韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年10月5日17時58分 火曜日 【レポ】JO1、OWV、円神『KCON World Premiere: The Triangle』(2部)

9月18日(土)~26日(日)まで開催された世界最大級のオンラインKカルチャーフェスティバル『KCON:TACT HI 5』。
オンラインで5回目の開催となった『KCON:TACT』だが、初の試みとして将来が楽しみなアーティストたちを世界中に発信するオフラインイベント『KCON World Premiere: The Triangle』を9月23日(木・祝)神奈川・パシフィコ横浜にて開催、『PRODUCE 101 JAPAN』出身のJO1、OWV、円神が出演した。
この2部公演の模様が26日(日)にKCONのYouTubeメンバーシップを通じてストリーミング配信された。

【レポ】『KCON World Premiere: The Triangle』(2部)

ソーシャルディスタンスを保ちながらも、3階までファンで埋め尽くされた会場に、最初に登場したのは円神(エンジン)。最新曲の『Peace Summer』など、4曲を披露した。

挨拶では、瀧澤翼が「このステージに立たせていただくことが本当に光栄です」と感謝の気持ちを伝えると、草地稜之がショートコントを披露するなど、楽しい自己紹介も。

“円神クイズ”では2チームに分かれて、メンバーの個人的なクイズをお互いに出題し合い、負けたA.rik、熊澤歩哉、中本大賀、草地のチームは、代表して草地が罰ゲームの“超カッコいいキメゼリフ”を披露した。

最後の挨拶では、草地が「円神のライブでこんなにたくさんの方に見せる機会が今までなかったので、本番前むちゃくちゃ緊張してたんですけど、やってみて、みなさん盛り上がってくれたり、本当にありがとうございます。すごく楽しかったです。これからも僕たちを愛して、もちろん僕たちもみなさんを愛す、そんなグループになっていきたいと思いますので、これからも円神をよろしくお願いします」と気持ちを伝えた。

続いて登場したのはOWV(オウブ)。10月に発売される1st album『CHASER』の中からタイトル曲の『CHASER』など、4曲を披露した。

最初の挨拶では、盛り上がりが足りないということで、会場をあおる本田康祐。オフラインだからこそできるこんなやりとりをメンバーたちも楽しんでいるようだった。

“OWVナンバーワン決定戦!この中でいちばん○○なのは誰!?”というゲームでは、お題にいちばん合うメンバーを指名し、いちばん多くの指名を集めたメンバーにごほうびとして、“カメラを恋人に見立てて恥ずかしいキメゼリフ”ができる権利が与えれた。
いちばんかわいいメンバーとして選ばれた浦野秀太は、“どんなに怒っている恋人でも許してくれるとびっきりのごめんね”というテーマで「ぐみんに」の名ゼリフを生み出していた。

また、世界のLIVE KCON-ersには、「どんなに遠く離れていても、空でつながっているので、また会いましょう」と本田からメッセージが贈られた。

最後の挨拶でも本田は、会場に足を運んでくれたファン、オンラインで観ているファン、どちらのファンの意思も尊重し、「僕たちはみなさん全員の背中を押せるような、そんなパワーを与えられるようなアーティストになって、このライブでそれを届けられたらいいな、と思いながら、今日パフォーマンスに挑まさせていただきました。今日ここで会えたこと、オンラインで観れたこと、今日しかないこの時間を共に僕たちと円神、JO1と共有してくれて本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えた。

ラストはJO1が登場。最新シングル『STRANGER』の中から、『REAL』など4曲を披露した。

100人のKCON-ersのうち、1人だけに当てはまる質問をする“100分の1アンケート”では、白岩瑠姫が「今日誕生日の人」という質問で結果は2名。與那城奨は「昨日夜ごはんがゴーヤチャンプルーだった人」という質問をして、集計不能なほどの大人数という結果を叩き出し、罰ゲームへ。“ゴーヤチャンプルーで甘い言葉”というメンバーからの注文に応えた。

LIVE KCON-ersとの1:1 VIDEO CALLでは河野純喜が誕生日のファンに歌をプレゼント。

最後の挨拶では、「僕たちも久しぶりにたくさんのJAM(ジャム:JO1のファン)のみなさん、KCON-ersのみなさん、たくさんの方の前でパフォーマンスさせていただいて、本当に幸せな時間をいただきました」と河野。
豆原一成は、体調不良で欠席となった金城碧海にも触れ、「始まる前、涙が出そうで、みなさんの前に立つことができることが本当にうれしくて、今日10人ではあるんですけど、気持ちは11人でステージやったので、本当にすごく楽しかったです」とコメントした。

そして最後は、金城のキメポーズ「see you!」を全員でして、ステージを後にした。

KCON Official(www.youtube.com/kcon)とMnet K-POP(www.youtube.com/mnet)のYouTubeチャンネルでは、イベントの本公演はもちろん、アーティストリハーサルなど現場のバックステージを記録したビハインド映像とVOD配信サービスに出会えます。10月にはMnetで「KCON:TACT HI 5」のハイライト映像を放送予定です。お楽しみに。

【Mnet チャンネル情報】 https://mnetjp.com/
韓国100%エンターテインメントのCS放送局です。
最新K-POPや韓国ドラマだけでなく、バラエティや旅番組など、様々なジャンルの人気コンテンツをお届けしています。
スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能。

【Mnet Smart】 https://smart.mnetjp.com/
日本初の韓国エンタメ専門動画配信サービス。
Mnet KoreaとMnet Japanのリアルタイム視聴ができるほか、番組アーカイブも大充実。あらゆるインターネットデバイスで、好きな時に好きな場所から好きなだけオンライン視聴できます。

人気記事 おすすめ記事