韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年9月2日23時49分 月曜日 天然パク・シフ、バラエティー番組出演のきっかけはソン・ジヒョの一言?「ラブリー・スター・ラブリー」、イ・ギグァン絶賛!パク・シフのキザ&コミカル演技のメイキングを公開!

“高視聴率王子”パク・シフ主演最新作「ラブリー・スター・ラブリー」のDVD&Blu-ray SET1が好評リリース中、SET2がを明日、9月3日にリリースとなります。

「検事プリンセス」「清潭洞(チョンダムドン)アリス」など大ヒットラブコメに主演しているパク・シフ。抜群の演技力と甘い眼差しで多くの女性を虜にしてきた彼が、最高視聴率47.5%超えの大ヒット「黄金の私の人生」を経て、ファン待望のラブコメディにカムバック!演じる役は人生絶好調の一流俳優フィリップ。超クールなのにヘタレ可愛いトップスター。甘いロマンス演技もコミカル演技も増量&濃厚で史上最強にキュートなパク・シフに胸キュン必至!
ヒロインのウルスン役には、「宮(クン)~Love in Palace」のソン・ジヒョ。英国メディア『I-MAGAZINE』が2017年に発表した“アジアで最も美しい顏ランキング”では5位にランクインし、韓国ではビューティー番組のMCを務め、韓国女優の中ですっぴんが最も美しいといわれているにもかかわらず、バラエティ番組「ランニングマン」では体当たり企画にもチャレンジ、明るく飾り気のない姿が人気。そんなソン・ジヒョが、優しい性格も災いして、多数の不運のために才能はあるのに芽が出ずにいた脚本家ウルスンをすっぴんで演じ、泥まみれにも挑戦しながらも、キュートに好演していて、まさにハマり役!

いよいよクライマックス!明日、9月3日「ラブリー・スター・ラブリー」DVD&Blu-raySET2のリリースを目前に、イ・ギグァンも絶賛!パク・シフのキザ&コミカル演技のメイキングを公開!

先日、人生で初めてのバラエティー番組への出演を果たしたパク・シフ。きっかけは本作で共演したソン・ジヒョの一言だったかもしれないことが、本作のメイキングでうかがえる。
それは、ソン・ジヒョ演じるウルスンが警察署に連行され、パク・シフ演じるフィリップが迎えに来るシーンの撮影中でのこと。フィリップがトップスターであることを表現するため、サングラス姿で、正面からは風、背後からは照明の過剰な演出でさっそうと登場するパク・シフ。
前を歩くマネージャーのヨンマンを押しのけ、ソン・ジヒョの前まで来ると、「すまない。来るのが遅れた」と、ビシッときめ、さらにセリフのようにカッコよく「やり直します」というパク・シフにスタッフ爆笑。セリフを言う前にサングラスを外して顔を見せたかったパク・シフが、外し忘れてしまったために、「やり直します」と言ったのだった。そんなパク・シフの天然ボケな行動に「シフさんはバラエティーに出るべきよ」とソン・ジヒョが一言。あらためてサングラスを外し、ソン・ジヒョの唇に指をあて、「何も言うな。もう平気だ。オレから話す」とカッコよく決めたパク・シフだったが、カットがかかった瞬間、笑い崩れながら「見てられない。キザすぎて見てられない」というソン・ジヒョに、パク・シフも「僕にどうしろと?」詰め寄る一幕も。
また別のシーンの撮影現場では、警察署のパク・シフ登場シーンをOAで見たイ・ギグァンが、「ヨンマン(マネージャー)を押しのけたシーンは笑えた」と、何度もパク・シフの目の前で面白かったシーンを再現し、大絶賛。イ・ギグァンに褒められ、嬉しそうに再現するパク・シフの笑顔に胸キュン必至です。
再現するパク・シフソン・ジヒョもバラエティー向きと太鼓判の、パク・シフの天然なところが垣間見られるメイキングと合わせ、イ・ギグァンもパク・シフのコミカル演技に魅了された、爆笑必至の警察署のシーンはDVDでチェック!

「ラブリー・スター・ラブリー」
■好評発売中
・DVD SET1【約176分特典映像DVD付】(お試しBlu-ray付)
・Blu-ray SET1【約176分特典映像DVD付】
■2019年9月3日(火)発売
・DVD SET2【約181分特典映像DVD付】(お試しBlu-ray付)
・Blu-ray SET2【約181分特典映像DVD付】
DVD各¥16,200+税 Blu-ray各¥18,200+税
※DVD好評レンタル中
※U-NEXTにて独占先行配信中!
 ⇒https://bit.ly/2Gx3yF8
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
公式サイト:http://kandera.jp/sp/lovelystar/
トレーラー:https://youtu.be/OtvKYvfVBjw
Licensed by KBS Media Ltd. (c)2018 KBS. All rights reserved

人気記事 おすすめ記事