韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年10月14日05時15分 月曜日 【レポ】LOVELYZ(ラブリース)1年7カ月ぶりの来日単独公演『LOVELYZ ‘ALWAYZ2’ in Japan』~「みなさんに感動をあげようと思ったんですが、私が感動をもらっちゃいました」(2/2)

【レポ】『LOVELYZ ‘ALWAYZ2’ in Japan』 at マイナビBLITZ赤坂《2部》(2/2)

真っ白い衣装に着替えた8人が登場すると、マイクスタンドを使い、大人っぽく『Sweet Luv』『Secret Garden』を歌い上げる。
そして雨音とピアノのイントロで始まったのは『Rain』。澄んだ歌声が雨のように心に染み渡った。

MCになると、先ほどの『1cm』のステージでプレゼントを配ったことに触れ、「もらってない方も悲しまないでください。私たちの愛をあげますね」と愛をふりまくジン。
8人で旅行に行ったような感じで撮影したという“でかけようLOVELYZ”の映像の話題になると、ジスが「撮影じゃなくて、本当に8人で旅行に行ってみたいなと思いました。LOVELINUSのみなさんとも一緒に行きたいですね」とファンを喜ばせた。

しかしながらイベントも終盤、残すところあと3曲ということで、事務所やスタッフに感謝の気持ちを伝えると、イェインが「最後にLOVELYZがいちばん好きなLOVELYZのソウルメイト、LOVELINUS!永遠に一緒にいましょう!」とLOVELINUSにも感謝の気持ちを伝え、最後のステージへ。

LOVELYZの代表曲ともいえる『Ah-Choo』では、LOVELINUSから熱~い掛け声が起こり、会場の一体感が増す。
そして『That day』で畳み掛けると、会場の熱気は最高潮に。

あと1曲というところで、このまま終わるのは「残念なので」と、少しトークをすることに。
先ほど『Ah-Choo』でマイクを向けられたLOVELINUSが完璧に歌ったことから、メンバーたちはその韓国語力に驚いたようで、ジスから「習った韓国語の中で、何がいちばん好きですか?」との質問。
会場からすぐに「サランヘ(愛してる)~!」の声が上がると、メンバーたちがすぐに「♪サランヘ~」と歌い出す場面も。
この「サランヘ」を使って、メンバーが「LOVELINUSサランヘ~」、LOVELINUSが「LOVELYZサランヘ~」と言ったところで、いよいよラストの『Beautiful Days』へ。熱い掛け声の応援の中、透明感のある歌声を響かせた。

アンコールを求めるLOVELINUSは『Ah-Choo』を掛け声付きで大合唱。
そして“でかけようLOVELYZ”のラスト、花火をしている映像が流れ、夏の終わりを感じさせると、アンコール1曲目は『For you』。ジンとケイのハイトーンボイスがクセになる軽快なこの曲、チアガールのような衣装の8人はキュートはキメポーズを炸裂させていた。

ここでメンバーそれぞれが日本語と韓国語を絶妙に交えながら最後の挨拶。
ジエ「日本でコンサートをした日は全部幸せです。LOVELINUSが私を愛してくれるので、とってもとってもうれしいです。私たちの前で笑ってくれると、お父さんの微笑み、お母さんの微笑み(のようで)、本当に心が温まります。そんな喜びを感じさせてくれて、本当にありがとうございます。これから日本のLOVELINUSにジエがいっぱい愛をあげます」
イェイン「LOVELYZで本当に幸せです。みなさんの前で歌ったり踊ったりできて、本当に幸せです。私の幸せになってくれて、本当にありがとうございます。私もLOVELINUSのみなさんに幸せをあげられるイェインになります。この瞬間瞬間、絶対忘れられません。貴重な瞬間を作ってくださって感謝していますし、みなさんひとりひとりを絶対に忘れません」
ベイビーソウル「私たち、また会う日があるから、悲しまないでください。今回作った良い思い出で、またがんばって生きていってください。約束。私もそうします。それでは今日はここまでです。続けて言えばもっと寂しくなるから。私はそろそろ帰ります。また会いましょう。その時まで元気で、愛しています」
ケイ「私たち焦らないでゆっくり進みましょう。私たちの花道はこれから始まりますよ。LOVELINUS、本当に愛おしいです。本当に本当に愛してる。LOVELINUSになってくれてありがとうございます。みなさんは私にとって本当に大切で、私の全てで、喜びで、幸せです」
ジン「今日、大好きな私のお姉ちゃんが来てくれましたが、日本でひとりで大変なのに、いつも私のことを心配してくれて、本当にありがとうございます。日本のLOVELINUSのみなさんが、お姉ちゃんを守ってくれると思うよ。そして日本のLOVELINUSは私が守ります!私たちまた会える日まで、お元気でね。約束しましょう。想像できないくらいみなさんを愛しています」
ジス「日本のLOVELINUSの笑顔を見たら、私の気分も温かくなります。こんなにたくさんの愛を私がもらってもいいのかな?と思うけど、私もみなさんをもっと大切にします。私たちがいつまた来ることができるかお伝えすることはできないんですけど、みなさんに本当に会いたいので、絶対すぐに会いに来ます。だから待ってくださいね」
ミジュ「私は幸せでうれしいんですけど、ミョンウン(ジン)がとっても悲しい話をしたので、私が隣で泣いちゃいました(笑)。みなさんが、私たちと私たちの歌を好きになってくれて、本当にありがとうございます。今日来てくださったみなさんを失いたくありません。また来られるかわかりませんが、LOVELINUSが私たちを待っていてくれたら、私たちは早く戻ってきます。本当にありがとうございました。みなさん大好き」
スジョン「本当にドキドキしながら、みなさんに感動をあげようと思ったんですが、私が感動をもらっちゃいました。みなさんと一緒にいながら考えたのは、私たちの歌を楽しんでくれるみなさんと長く会いたい、またずっと歌いたいということでした。これからもずっと一緒にいてくれますよね?次に日本に来る時には、私たちの日本語での曲を聴かせたいです。そのためには、また会う時まで健康を約束してください。次もまた、この場でひとりも欠けることなく、お会いしたいです」

お姉さんのことを思って感極まってしまったジンから、涙が移ってしまったジスとミジュ。ミジュは色々な感情があふれ出し、家族のようなスタッフにもたくさん感謝の言葉を贈っていた。

ここでファンをバックに記念撮影すると、最後の曲『Good Night Like Yesterday』へ。
会場のLOVELINUSからサプライズで“노래해줘서 고마워 내게 소중한 그대에게”(歌ってくれて ありがとう 私の 大切な あなたに”のスローガンが掲げられると、こらえていたメンバーの目にも涙が。
歌い終えると、手をつないでLOVELINUSに丁寧にお辞儀をし、最後はメンバーで円陣を組み、お互いを称え合っていた。

ガールクラッシュ全盛の中、正統派のK-POPガールズグループを貫いているLOVELYZ。
映像ではバラエティの才能も見せ、そのギャップで楽しませてくれた。
キャリアは長いが、まだ日本デビューを果たしていない彼女たちだけに、今後の活動予定が気になるところだ。

(完)←前頁
セットリスト→こちら

□LOVELYZオフィシャルサイト:https://lovelyz.jp/

人気記事 おすすめ記事