韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年9月23日12時50分 木曜日 【独占インタビュー】NMB48 7.5期生イ・シヨン~尊敬するのは“まゆゆ”と“テヨン(少女時代)”!アイドル好きから諦めかけた夢のアイドルへ「アイドルもDD!食べ物もDD!ドーナツもDD!」

NMB48の7期生オーディションの最終選考まで勝ち進んだが、新型コロナウイルスの影響で最終オーディションを受けることができず、1年間の空白期間を経て異例の7.5期生としてNMB48に加入することになった韓国出身のイ・シヨン。
8月14日(土)大阪城ホールで開催された『NMB48 LIVE 2021 in 初夏 ~はつなつ!ハツラツ!』でサプライズお披露目されたのを皮切りに日本での活動を開始し、9月7日(火)には吉田朱里プロデュースの研究生公演『Will be idol』で劇場公演デビューした。

そんな彼女が、劇場公演デビューを控えた9月某日、韓流Mpost独占インタビューに答えてくれた。
小学生の時から48グループが大好きだったというイ・シヨン。その頃から日本語に触れていたというだけあって、時折大阪弁も交えた日本語能力はかなりのもの。しっかりとした受け答えで質問に答えてくれたが、大好きだというドーナツの話題では、あどけない笑顔も見せてくれた。

【独占インタビュー】NMB48 7.5期生イ・シヨン

―NMB48のメンバーになった今のご気分はいかがですか?
まだ公演に出演できていないので、実感がないんですけど、画面で見ている先輩が隣にいたら、「あ~、NMBになったな~」って気持ちになって、普通にNMBのメンバーとして(レッスンに)通ってるのが、実感がなさすぎて、いまだに夢みたいな感じなんです。
(8月14日の初披露ステージは)「何か夢を見たな~」という感じです。

―NMB48のメンバーになると決まった時の気持ちはいかがでしたか?
ビックリドッキリという感じです。急にカメラが入ってきて、「合格です」って言われたので、10分くらい「え?どういうこと?」ってなったんですけど、本当にうれしくて泣きそうになって、泣きたいぐらいうれしかったです。

―家族や友達にはすぐに知らせましたか?
最終合格が決まった時は、家族にいちばん早く知らせました。合格しないかもしれないから、心配されていたので、すぐに合格を伝えてお祝いしてもらいました。
デビューの動画とかを観てもらったら、私よりもっと喜んでいて、私の“ヲタ活”をしてくれてます。

―最終オーディションを受けられず、1年間待っていた時は、どのように過ごしていましたか?
その間は、韓国から(日本に)入国ができなかったので、韓国でバイトとかしながら、自分でお金を稼いで、お小遣いで使ったり、家族とご飯を食べたりして過ごしていました。

―待っていた1年間はとても辛い期間だったと思いますが、どのようにモチベーションを保っていたのでしょうか?
辛かったんですけど、いつもNMBになった自分を想像しながら、NMBになることがゴールじゃなくて、なってからまた始まるので、NMBになったらもっとがんばって自分の人生を磨きたいという気持ちで、まずは(NMBに)ならないとあかん、と思って、それを希望にしていました。

―アイドルになろうと思ったきっかけは何ですか?具体的に準備を始めたのはいつぐらいからでしょうか?
小学生の時からアイドルが好きで、踊って歌うのが好きだったんですけど、自信がなくて、でも勉強にも興味がなくて、何をやったらいいか、わからなかったんです。
(準備を始めたのは)遅い感じがあるんですけど、高校2年生の17歳ぐらいです。
韓国でもアイドルがたくさんいるので、まずは韓国語で話せるので、韓国のアイドルを目指してみようと思って、(スクールに)通ったんですけど、最終で落ちたり、上手くいかなくて。諦めようと思った時に、NMBの募集のお知らせを見かけて、半信半疑で応募したんですよ。韓国のアイドルも好きだったんですけど、昔から48グループが大好きで、外国だから48グループには応募してもできないんじゃないかなと思ってたんです。でも、受からなくていいから、応募だけはしてみようと思って応募したのが上手くいって、今の自分になりました。

―憧れのアーティスト、ロールモデルを教えてください。
AKB48卒業生の渡辺麻友さんがロールモデルです。一生懸命がんばっている姿も素敵だし、ドキュメンタリー番組を観て、もう本当に尊敬しかなくて、まゆゆさんみたいなアイドルになりたいと思いました。自分の中でいちばん尊敬してる人です。
(韓国では)少女時代さんが好きで、リーダーのテヨンさんを尊敬しています。歌が上手いし、見た目も本当に好きだし、リーダーも務めているので、尊敬していて、そういう人になりたいと思っています。

―日本語がとてもお上手ですが、いつ頃からどのように勉強されたのでしょうか?
小学校の時に48グループを知って、イチ推しができたりして、ブログとか歌詞とか見ていると、日常会話とかも出てきたりするし、ドラマとか映画も好きなので、その中で日常会話を学びました。でも、日本に住んでみたら、もっと身についてきたので、日本語が上手になりたかったら日本に住むのがいちばんだなと思いました。(日本には)10カ月ぐらい住んでいます。

―日本の生活で驚いたことや韓国と違うところなどはありますか?
道頓堀とかに行ったら、ゴミがあんまりなくて、街中はきれいだなと思います。あと、意外と食べ物は韓国よりしょっぱいです。
生活ではないですが、レッスンとか反省会の時の座り方が違います。先生が話す時は、足が三角になるように座る(体育座りをする)んですが、韓国にはそれがなくて、お父さんみたいな(あぐらのような)座り方をしていたら、横にいた7期生の先輩に、レッスンの時は三角で座ってほしいと言われて、学びました。

―出身地は韓国のどちらですか?地元でおすすめのスポットや食べ物などがあったら教えてください。
ソウルです。
スクールに通っていた時に、江南(カンナム)によく行っていたんですが、プルコギ屋さんがあるんですよ。どこにでもあるお店なんですけど、思い出として残っています。スクールのレッスンが終わったら、みんなと食べたりしたので、めちゃめちゃ美味しくて、NMBのみんなを連れて行って食べてもらいたいなって気持ちです。有名なのでみんな知ってると思います。

―日本には、NMB48のオーディションを受ける前にも来たことがありますか?お気に入りの場所や食べ物を教えてください。
2年前に旅行で4日間、東京に行きました。その時が初めての外国旅行だったんですよ。人多いのはちょっと苦手なので、泊まるところは千葉県に決めて、東京に通って旅行しました。
ジェットコースターが大好きなので、山梨の富士急ハイランドにも行きました。
(食べ物は)池袋の路地裏で、友達と一緒に歩いていたら、直接握ってくれるお寿司屋さんがあって、「ちょっと美味しそう。一緒に行こう」と言って、どんな店かも名前も知らないのに入っていって、めちゃめちゃ美味しかったです。
誰かに「美味しいよ」って言われて行くより、直接行って食べてみる方が好きなんです。

―これからNMB48として挑戦してみたいことや、将来の夢を教えてください。
NMBとしては、私自身も成長したいし、グループ全体的にもっともっと成長して、もっともっと高い所に行きたいなと思っています。ひとりで上手くできるより、みんなでもっと人気になったら楽しいと思っていて、Mステにもグループのみんなで出てみたいし、コンサートの時も言ったんですけど、紅白にも出て認めてもらいたいです。
(個人としては)人生をアイドルで終わるのはもったいないな、と思っていて、アイドルを卒業しても、続けて女優さんにもなりたいし、ファッション雑誌が大好きなので、モデルの活動もやってみたいし、芸能界でずっと続けて活動していきたいと思っています。
そして、私はドーナツが大っ好きなので、CMに絶対出たいなっていうのが今の目標です。
(好きなドーナツは)日によって違いますけど、今日はいちご、今日はエンジェルとか、そういう感じで、楽しんで食べています。
私はアイドルもDD(誰でも大好き)なので、食べ物もDDでドーナツもDDです。
―ドーナツを自分で作ったりしますか?
ドーナツを作るんですか?私はもう料理が苦手で、家が油になるかもしれないです(笑)。

―9月7日の劇場公演デビューへの意気込みは?
7日の公演は初めての公演だし、レッスンをしていても、まだまだポジションとかに慣れていないので、振りとか間違えるかもしれない不安がめちゃめちゃあるんですけど、お客さんの前なので振りを間違っても、自分なりにがんばって楽しんでいきたいと思います。

―ファンのみなさんにメッセージをお願いします。
まだまだこれから始めて、がんばっていくんですけど、今はちょっとダンスとか苦手な部分もあるんですけど、一緒にみなさんと成長していきながら、私のことと、ファンのみなさんの個人的なことも一緒に応援しながら、お互いがんばりたいと思っています。

日本人でも臆してしまうような路面のお寿司屋さんにも入ってしまうという度胸の持ち主イ・シヨン。そのチャレンジ精神が“NMB48イ・シヨン”を生み出したのだろう。
初の単独インタビューにもかかわらず、しっかりとした受け答えで、その意志の強さも伺えた。
コロナ禍で消えかけた夢を掴み、大きな舞台へと羽ばたいていくであろうイ・シヨンの活躍に、今後もぜひ注目したい。

【オーディション情報】
NMB48 第8期生オーディション
NMB48運営事務局では「NMB48 第8期生オーディション」を開催します。応募要項は以下のとおりです。
2021年9月30日時点で満11歳から満22歳までの女性。経験不問。
合格した時点でNMB48所属会社と専属所属契約ができる方。
※応募時点で他のプロダクションに所属していない方。日常的にNMB48劇場に通い、活動できる方。
<応募締め切り>
WEB応募:9月30日(木)23:59:59
郵送の場合:9月30日(木)必着
▼応募はこちらから!
https://spn2.nmb48.com/8thaudition202108/index.html

【公演情報】
「NMB48 11th Anniversary LIVE」
11月3日(水・祝)大阪城ホールにて昼夜2公演開催決定!
※チケット申し込みなどはNMB48オフィシャルHP(http://www.nmb48.com)まで