韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年8月1日23時18分 木曜日 【オフィシャルインタビュー】韓国ドラマ「私たちが出会った奇跡」DVD好評リリース中!キム・ヒョンジュがキム・ミョンミンに熱烈な愛の告白!共演者も嫉妬したラブラブインタビューが到着!

2人の妻とその家族の愛と絆を描く、ファンタジー・ヒューマン・ラブコメディ「私たちが出会った奇跡」DVD-BOX1が好評発売中、Vol.1~6がDVD好評レンタル中です。また8月2日にDVD-BOX2を発売、Vol.7~11のDVDがレンタル開始となります。

主演を務めたのは、圧倒的な演技力を誇る実力派俳優キム・ミョンミン!本作では冷徹なエリート銀行員と人情味ある中華料理店の店主という2役に加え、物語後半からはその2人の人格が交じり合うまさに‘1人3役’を見事に演じきり、KBS演技大賞を受賞しました。予測不能な展開に引き込まれる視聴者が続出し、最終話では番組史上最高視聴率13.1%を記録し、2018年度韓国地上波ミニシリーズドラマ平均視聴率第2位を記録した話題作です!韓国での圧倒的高評価を受け、満を持して日本にてDVDリリースします。
新人死神のミスにより、平凡ながらも幸せな家庭を築いていた中華料理店の店主の魂が、冷徹なエリート銀行員夫の肉体に入り込んでしまい・・・・。
リリースを記念し、キム・ミョンミン&キム・ヒョンジュのインタビューが公開となりました。
なお、インタビューの全内容は、DVD-BOX2の特典ディスク「映像(キャストインタビュー)」に映像にて収録されています!

【オフィシャルインタビュー】「私たちが出会った奇跡」キム・ミョンミン&キム・ヒョンジュ

―お二人の役どころについて
キム・ミョンミン複数の人格を持っていて、大きく分けてヒョンチョルA、B、C、3つの人格があります。Aは最年少で銀行の支店長になり、手段を選ばず出世しようとする野心家で、家庭を顧みず妻のソン・ヘジンとの仲は険悪です。ある日、事故に遭い、平凡な家庭で育ち中華料理店で働く男、ヒョンチョルBの魂が自分の体に入ります。アイデンティティーが複数あって性格も変わっていきます。それがヒョンチョルCです。私が今までに演じたことのない役柄なので、とても難しかったです。
キム・ヒョンジュ私は複数の人格を持つヒョンチョルAの妻ソン・ヘジンを演じました。ヘジンはヒョンチョルAとの離婚を望んでいました。夫が家庭を顧みないので、子どもの世話や家事などを1人で全部やっています。ヒョンチョルBの魂がヒョンチョルAの体に入ったあと、新しい愛に気づき、夫であるヒョンチョルAとの昔の思い出にも思いをはせます。新しい愛が芽生え女性的な一面を見せていく、そんな役柄です。

―ドラマは韓国の視聴者に大好評でしたが、その理由は何だと思いますか?
キム・ミョンミン視聴者はやはり女性が多かったので、2人のヒョンチョルを通じて、「もしヒョンチョルが自分の夫なら?」、「もし自分がドラマと同じ状況に置かれたら、どんな決断を下す?」、「最終的に誰のもとへ行く?」という点において想像しながら見ていただき、議論を呼びました。韓国で放送中、とても話題になったドラマです。
キム・ヒョンジュ私もそう思います。やはり結婚生活が長くなると、夫婦の関係は変わります。女性は時間が経ってもいつまでも愛されたいですよね。冷たかったヒョンチョルが昔の姿に戻り、ヘジンに優しく接し温かい言葉をかけるようになります。「もし自分の夫なら?」と、視聴者は自分に置き換えて、ご覧になられたのではないでしょうか。

―「私たちが出会った奇跡」の出演の決め手は?
キム・ミョンミンとにかく出演すべき理由の多いドラマだと思いました。イ・ヒョンミン監督との親交も決め手の一つですし、過去にヒット作の多いペク・ミギョン先生の脚本も理由です。そしてキム・ヒョンジュさんも出演するので・・・。
キム・ヒョンジュ私は、他のインタビューでも何度もお話ししましたが、出演の決め手はキム・ミョンミンさんです。他の理由はありません。監督の過去作ももちろん拝見しましたし、脚本家の先生もヒットメーカーですが、私にとってそれは主な理由ではありませんでした。ミョンミンさんとは過去に出演した作品のテイストが、お互いにまったく違いましたから。これを逃すと共演するチャンスは、もう二度とないかもしれないと思ったんです。撮影中は、ミョンミンさんの声をすぐそばでたっぷりと聞けてとても嬉しかったです。本読みでは耳の真横からセリフが聞こえるんです。「隣で声が聞けるなんて」と実は喜んでいました。

―今作の役を演じるうえで重視した点を教えてください。
キム・ミョンミン既存の韓国ドラマには、1人2役や1人3役は珍しくありません。でも、キム・ミョンミンならではの役にしたいと思ったんです。脚本を書いたペク先生ご本人も途中で混乱していましたが、1つの体の中でそれぞれの人格が占める割合など、複雑でキャラを成立させるのが難しいんです。撮影前に詳細な図表をつくったりもしましたが、私の演技がブレずに済んだのは、相手役のヒョンジュさんのおかげです。ヘジンは一見、単調な演技になりがちな役ですが、人の心をわしづかみにする豊かな感情表現で見事に演じてくれました。ヘジンさんの演技を見ているだけで、自分の役が作られる気がしました。自分がどのように演じるべきかが分かるんです。ヒョンジュさんが、この作品の道しるべになってくれました。そうやって助けてもらいながら、自分なりに分析して役作りをしました。ヒョンジュさんには本当に助けられました。
キム・ヒョンジュそうなんです。オファーを受けたのはいいけれど、台本を読んだらヘジンの特徴が何も書かれていなかったんです。探してもヘジンの個性が何も見つからなかった。序盤はとても難しかったけれど、ミョンミンさんが感謝してくださることに励まされました。最初から私は、自分が目立つためではなく、共演することに意義を感じていましたので、それを思い返して前向きに取り組むことができました。

―誰かの体に入るなら、どんな人の体がいいですか?
キム・ヒョンジュ私はミョンミンさんの体に入ります。ミョンミンさんがどうやって演技をするのか知りたい…。ああ、でも体に入ってしまったら演じるのは私ですね。じゃあ秘訣は分からないわ。残念です。

―記憶に残る名場面や名ゼリフはありますか?
キム・ミョンミン自分のシーンはモニターで見ていないので分かりません。なので、ヒョンジュさんとの共演シーンを挙げます。ヒョンチョルを手放せずに背後から抱き締めたヘジンが、高熱を出して倒れてしまいます。あのシーンは本当にすごかった。泣くような状況じゃないのに涙が止まらなくて大変でした。ヒョンジュさんの演技は涙を誘います。相手役を泣かせる才能がある。初めから決まっていたことですが、ヒョンチョルBは当然、妻であるヨナのもとへ帰るべきです。それなのにヒョンジュさんがヘジンを演じると、視聴者も共演者も監督ですら、ヘジンと暮らしてほしくなる。本来の意図と違うので脚本家も混乱していました。多くの人が…いえ、ほとんどすべての人がヘジンを応援していました。「どうやってヘジンはヒョンチョルを手放せばいいの?」と、脚本家が頭を抱えていました。なぜなら、ヒョンジュさんの演技が涙を誘うからです。人の心をわしづかみにするんです。私自身も離れたくなくなりました。このことはヒョンチョルBの妻のヨナ役のミランさんも知っていますよ。「もうヘジンと暮らせば?」とミランさんに言われてちょっと気まずかったです。ミランさんがやきもちを焼いていました。
キム・ヒョンジュ私は誰かに奪われたりするのは本当に嫌なんです。確かに対抗心があったかもしれませんね。

「私たちが出会った奇跡」
DVD-BOX1発売、Vol.1~6レンタル中
8月2日(金)DVD-BOX2発売、Vol.7~11レンタル開始
価格:各巻 16,200円(税込)/15,000円(税抜)
発売元・販売元:エイベックス・ピクチャーズ
(C)ASTORY2018

人気記事 おすすめ記事