロジェクトに参加した企業・機関、協力企業への記念品・感謝状贈呈が行われ、1部は終了となった。

2部ではいよいよJO1が登壇。オレンジと青、2種類の宇宙服に身を包み、精悍な顔つきで登場した11人が「みなさん、こんにちは。Go to the TOP!JO1です!」と挨拶すると、トークセッションへ。

まずは、宇宙服の話題から。「本物ですよね?」とMCに聞かれると、「本物なんですかね…?」と自信なさげな大平だったが、MCから本物だと明かされると、「本当にありがたいことに、今回貴重なものを衣装として着させていただいて、胸にはJAXAのマークだったり、肩には日本のマークがあったりして、本当に緊張している」と話した。

また、宇宙服は“子供たちの憧れの服”ということで、小さい頃の夢を聞かれると、小学1年生の頃から12年間野球をやっていたという川西は、「プロ野球選手」と回答。「じゃあ、あんまり今日の衣装はテンション上がらないですか?」という意地悪な質問には、慌てて「いやいやいや(笑)、本当にピッとして、すごい…」と答え、似合っているとほめられると、「ありがとうございます」と顔をほころばせた。
いちばん最初の将来の夢が“宇宙飛行士”で、卒園式でもそう言っていたという木全は、「今日、急にこんないいものを着させてもらって、プルプルしてます。(アイドルに)なって良かったです」と興奮気味に喜びを表現していた。

ファーストアルバムのコンセプトも“宇宙”で、何かと宇宙とは縁のあるJO1だが、鶴房はJAMから“宇宙人”というイメージを持たれているという話題に。日頃から自分でも宇宙人だと言っている鶴房だが、その理由を「わからないです」と言いながらも「言動、行動」ではないかと分析すると、メンバーも爆笑。メンバーからは、『PRODUCE 101 JAPAN』のオーディションの際に、宇宙人の着ぐるみを着ていたことも影響しているのではないかという意見も挙がっていた。
この話題をフラれた金城は、「メディアに出させていただいた時に、彼自身が『俺は宇宙人だ』と自ら言う機会が多くて、最初はメンバーも『うそやろ』『そういうノリやん』みたいな感じだったんですけど、毎回言うもんやから、ホンマにそうなんちゃうかな?と(笑)。違う?」と鶴房に確認していた。

以前に「JAMは宇宙だ」と発言したことがあるという川尻は、その理由を「ライブの時に僕たちから見える景色と人類が夢を見てる宇宙のイメージ、僕たちにとってJAMのみなさんは夢の象徴でもあるので、そういったイメージが重なって、“宇宙”っていう表現をしました」と回答。
そんなJAMからは、誕生日プレゼントとして豆原に“双子座の惑星11個”が贈られたことがあるそうで、「宇宙規模ってなかなかないので、星もそうですけど、メンバーによっては月の土地を持ってたりとか」と話すと、「もらいました」と佐藤。「なので、宇宙飛行士の方は、歩く時に僕に言っていただく必要が」と言って、笑いを誘っていた。

JAMとの絆を意識した今回のプロジェクトでは、5月25日にリリースされたセカンドアルバム『KIZUNA』の発売を記念して、アルバムのジャケット、JO1のロゴ、JAMのロゴが印刷されたプレートがISSへ打ち上げられることになっているが、これについて與那城は、本日登場する際に流れていた曲『流星雨』にも触れながら、「(『流星雨』は)君に会いたいという願いを込めた歌なんですけど、僕たちJO1とJAMの絆を思いながら、この宇宙の空間でJAMとJO1ロゴを思いながら、このプロジェクトを全世界の人々に感じてもらえると僕たちもすごく嬉しいと思っております」と気持ちを伝えた。

ここで『スペースデリバリープロジェクト-RETURN to EARTH-』の概要がまとめられた映像が流され、11人も一緒に視聴すると、実際に打ち上げられるというプレートも登場。
実物を手にした河野は、「これが実際に6か月間、宇宙空間に…どうなってしまうのでしょう?すごくワクワクが止まらないです」と感無量の様子。6か月後には、「めちゃめちゃ輝いて」「言葉ではあらわせない輝きを放って」「黒い衣装を着てるんですけど、金色の衣装になって」戻ってくると、メンバーたちからは楽しい予想も飛び出していた。
JAXAによると、ISSは地上からおよそ400kmの上空を秒速およそ7.9kmで飛行し地球をおよそ90分で1周、1日で16周しており、そのISSの船外に6か月間プレートが設置されるとの情報を得た佐藤は、少し上を見上げて何やら計算し、ひらめくと「(6か月後には)11色になってます。僕たちのメンバーカラーになって戻ってくると思います」と断言。さらに佐藤が「JAMのみんなと一緒に見られるタイミングを作れることが、今から楽しみです」と言うと、金城も「大きな会場でJAMのみなさんと一緒に、6か月後のプレートの姿を見たいですね」と話していた。

最後に與那城が「JAMのみんなはもちろんなんですか、宇宙について今まで知らなかった人にも、このSpace BDのスペースデリバリープロジェクトを通して、宇宙の素晴らしさであったり、宇宙に関してちょっとでも興味を持ってくれると、本当に僕たちもうれしく思っていますし、僕たちアンバサダーとして、いろんな人に興味を持ってもらえるように、それをミッションと思って僕たちも今後活動していきますので、僕たちと一緒に楽しんでいただけたらなと思っております」とメッセージを伝え、全員で「ありがとうございました!」と挨拶し、トークセッションは終了となった。

海外のみならず、宇宙にまで進出したJO1。これからも、予想もつかない活動で、JAMを楽しませてくれるに違いない。

フォトギャラリー→こちら

「スペースデリバリープロジェクト-RETURN TO EARTH-」とは?
Space BD社が提供する国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟の中型曝露実験アダプタ(i-SEEP)に搭載する新たな簡易材料曝露実験ブラケット(ExBAS/JAXAと共同開発)を活用したプロジェクト。Space BD社が主導で参加団体を募り、対象品の選定から打上げ、地上回収までのあらゆるサポートを遂行。第一弾(2021年)では、民間企業や研究機関など計10組と協同し、研究用素材、写真、イラストなどの様々な物品を打ち上げました。現在も宇宙空間に曝露されています。
Space BDサイト:https://space-bd.com

    

人気記事 おすすめ記事