韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年10月15日18時00分 金曜日 「明日は国民歌手」韓国初放送、最高視聴率18.0%を記録!“日本初放送でも、日本のK-POPファンの度肝を抜いた!”まだ間に合う!!10月16日(土)21:00~毎週土曜日にABEMA K WORLDチャンネルでも放送決定!

10月14日に日本初放送した「明日は国民歌手」が想像を超える挑戦者たちの実力で“日本のK-POPファンの度肝を抜いた!”

韓国での初放送で最高視聴率18.0%を記録し、同時間帯の地上波-総編-ケーブルのチャンネルで放送された全プログラムの中で視聴率総合1位を記録する偉業を成すほど、爆発的な反応を集めている「明日は国民歌手」が日本初放送を終え、日本のK-POPファンの心も躍らせた。

MCのキム・ソンジュの登場と共に、強烈なスポットライトに照らされたステージ上に全12部111チームの予選通過者が真っ赤なスーツを纏い整列し、圧倒的壮観で華麗なオープニングを飾った。グローバルK-POPスターになるための約3ヶ月間の大接戦を共にする参加者らは“国民歌手”という力強い掛け声と共に、燃え上がる情熱と意気込みを表す壮大なステージで、見る人の心を激しく揺らした。

まず最初に競争の場に現れたのは『大学の部』の挑戦者たち。12人のうち、5人がギターと共にステージに上がった。

記念すべきトップバッターとして名前を呼ばれたのは、アイドルの雰囲気も備えるイケメン大学生ユ・ヨンミン。ハイレベルなギターの実力と多様な歌声で‘テレパシー’を熱唱、最初のステージからオールハートを爆発させる快調なスタートを切った。

続いて1000万ビューユーチューバー チェ・ジンソルが‘タバコ屋の娘’を自身特有のグルーブで再解釈し、オールハートをもらい本選へ進出した。

アメリカで演技を専攻する俳優志望生のイ・ジュチョンは、柔らかなギターの音色に甘い歌声をのせた‘Reality’で女心をキャッチ、オールハートの主人公になる感激を味わった。

群を抜く美貌で“天使のようだ”と感嘆させた参加者ヨム・スミンは、‘紫色の香り’で清らかな歌声を披露したが、全5個のハート獲得にとどまり即時脱落、切なさをもたらした。

学校で歌う動画が話題となった“廊下ライブ”の主人公として知られる元祖“芸大 廊下男子”キム・ソンジュンは、天才的なギターの実力で‘風の便りに聞きました’をアコースティック調に編曲したが、マスターのパク・ソンジュから「ボーカルがギターに埋もれている」と評価を受け、合格候補予備軍になるという予想外の展開を生んだ。

緊張感で震えるキム・ヒソクは、歌い出すと一転、魅力的な歌声と爆発的な歌唱力で13人のマスターを掌握、キム・ボムスは「私のコメントと審査で、このステージに傷をつけたくない。最高だった。」と絶賛し、韓国のK-ソウル時代を開く実力者であることを予感させた。

『大学の部』が歴代級の実力者が溢れていることで、他部署にプレッシャーを与えた中、可愛らしい『小学生の部』が登場し、マスターらを笑顔にさせた。

最年少7歳の参加者キム・ユハは、‘Old Days’を爆発的な声量と発声で歌いこなし、“すばらしい”との評価と共にオールハートを手にした。

続いて、ソ・ジユは9歳とは思えない成熟したハスキーボイスで‘Forbidden Love’を熱唱したが、手にしたハートは11個となった。

‘中浪区のダンシングクイーン’クォン・アリンは、ペク・ジヨンの‘Sad Salsa’で可愛らしいダンスを披露したが、惜しくも合格者予備軍となった。

イ・チャンウォンが認めた‘トロットの神童’アン・ユルは、‘ある日ふと’で卓越した実力を披露したが、ペク・ジヨンから「感情を抑える練習をした方がいい」というアドバイスと共に、合格者予備軍となり、オールハートの敷居の高さを実感させた。

次に‘国民歌手’を通じ、新設された部署『上京者の部』の参加者らが登場した。大邱から上京した詩人イ・ソロモンは、‘ジプシーの女’で女心を揺さぶり、オールハートを受け、喜びを満喫、炭火タッカルビ店のアルバイト キム・ドンヒョンは、‘秘密’で爆発的な高音を披露し、韓国のサム・スミスだと絶賛を受け、‘炭の中の真珠’となった。

19年間、韓国各地のナイトクラブで歌ってきて、今は自動車ディラーをしているキム・ヒョヌは、ロックバージョンの‘I Always Miss You’でハート9個を、歌手ユン・ジョンシンの所属事務所の歌手として期待を高めていたチョ・ヨノは、‘Never Ending Story’で11個のハートをもらったが、悔しさを露わにした。

在野の実力者らで構成された‘無名の部’のトップバッターは、有名広告のCMソングを歌う無名歌手キム・ドハだった。キム・ドハの‘Always Remember Us This Way’を聴いたキム・ボムスは「感情が少し演技のように感じた」と惜しんだが、パク・ソンジュは「歌詞を伝える力が本当に良かった」と正反対の審査で雰囲気を盛り上げた。

またデビュー11年目のボーカルグループ‘ブロマンス’のメンバー パク・ジャンヒョンは、舞台恐怖症により長時間ステージに立つことのできないトラウマがあることを明かした後、淡々と‘Growing’を熱唱、全10個のハートを手にした。パク・ジャンヒョンは同じ辛さを経験したことのあるマスター シンジから「これからはもう十分ステージに立ってもよさそうだ」という率直な激励を受け、涙をこぼし、じんとした余韻を残した。

さらに50歳のフォークソング歌手パク・チャングンは、スッと通る美声で歌う‘あの日々’で最短でオールハートを手にしたと同時に、マスターらのスタンディングオベーションまで引き出した。パク・ソンジュは、原曲者のキム・グァンソクとの思い出を思い出し、歌を聴きながら涙を流し、「説明できないほど、感動的だった」と感激を露わにした。

最後に錚々たるオーディションでずば抜けた成果を出した‘本物のプロ’の集まり‘別番組出身の部’がステージ上に上がり、マスターらが‘オーディションアベンジャーズ’のリストに目を通しながら信じられないというような混乱の様子を映したエンディングで2話への期待感を倍増させた。

「明日は国民歌手」の日本初放送を見た視聴者らは『うわ!マジか!』『これは天性の声質』『す、凄い方が出てきた。自然と涙出たわ… なんか1曲に人生ドラマが。』『「明日は国民歌手」ってオーディション番組すごい 歌上手すぎてレベチな人出てきたじゃん』『年齢も性別もジャンルもばらばらだけど、みんな歌上手くて聞きごたえあったー!!』『このレベルがまだ何組もあるのやばくない?』など、日本のK-POPファンも多様な極上の歌声に出会える「明日は国民歌手」に、爆発的な反応を示した。

見逃してしまった視聴者もまだ間に合う。
ABEMAでは、10月16日(土)21:00~【毎週土曜日放送】ABEMA K WORLDチャンネルでも放送が決定した。
私たちの心を躍らせるたった一人、あなたは、誰の明日を応援しますか。
詳細:www.japankorea.org

「明日は国民歌手」
●放送日時:毎週(木)夜8時~(初回放送10月14日)
 放送チャンネル:ABEMA SPECIAL2
 放送URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/Aeza9RDWmnkikw

●放送日時:毎週(土)夜9時~(初回放送10月16日)
 放送チャンネル:K WORLDチャンネル
 放送URL:https://abema.tv/channels/k-world/slots/AezaAKbAeMgMVZ

※放送回によって、放送開始時間やチャンネルが変更となる可能性があります。