韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年10月5日17時49分 火曜日 【レポ】ATEEZ、Ciipher、MAMAMOO、WOODZ『KCON:TACT HI 5』(9月24日)

『KCON:TACT HI 5』7日目の9月24日(金)は、ATEEZ、Ciipher、MAMAMOO、WOODZの4組が登場した。

【レポ】『KCON:TACT HI 5』(9月24日)

オープニングステージはATEEZの『Eternal Sunshine』。

そして、トップバッターはMAMAMOO。
ソウル・光化門のステージなどで4曲を披露した。
MAMAMOOが願いを叶えてくれるオンラインハイタッチ会では、スクリーンに映ったLIVE KCON-ersのウィッシュリストを読み上げながら、歌ったり、質問に答えたり、4人の楽しいトークが繰り広げられた。
EYE CONTACTにはソラが挑戦。
LET’S HI 5では、LET’S ZOOMでメンバーそれぞれがユニークな魅力ポイントをアピールした。

孤独の待機室では6年の仲だというWOODZとATEEZのホンジュンが登場し、“素敵なパフォーマンスのために、体をほぐす”というミッションに挑戦した。手絞りのオレンジジュースを作ったり、お互いの第一印象を書いた詩を披露。クリエイターでもある2人だけに、その場で書いたとは思えないクリエイティブな仕上がりになっていた。
より多くの音を出してしまったホンジュンが負けとなったが、最後は2人仲良くメガネストローでオレンジジュースを飲んでいた。

K-POP COVERのスペシャルステージでは、WOODZがテヤン(BIGBANG)の『눈, 코, 입(EYES, NOSE, LIPS)』を披露した。

7日目最初のMEET & GREETにはATEEZが登場。
“一発芸○×クイズ”では、メンバーが一発芸を成功させることができるかを○×クイズにして、実際に一発芸を披露。ユノが5秒以内に耳を赤くしたり、ジョンホが30秒以内にリンゴを10個潰すチャレンジをしたり、本気の一発芸を見せてくれた。中でも“ホンジュンはメンバーからのキスに耐えられるか”というお題では、スキンシップが苦手というホンジュンにメンバーがひとりずつ、軽いものからレベルを上げながらキスをするという、ファン必見のゲームとなった。
ATEEZの曲名『불놀이야 (I’m The One)(Fireworks)』にちなんだ、韓国の伝統的な遊びを99秒以内にリレー形式で成功させる“Korean Folk Game(민족놀이야)”では、MCのギグァンも一緒に『불놀이야 (I’m The One)』のダンスをする場面も。チェギチャギやユンノリなどを見事99秒以内に成功させた。

FAN REQUESTでは、ATEEZのウヨンがソロでスペシャルステージを披露。Christopherの『BAD』で、色気たっぷりなダンスパフォーマンスを見せてくれた。

続いて登場したCiipherは2曲を披露。
トークでは、スウィートな魅力を持つ甘チーム、ホットな魅力を持つ辛チームに分かれ、甘チームはIUの『금요일에 만나요(Friday)』をアカペラで、辛チームはSHINeeの『Don’t Call Me』のダンスで魅力を発散した。

MEET & GREETには、ゲストハウスの雰囲気にぴったりなカジュアルなスタイルのMAMAMOOが登場。ファサの趣味が茶道ということで、ギグァンもお茶を準備して出迎えた。
9月に7年の軌跡を詰め込んだベストアルバムを発売したばかりのMAMAMOO。MAMAMOOの名曲を聞かれると、全員一致で『Mr.애매모호(Mr. Ambiguous)』を挙げ、少しだけ歌ってくれる場面も。
お茶のソーサーの裏側に書かれたキーワードで、メンバーそれぞれの決定的瞬間を発表していくコーナーでは、ソラがコンサート中に服を破る刺激的な映像なども紹介された。

WOODZはリオのステージなどで3曲を披露。
1:1 VIDEO CALLでは、男友達としてファンの悩みを聞いてあげていた。

MISSION HI-FIVEでは、ATEEZが自家製MV作りに挑戦。メンバー手作りの『불놀이야 (I’m The One)(Fireworks)』MVが完成した。

ウムアクシル(音楽室)にはMAMAMOOが登場。『우린 결국 다시 만날 운명이었지 Part.2 (Destiny Part.2)』を披露した。

7日目最後のMEET & GREETにはWOODZが登場。
5秒以内に質問の答えを3つ出さなくてはいけない“5秒トーク”では、「子守唄を歌ってあげたい人」という質問に「MOODZ(ムズ:WOODZのファン)、お母さん、ギグァンさん」と答えてしまったため、『주마등(memories)』を少し歌ってくれる場面も。
10月5日にカムバックするアルバムのネタバレもしつつ、最後は“120秒リレーゲーム”に挑戦。5つのゲームをスマートにこなし、ごほうびの5種類の味のトッポッキを食べて、5つの国の言葉で味を表現していた。

7日目ラストはATEEZのステージ。ニューヨークの舞台などで、メドレーを含む4曲を披露した。
LET’S HI-FIVEでは、チームワークを自慢するため、2チームに分かれてゲームに挑戦。目隠しをして、ポーズをとっているメンバーを触って、伝言ゲームのように伝えていくという斬新なゲームを、メンバーたちも楽しんでいた。
EYE CONTACTには、ソンファとユンホが挑戦。
“Image Dance Battle”では、“カッコ良くステージをしていたのに、ズボンが破れてしまった時”などのお題に合わせて踊り、MVPを獲得したジョンホは、1:1 VIDEO CALLでファンとアイドルの立場が逆転する“逆ファンサイン会”に参加し、ファンから心のこもったサインをもらった。

(つづく)→9月25日
9月19日