韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年12月11日22時37分 火曜日 【オフィシャルインタビュー】DVDリリース記念!「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」イ・ウォングン オフィシャルインタビュー

韓国では放送開始後、その面白さに視聴率は右肩上がりに上昇、同時間帯視聴率1位を獲得したオフィス・ラブコメディ「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」のDVD-SET1&2が好評リリース中!

DVDリリースを記念して、チェ・ダニエル演じるチウォンの友人で財閥御曹司の理事ファンボ・ユルを演じたイ・ウォングンのオフィシャルインタビューが到着!
演じたユルのキャラクターについてや、チェ・ダニエル、ペク・ジニ、カン・ヘジョンとの共演の感想、撮影エピソードなどを語っています。

「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」イ・ウォングン オフィシャルインタビュー

―「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」への出演を決めた理由は?
実は以前から監督とは知り合いだったのですが、監督から台本を渡されて読んでみたらとても面白かったんです。ボスと秘書の話をテーマにしたドラマは新鮮味がありますよね。だから素材自体にまず興味を持ちました。
僕が演じたユルはエネルギッシュです。僕にとってはある種の挑戦でしたが、明るいキャラが魅力的でやってみたいと思いました。ユルをどう演じるか僕なりに思い描きました。そんな僕の話に監督は耳を傾けてくれ「一緒にやろう」と言ってくれました。それで出演を決めたんです。

―ウォングンさんが演じたファンボ・ユルについて紹介してください。
ファンボ・ユルは典型的な親の七光りタイプです(笑)。
会社は遊び場くらいにしか思っていなくてろくに働かず、何ひとつまともにできないのに財閥の御曹司だから理事になった、世間知らずでわがままな子供のような人物です。
でも物語が進むにつれてジョンエ(カン・ヘジョン)と共に少しずつ成長していきます。
そのあたりがとても気に入りましたね。

―ユルを演じるうえで悩んだ点はありますか?
ユルが元気すぎることに悩みました。普通の人は朝起きた時の気分は毎日違いますよね。
でもユルは毎日エネルギーに満ちあふれ、明るいんです。そのテンションをどう維持するかが一番の悩みでした。
最初の撮影の時は元気を出そうと張り切りすぎて、わざと明るい歌を聴いたり、愉快な本を読んだりしたのですが、それは逆効果でした。テンションの調節がうまくできなくて。結局監督と話して、ユルでなく僕自身がうれしい時にどうするか、僕自身が喜んだ時にどんな状態になるか、を考えるようにしました。その後は順調に演技することができました。

―秘書ジョンエ役のカン・へジョンさんとの共演の感想は?
へジョンさんはしばらく育児休暇を取っていたので、今回は復帰作でした。
だから最初は緊張していたようです。僕たちはお互いに相手が光るように演じようと心がけていました。
もしも僕らがお互いに自分だけ目立とうとしたら、視聴者は僕ら2人を見て釣り合いが取れていないと感じたでしょう。
だから“2人”を大事にしたんです。控え室では2人で読み合わせをしたり、先のシーンについて2人で意見交換をしました。
同じ台本を読んでも人によって解釈は違います。僕たちも解釈が違うことがありました。
でもすべて事前に話し合っていたので現場で困ることはありませんでした。その分演技に集中できてよかったです。
へジョンさんがいつも読み合わせに誘ってくれたおかげで現場では余裕を持って演じられたんですね。

―ユニ役のペク・ジニさんの印象は?
第一印象はすごく細くて小柄なので、正直少し心配しました。
このドラマの主役はジニさんと(チウォン役のチェ・)ダニエルさんです。
ダニエルさんは長身でガッチリしていて体力もある、でもジニさんは細いので体力面が大丈夫かと…。でも意外にも4人の中で一番タフだったんです!
健康食品など何か秘けつがあるのかも…。睡眠時間も短いはずなのに肌の調子もよかったし、体調も4人の中で一番よかった。寝不足だとセリフを覚えられませんが、ジニさんは膨大な量のセリフをサクサク覚えていてうらやましかったです(笑)。

―ユルといえばバイクですが、私生活でもバイクにはよく乗りますか?
僕はまったく乗りません(笑)!怖いです。スクーターもダメ。スピードに弱いんです。
だから車の運転でもあまりスピードは出しません。どんなに急いでいても100キロは超えません。スピードが出せないんです。

―バイクのシーンは大変だったのでは?
撮影前にあらかじめ「バイクには乗れない」と言っておきました。
「練習しなさい」と言われましたけど無理ですよね(笑)。それにユルが乗ってるバイクはそう簡単には乗れない、かなり大きなバイクでした。副社長役のキム・チャンワンさんはバイクが趣味なので大きなバイクにも乗れるんですよ!結局、僕が習おうか習うまいかと色々考えているうちに、監督が誰かから「短期間では無理だ」と聞いてきて、代役を立てることになったんです(笑)。

―食事シーンでジョンエが魚をほぐしてくれましたが、私生活では自分でほぐしますか?
母がやってくれれば楽だなとは思いますが、子供じゃないのでもちろん自分でやります(笑)。
でも母と僕で比べると、母のほぐした魚のほうが断然きれいです。僕のはグチャグチャであちこちに飛び散ってる。母はとても上手ですけど。

―チェ・ダニエルさんと共演した感想は?
チェ・ダニエルさんは周りに対してとても配慮ができる人です。僕も見習いたいです。
ユーモアのセンスもあるので現場の雰囲気がよくなるんです。僕は人見知りですがダニエルさんの冗談のおかげで緊張がほぐれました。感謝しています。
彼のユーモアや現場をまとめる力はぜひ僕も身につけたいです。

―ダニエルさんとの撮影エピソードは?
後半で僕たちはおそろいのオレンジ色のジャージを着ます。
2人で同じ格好をしていたらなぜかマネしたくなって、ダニエルさんと同じ動作をしました。
ビールを飲む時も、彼が飲んでる間は僕も飲んでるふりをしながらタイミングを見て同時に缶を置きました。
ダニエルさんは「妙な関係だと思われる」と言ってましたが僕はとても面白かった(笑)。
一緒に住みながら同じ服を着ているという面白さがよく出ていたシーンだと思いますね。

―「ニンジン兄弟」と呼ばれていましたがもっと続けたかったですか?
あの程度でいいかと。あれ以上だとやりすぎ感があるのでちょうどよかったんです(笑)。

―ユルのファッションについて
衣装についてはユルに合う服を着ていただけです。うまく着こなせればいいと思っていました。
用意してもらった衣装は僕の好みとは違うけど最大限受け入れました(笑)。
とにかく監督もスタイリストの方もできるだけユルに合うよう演出してくれました。
最初は私服ですが徐々にスーツ姿になります。男らしく成長した姿を見せるためにダブルのジャケットを着るようにしました。その他のことで言えばネクタイも締めましたね。
普段の僕は大体ジーンズに半袖Tシャツで、寒かったらシャツを羽織るシンプルなスタイルが好きです。
飾り立てるスタイルはあまり好きじゃありません。ファッションについてこだわりは特になくて、シンプルが一番だと思います。

―ユルを演じるうえで最も難しかったシーンは?
最初の悩みは明るいキャラの演技でした。でも次第にユルは変わっていきます。
その変化をどう見せるかが次の悩みでした。例えばユルの泣き方です。
最初は大人の男性のような泣き方をしましたが監督に「ユルは大人だけど十分な愛を受けずに育った。
そんな彼が格好よく泣けるわけがない。それは恋人と別れた男の涙だ。母親の顔も知らない奴の涙じゃない。
赤ん坊のように泣け」と言われて吹っ切れました。一番気を使って撮った大好きなシーンが、ジョンエを慰めるシーンなのですが、あの時は監督が1つだけ注文を出しました。
「男らしく演じろ。今までの子供っぽい部分はすべて捨てろ」と。僕自身は28歳で子供ではないので、やりたいトーンの演技ができたのが新鮮で楽しかったです。でもその反面視聴者にどう見えるかが心配でした。
子供っぽいユルが急に大人の男になるので、見ている人の反応がとても気になったんです。
でもよく撮れていたので監督もへジョンさんも喜んでくれ、視聴者の反応もよかったです。
放送後に現場に行った時も、スタッフやディレクターが褒めてくれました。
劇中のジョンエには中学生の息子がいます。最初は恋愛要素も入れる予定だったのですが、母性愛の方向に変更したのが大成功でした。

―おすすめのシーンはありますか?
前半に出てきたボス・アワードのシーンです。他の出場者たちは役柄に合わせて礼儀正しく挨拶しました。でもユルがボス・アワードに出たのは優勝を目指したわけじゃなく、優勝すればもちろんうれしいけど、会社の年中行事にただ参加したかったというだけの動機です。
挨拶の時のポーズをどうするか考えていた時、急にハルク・ホーガンが思い浮かびました。
壇上の僕の前にいる大勢の人たちの前で彼のように振る舞いたくなって、ジャンプしたり大声を出したりしました。
やりたいように演技できたので個人的には楽しかったシーンです(笑)。
監督からリハーサルで「もう少し肉付けしたらいいと思うんだけど何かあるか?」と聞かれ、現場でやってみたら気に入ってもらえたんです。

―演技の参考にするものは?
僕自身に経験がないことを演じる時にはとにかく映画を参考にします。
僕は映画が好きでたくさん観ています。有名なものはほとんど観ました。
台本を見た時にどう演じようかと迷うことはよくありますが、そんな時はまず今まで観た映画を思い出します。その中で参考にできる部分を探すんです。
分からないことは映画の中から探して自分のものにします。

―ユルを演じるにあたり参考にした映画は何でしょうか?
今回は見つかりませんでした。ユルの明るさをどう表現するかが一番の悩みでした。
元気があって子供っぽいし、憎らしいようでかわいい、つかみどころがない人物です。
どう演じるべきか監督にも相談しましたが秘策はないと言われました。
とりあえず前半はできるだけ明るく、バカみたいに見える演技をしてほしい、そう何度も言われました(笑)。

―今後挑戦したい役柄は?
僕は笑顔が多いですが、別の顔もあります。見せたことのない顔で恋愛物をぜひやりたいです。

―日本の視聴者にメッセージをお願いします。
こんにちは、イ・ウォングンです。こうして「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」を通してまた皆さんにお会いできることになりました。よくある日常を描いたドラマなので、どなたがご覧になっても楽しめると思います。最近はどこの国も物騒な事件が多いですが、僕が演じたユルの成長とエネルギーで癒やされてください。
ドラマと僕自身への応援をよろしくお願いします。「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」にご期待ください。

「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」
DVD-SET1&2 好評発売中
各15,200円 ※好評レンタル中
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
公式サイト:http://kandera.jp/sp/jugglers/
予告編:https://youtu.be/O_2zjz37C04
U-NEXTにて独占先行配信中!⇒https://bit.ly/2KjsakF
Licensed by KBS Media Ltd. (C)2017 KBS. All rights reserved

ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~ DVD-SET1

ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~ DVD-SET2

人気記事 おすすめ記事