韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年3月16日10時55分 土曜日 【レポ】キム・ヒョンジュン(リダ)、4年ぶりに出演したドラマ『時間が止まるその時』ファンミーティングで台詞リーディングに挑戦!~「自分は本当に祝福された人間」「毎日毎日愛してます」(2/2)

【レポ】キム・ヒョンジュン(リダ)『ドラマ「時間が止まるその時」ファンミーティング』 at パシフィコ横浜 国立大ホール(2/2)

再びヒョンジュンが登場すると、先ほど歌った『WHY』について、「今日初めてお聴きになった方も結構いらっしゃるんじゃないかと思います。よかったですか?」と尋ね、さらに「『WHY』も愛していただいて『PURE LOVE』という曲も愛してください。」と2月27日より配信を開始したAbemaTVで放送中のドラマ『1ページの恋』のオープニングテーマになっている書き下ろし楽曲についても触れた。

ここからはファンにはうれしい?“キム・ヒョンジュンと楽しむ『時間が止まるその時』演技再現コーナー”へ。
「今日は4000人のソナの中から代表おふた方を選びたいと思います。でもみなさんがソナですので、他の方が選ばれたとしてもその方が自分だな、と思って、嫉妬やジェラシーを止めてください。リラックスでお願いします。自分が選ばれなかったとしても大きな拍手をお願いします。いつもこういうのをやると、ため息が出ちゃうんですよね。(自分とは)違う番号だと心は素直に喜べないかもしれませんけど、外見だけは拍手をお願いします。」とリダ節炸裂で説明するヒョンジュン。

そして抽選でもイタズラなヒョンジュンが顔を覗かせる。
抽選ボックスからたくさんの半券を取り出し、途中まで読んで戻したり、さらに発券場所が「ファミリーマート」だと言って、「この公演に来るために、わざわざコンビニにまで行かれたということで、そのご苦労を称えたいと思います。」と勘違い(笑)。MCに「もう1個はセブンイレブンですけどね。」と言われるも、「セブンイレブンですか?でもファミリーマートはひとつですから。次はローソンで!」というやり取りを経て、まずは1人目が決定。
2人目を選ぶ時も、偶然隣同士の席の半券をとってしまい、「恐らく友達同士じゃないかと思います。友達同士で喧嘩になってしまうので、みなさんが決めてください。こっちとこっち、歓声が大きい方を選びたいと思います。」と進行し、会場に拍手を求めたものの、「微妙ですね。やっぱり自分のことじゃないので、あまり拍手の音が大きくないですね。みなさんの表情を再現しました。」と、ファンの退屈そうな表情を再現。その結果、自分の誕生日6月6日にちなんで“66番”の座席番号の方を選択。
偶然引いた半券が隣同士だったことに加え、“66番”という数字が出たことに対しても、運命を感じているようだった。

やっとのことで、1人目のシーン再現へ。
選ばれたファンがまだドラマを観ていないと聞くと、「まだご覧になっていないからこそ、自分ならではの演技、誰かの真似ではなく、クリエイティブな演技ができると思います。」とプレッシャーをかけるヒョンジュン。
最初のシーンは、ソナとジュヌが並んで座ってチュチュパアイスを食べていて、「ジュヌさんはとってもいい人みたい」「さあ、僕は自分が人間なのかもよくわからない」「こんなに心が温かいのに」という会話の流れで、ソナがジュヌの心臓に手を当てるというドキドキのシーンだったのだが、「ものすごく強く触ってもいいです。」と積極的なヒョンジュンにファンもタジタジ。
しかし、最初戸惑っていたものの、本番になるとメガネを外し、気合十分なファンに、「キスシーンがあるわけじゃないのに。」と言って逆にタジタジになるヒョンジュンだった。
ヒョンジュンの温かい心臓に触れ、大興奮のファンに、「このままお帰りになってしまうのは申し訳ないので、この名シーンを写真に収めたいと思います。」と予定になかった写真撮影を提案するヒョンジュン。会場からの羨望のまなざしの中、撮影は敢行され、会場からの「胸が痛い!」という叫びには「病院に行ってください。」と冷静に返すヒョンジュンだった(笑)。

2つ目のシーンは、高い所にある物干しにカーテンを干そうとしているが、なかなか届かずにうまく干せないでいるソナの後ろからジュヌが優しく手を伸ばし干してあげるというシーン。後ろにジュヌがいるのに気がつかなかったソナが、驚いて振り返ると、顔が大接近という、赤面必須の場面だが、これにさらに「ドラマではソナが振り返るところまでが出ていましたね。その後はストーリーを作っていただいても大丈夫です。振り返ってじっとしててもいいですし、ハグをしてもいいですし、それはご本人の力量にお任せしたいと思います。」というヒョンジュンの言葉が加わり、選ばれたファンはドギマギ、会場はどよめき。
演技が始まると、一生懸命演技をしているファンを見ながら、なかなか手を出さないイタズラなヒョンジュン。やっと手を差し伸べ、映像にあった部分までやり終えると、戸惑っているファンをリードしてハグし、会場からは悲鳴も。
写真撮影が終わると、「みなさん、ようやく安堵の拍手が出ましたね。」と、ファンのそんな反応も楽しんでいるようなヒョンジュンだった。

ここで次の準備のため、ヒョンジュンが一旦退場すると、ステージでは抽選会がスタート。
サイン入りプログラムブックが20名にプレゼントされた。

そしていよいよ本日のメインイベント、“台詞リーディングと映像+歌で魅せるドラマハイライト”がスタート。
物語のプロローグとして、先ほどの名場面でも出てきたブレスレットが入った箱がステージ2階に置かれ、そのブレスレットにまつわる伝説がスクリーンに映し出される。
そして、ドラマの映像に続き、ヒョンジュンのリーディング、OSTにも参加したジェオプ(IMFACT)の歌、さらにはギョジンもリーディング、そしてまた映像、歌と続き、ヒョンジュンが最後のリーディング「取り戻した時間は彼女の体温と匂いが混ざり 彼女の香りとなって僕の前に現れた そして今も あの場所を見つめているのは 僕の時間が まだ彼女に向っているからだ」という台詞を終えると、感動の高まる中、OST曲『Just for My Love』へ。この曲では、『花より男子』『宮』などのドラマOSTやSS501の楽曲も手掛けた作曲家パク・クンチョルがピアノ演奏で参加するという、ファンにはたまらないコラボレーションもあり、最後まで盛り上げた。

ファンミーティングでの演技再現コーナーなどは今までもあったが、ヒョンジュンの本番さながらの生演技を観ることができたのは、今回が初めてではないだろうか?
台本も見ずに台詞が詰まることもなく、会場をどんどん引き込んでいく演技で、さすがヒョンジュン、と思わせたステージだった。

ヒョンジュンが退場すると、スクリーンにはオープニングで時間が止まった時に撮られた映像が流された。その時は動きを止めるのに精いっぱいで、ヒョンジュンがどんな表情をしているか、どんな動きをしているかわからなかったが、映像を観て会場も爆笑。

エンディングでは、「今日、ファンミーティングに足を運んでくださったみなさん本当にありがとうございました。みなさんに楽しんでいただくために、たくさんのことを準備しました。今日みなさんにお会いできて、これからの僕の演技活動にも大きな力になったと思います。近いうちに新しいドラマでみなさんにまたお会いできそうです。これからも演技に歌に、一生懸命がんばる俳優、歌手でありたいと思っていますので、たくさんの応援よろしくお願いします。」と挨拶すると、拍手で称えながら他の出演者を呼び込むヒョンジュン。
ギョジン「今日は僕も楽しくみなさんと一緒に色々とすることができて、幸せでした。みなさんが楽しいと、たくさん声を出してくださると、また僕も戻ってくることができます。」、ジェオプ「今日はたくさんの方に歌を聴いていただけてうれしかったです。みなさん初めまして、僕は韓国のアイドルIMFACTのジェオプですよろしくお願いします。」とそれぞれ挨拶すると、ヒョンジュンが「久しぶりに一緒に音楽活動することができました。その結果、良い気持ちでご挨拶をすることができました。」とパク・クンチョルを紹介し、4人で手を繋いで「みなさん、本当に本当にありがとうございました。」と一礼。
不意に「パチン」と指を鳴らすポーズをとると、これに会場も反応して止まってくれたので、とてもうれしそうなヒョンジュンだった。

そして、本日の公演最後のイベントとしてハッシュタグイベントも開催。
今回のイベントに関するハッシュタグをつけてファンが投稿できるように、自分のスマホで撮影できる時間を設けてくれた。

最後は、「俳優としてのファンミーティングというのは本当に久しぶりだと思います。コンサートとはまた違った感動があったと思います。みなさんがいるからこそ、これからの演技も一生懸命がんばっていけると思います。そして感じたのは、自分は本当に祝福された人間だな、ということです。ファンのみなさんが応援してくださって、歌手だけでなく演技という別の才能も与えられたからです。ファンのみなさんに改めて感謝いたします。」という言葉に続き、日本語で「毎日毎日愛してます。ありがとうございました。握手会で会いましょう!」と挨拶し、ステージを後にした。

公演終了後には、DVD購入者特典のサイン会で再びステージに姿を現し、その後は来場者全員との握手会も行い、最後までファンを喜ばせた。

今までにないキム・ヒョンジュンの姿を見ることができたこの公演は、ファンにとってもヒョンジュン自身にとっても、とても貴重で記憶に残る公演になったに違いない。
新しいドラマではどんな姿を見せてくれるのか、次回のドラマファンミーティングにも期待が膨らむ。

(完)←前頁

【商品情報】
「時間が止まるその時 オリジナル・サウンドトラック」

2019年2月27日発売
価格:¥4,000+税 商品番号:KIZC-520~1
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIZC-520/
●28ページフルカラーブックレット ハングル(フリガナ)歌詞/日本語対訳つき
●DVDにMV8曲を収録
※キングレコード韓流情報はこちらから⇒Twitter:https://twitter.com/handra_king

【ドラマDVD発売情報】
2019年3月3日発売
DVD-BOX1 ※4枚+特典ディスク1枚
本編約360分(第1話~8話)
価格:¥18,000+税
商品番号:EMOT-201

2019年4月3日発売
DVD-BOX2 ※4枚+特典ディスク1枚
価格:¥18,000+税
商品番号:EMOT-202
本編約360分(第9話~16話)

アウターケースつき
封入特典:オリジナルフォトブック(カラー/24P)
(C)2018 Bonanza Pictures & BS Pictures All rights reserved.
販売元:株式会社E-MOTION

□HENECIA JAPANキム・ヒョンジュン日本公式ファンクラブ:http://henecia.jp/
□キム・ヒョンジュン公式モバイルサイト:http://kimhyunjoong.jp/
□キム・ヒョンジュンInstagram:https://www.instagram.com/hyunjoong860606/
□キム・ヒョンジュンUniversal Music HP:http://www.universal-music.co.jp/kim-hyun-joong/

時間が止まるその時 DVD-BOX1

時間が止まるその時 DVD-BOX2

人気記事 おすすめ記事