韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年5月22日09時54分 土曜日 【レポ】JO1 3RD SINGLE『CHALLENGER』リリース記念オンラインショーケースイベント~3つのチャレンジでメンバーも大盛り上がり!“ブンブンダンス”も披露!(1/2)

4月28日(水)に3rdシングル『CHALLENGER』を発売した“拡散力NO.1グローバルボーイズグループ”JO1(ジェイオーワン)。その発売に先駆け、4月17日(土)に『JO1 3RD SINGLE「CHALLENGER」リリース記念オンラインショーケースイベント』がオンラインで行われた。

このショーケースはタワーレコード限定の応募イベントで、トークはもちろん3rdシングルから新曲3曲を披露、メンバーも大盛り上がりの楽しいゲームも行われた。
このイベントの模様をお届けします!

【レポ】JO1 3RD SINGLE「CHALLENGER」リリース記念オンラインショーケースイベント(1/2)

カジュアルなスタイルの11人が「GO TO THE TOP!JO1です!」と全員で挨拶すると、MCのサッシャから早速新曲に関する質問が。

まずは3rdシングルリリースを控えた今の気分を聞かれると、「“やっと”って感じですよね。僕たちも結構色々準備してきてますし、こうやって3rdシングルが出せるっていうのもすごいありがたいことですね」と與那城。
そしてタイトル曲『Born To Be Wild』のコンセプトを聞かれた河野は、「不安や恐れ、そして期待を抱きながら、新しい世界に一歩踏み出す挑戦がテーマとなった楽曲になっております」と説明してくれた。

MVについては、撮影時のエピソードなども含め、色々なことが語られた。
まず、「今回は本当たくさんのセットを色々組んでいただいて、扉をイメージしたようなところも、僕はすごい好きで、そういうところも注目のポイントかな、と思います」と川西。
川尻は「みんなそれぞれ色んな空間とか物の中に閉じ込められていて、リーダーである奨くんが筆頭に、鍵を自分の手でしっかり握って、11人揃って新しい世界に踏み出して行く、っていうJO1の力強さというか、信念みたいなのを表現したのかなって思っています。ぜひJAM(ジャム:JO1のファン)のみなさんもそれぞれ色々想像しながら、考察しながら楽しんでいただけるとうれしいなと思います」と、自分なりの解釈を伝えてくれた。
また、MVではガラスケースの中に閉じ込められていた鶴房・白岩・佐藤の3人。その居心地を聞かれた鶴房は、「ちなみに住んでますけどね。一応まあ、これまでで2番目くらいです」と独特の回答。さらに川西から「これまでの2番目何?」と聞かれ「家」と答えていた(笑)。
そしてこのガラスケースの中の撮影、予想以上に早く終わってしまったそうで、「『早っ!』ってなって。それがたぶんいちばんハプニングでしたね」と、少し残念そうな白岩だった。
MV後半でこのガラスケースを割るシーンがある金城は、瓦を割ったりバットを折ったりというパワフルなキャラが定着しつつあるが、もともと力があるという訳ではなく、「ただ単に根性がある」だけとのこと。金城がバットを折った時、楽屋裏では他のメンバーもバット折りに挑戦していたが、誰ひとりできなかったそうで、「今年の目標は(メンバー)全員でバットを折る!」という金城の言葉をメンバーたちは即全否定していた(笑)。
また、豆原からはMV撮影の前日、いい映りができるように、食事にも気を使っているというメンバーのもとに、偉い方からのピザの差し入れが届いてしまったという裏話も。せっかくいただいたものだからと、「どうしようかな、って思いつつ、みんな美味しくいただきました」と複雑な心境を話してくれた(笑)。

そして話題は『Born To Be Wild』のダンスへ。
大平によると、3rdシングル『CHALLENGER』の曲は、全体的に1st、2ndシングルのダンスよりも難しくなっているそうで、「難しいところもあるけど、キャッチ―なところもあるっていうのがポイントなのかなって思います」と話してくれた。
そして佐藤はサビのバイクのハンドルを回して吹かす動き、その名も“ブンブンダンス”を河野と木全と共に披露。独特のアレンジを加えて、笑いを誘っていた。

そしてその『Born To Be Wild』のパフォーマンスに続いて、3rdシングル『CHALLENGER』にかけて3つのチャレンジを行うゲーム企画へ。
ひとつ目のチャレンジは韓国ではお馴染みの“ランダムプレイダンス”。
『MONSTAR』からスタートし、何とかこなしているメンバーたちだったが、『La Pa Pa PamLa』では乱れる場面も。
MCから「結構迷ってた」とツッコまれた金城は「そうっすかぁ?(笑)いや、難しかったですね」と笑顔を見せていた。

(つづく)→次頁