韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2020年11月7日14時54分 土曜日 【レポ&セットリスト】NIK(ニック)韓国滞在メンバー初のストリーミングライブ『NIK FIRST STREAMING LIVE — GAZA!—』~あのメンバーがサプライズで登場!コ ゴンの突然のカミングアウトにゲストのテフンも衝撃!(2/2)

【レポ&セットリスト】『NIK FIRST STREAMING LIVE — GAZA!—』(昼公演)(2/2)

ここからはユニットステージということで、まずはゴンミン、ヒョンス、ユンソルのダンスパフォーマンスが披露された。
実力のある3人だけに、迫力のパフォーマンスで圧倒。先ほどの予告通り、ゴンミンの鍛え上げられた体も見ることができた。

コ ゴン、パク ハ、テフンは東方神起の『Bolero』を披露。普段からの仲の良さもあってか、息もピッタリ。放送からよりグレードアップしたボーカル力を見せつけた。パク ハは『Bolero』は「中学生から聴いていた曲なんですけど、ここで歌うとは思わなかったのでうれしい」と喜んでいた。
続けて、コ ゴン、パク ハ、テフンの3人で作ったという『Stay』を初お披露目。「やっとみなさんに披露することができてうれしい」という曲だけに、気持ちがこもったステージを見せてくれた。

ここでゴンミン、ヒョンス、ユンソルも合流すると、番組の中でパク ハのチームがMV撮影に挑戦した『Jealousy』を披露。切ないメロディと表情で、胸に迫るステージを見せてくれた。

続く映像では、NIK日本メンバーたちの“vlog”で、その日常が紹介された。
きれいな景色の中、ドライブしたり、スケボーしたり、まるでイメージビデオのような瞭の映像に始まり、公園の遊具でひたすら遊ぶ日向、史也と太一は企画がかぶるという気の合いようで、ブランドのレセプションパーティーを紹介、最後は韓国メンバーへの応援メッセージもあったのだが、ひとり足りないメンバーが・・・。
ということで、そのメンバー シヒョクがサプライズで登場。「NIKのシヒョクです!」と元気に挨拶すると、「NIKだったら舞台見せなきゃ」というユンソルの言葉で『Hurricane』のラップとダンスを披露。
(夜公演では『LIFE GOES ON』を披露)

そしてシヒョクに続いて、個人のステージが披露されることに。
まずはアコースティックギターと共に、テフンがジャスティン・ビーバーの『Baby』を披露。他のメンバーもノリノリで楽しむと、パク ハはポップソングの『chocolate』を歌い、ユンソルからは「溶けちゃうよ♡」も声も。コ ゴンもアコースティックギターと共に、好きだというクリス・ハートの『I LOVE YOU』を披露した。
ゴンミンは「自分が辛かった時に歌った曲なんですけど、もし今『辛いな』と思っているファンの方がいたら聴かせてあげたい曲です」と紹介し、「実は僕が今、ちょっと大変です」というコ ゴンの言葉を受け、「コ ゴンちゃんに歌います」と言って、ピアノ弾き語りでイ・ハイの『HOLO』を披露。2カ月前から練習を始めたとは思えないピアノの実力で、メンバーたちをうならせていた。
ヒョンスは昨年のShowcaseのダンスを「ちゃんと見せたくて準備した」と言って、キレッキレのダンスを披露。
ユンソルもヒョンスに負けじとセクシーなオリジナルダンスで魅力を発揮した。
(夜公演ではヒョンスがドラマ『トッケビ』のOST『Beautiful』をピアノの弾き語りで、ゴンミンはアクロバティックなオリジナルダンス、ユンソルはメンバーも驚きのカードマジック、テフンはブルーノ・マーズの『Just The Way You Are』、パク ハはレディ・ガガの『I’ll Never Love Again』、コ ゴンはX JAPANの『ENDLESS RAIN』をアコースティックギターと共に披露した)

いよいよイベント終了が迫ってくると、シヒョクが日本の事務所で日本のメンバーたちが一緒にこのストリーミングライブを観ていることを明かし、「早く11人で素敵なパフォーマンスを見せたい」という日本メンバーたちの言葉を伝えてくれた。
テフンも「これからいいステージをもっともっとたくさん見せられると思います。みなさんぜひ、これからの活動と音楽、楽しみにしていてください」と熱い思いを伝えると、ユンソルからは裏で支えてくれているユナクに対する感謝の気持ちも伝えれらた。

そして、「以上、NIKでした!」と元気に挨拶すると、番組の中でゴンミン、ユンソルのチームがMV撮影に挑戦した『Santamonica』を披露。全員ノリノリで、パク ハは腹筋を見せてくれるサービスも。
「みなさん本当にありがとうございます!」とゴンミンが声を上げると、メンバーも口々に「ありがとうございます!」と声を上げ、番組のテーマソング『LIFE GOES ON』でステージを締めくくった。
最後は全員で手をつないで礼をし、笑顔いっぱいでステージを後にした。

今回は残念ながら韓国滞在メンバーのみのステージとなったが、放送終了後からさらに成長した姿で、フルメンバーでのステージも楽しみになるようなパフォーマンスを見せてくれた。日本語の得意なメンバー ユンソルとゲストのテフンのおかげで、通訳なしでの進行も見事だった。
今後の活動を楽しみに待ちたい。

(完)←前頁

【セットリスト】
1.Hurricane
2.あの時へ
3.Stand Together
4.I DON’T CARE
5.Dubstepic symph + Own it + Like this/ゴンミン、ヒョンス、ユンソル
6.Bolero + Stay/コ ゴン、パク ハ、テフン
7.Jealousy
8.Santamonica
9.LIFE GOES ON

【NIK PROFILE】
11人組日韓合同グローバルグループ。ユナク(SUPERNOVA)プロデューサー指揮のもと、グローバルアイドル育成プロジェクト「G-EGG season1」を経て結成。グループ名“NIK”(ニック)は、New(これまでに存在しなかった)Inspire(人の心に刺激を与える)Kindle(感情を燃え上がらせる)の英単語の頭文字をとり命名。“常に情熱を燃やしながら、新たなエンターテインメントを創造し、人の心に刺激を与える”グループを目指している。

【NIK Information】
□NIK HP:https://nik-official.com
□NIK Twitter:https://twitter.com/nikofficial11/
□NIK Instagram:https://www.instagram.com/nikofficial11/
□NIK TikTok:https://www.tiktok.com/@nikofficial11/
□NIK YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC7cgFpmhgTUwxpMuZJK55zQ

人気記事 おすすめ記事