韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年5月23日17時08分 日曜日 【レポ】JO1“キットカット”公式アンバサダー就任イベントに登壇!~キットカットの魅力を伝えるために「まずは僕が今まで以上にたくさんキットカットを食べたいと思います!」(1/2)

この度、JO1が“キットカット”公式アンバサダーに就任し、その就任イベントが5月12日(水)に開催された。
JO1とキットカットはこれまでに2度コラボキャンペーンを実施、CMにも出演し、CMソングも担当したりと縁が深い。今回はメンバーも大好きなキットカットの公式アンバサダーということで、キットカットの魅力を伝えるべく、食レポにも挑戦した。

このイベントの模様をお届けします!

【レポ】JO1“キットカット”公式アンバサダー就任イベント(1/2)

まずはネスレ日本株式会社の村岡慎太郎氏よりキットカットの歴史や今夏の新商品、JO1と共に行う「あなたは凍らせる派?そのまま派?」キャンペーンについて説明があると、いよいよJO1が登場。
初夏を感じさせる爽やかなスタイルの11人が「GO TO THE TOP!JO1です!」と挨拶すると、自己紹介では、それぞれ“キットカット”公式アンバサダーとしての意気込みも聞かせてくれた。

佐藤景瑚「今回アンバサダーに選んでいただいて、本当にうれしいですし、キットカットは昔から食べていたので、大好きで、うれしいです!」
金城碧海「これからはもっともっと僕たちがキットカットのおいしさや魅力をどんどん伝えていけたらな、と思っています」
鶴房汐恩「キットカットは韓国でお金がない時によく食べていたので…ありがとうございます(笑)」
與那城奨「昔は受験の時によく食べていたので、応援される側から応援する側になれたということで、僕たちも一生懸命がんばりますので、よろしくお願いします」
大平祥生「このようなイベントに僕たちアンバサダーとして立てることを本当にうれしく思っています」
白岩瑠姫「とても光栄なことだと思って、うれしいです。これからもキットカットの魅力をどんどんどんどん伝えていきたいと思うので、今日もよろしくお願いします」
木全翔也「僕は食べるのが大好きなので、キットカットの良さを色んな人にお届けできたらいいなと思っています」
河野純喜「大好きなお菓子なので、この素晴らしさをたくさん広めていけたらいいな、と思います」
川西拓実「大好きなキットカットなので、全力でみなさんに良さを知ってもらえればな、と思います」
川尻蓮「できるだけたくさんの方にキットカットの魅力、良さを伝えていけるように、まずは僕が今まで以上にたくさんキットカットを食べたいと思います!」
豆原一成「JO1といえばキットカット、キットカットといえばJO1と言われるようにがんばっていきますので、よろしくお願いします」

最初に公式アンバサダー就任の話を聞いた時は、「今まで普通に食べていたキットカットの公式アンバサダーとしてJO1が起用されることが、まずびっくり」だったという與那城。「僕たちの中でもすごくうれしいことなので、このうれしさを実感しながら、みなさんにキットカットの素晴らしさを伝えられたらな、と思っています」とリーダーらしく、その思いを伝えた。

昔からキットカットをよく食べていたと言っていたJO1だが、最近は練習や撮影の合間によく食べているとのこと。朝あったキットカットが夕方にはなくなってしまうそうで、與那城からは「足りないのでもうちょっと」というリクエストも(笑)。

そしてここからはキットカットを実食して、メンバーが食レポに挑戦することに。
ここで自信を見せたのは河野。「めちゃめちゃ得意です!」と断言し、メンバーもこれには納得。さらに、與那城からは「(キットカットを)割る派か割らない派」に分かれるという発言も。木全は割る派で、割らない派の河野は「割ってる時間がもったいないですね」と男らしくコメントしていた。

味の種類も豊富なキットカット ミニ。今回はメンバーごとに違う味のキットカット ミニをそのままのものと凍らせたものの2種類を食べ比べて食レポしていく。
まずは定番のキットカット ミニを川西と豆原が食レポ。
川西「昔からずっと食べてたんですけど、懐かしい味という感じもしますし、冷凍して食べたことはなかったんですけど、チョコの部分がより甘く感じたな、と思ったので、僕結構、冷凍するの好きかもしれないです」
豆原「赤のキットカットはお馴染みのキットカットで、僕もよく食べるんですけど、普通に食べると、ミルクチョコとウエハースの感じがものすごい美味しいですし、凍らせるとよりサクサク感が出て、冷たいですし、これからの季節、すごく美味しく食べられるんじゃないかなと思います。ぜひみなさんに凍らせてほしいな、と思います」

(つづく)→次頁