韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年7月7日23時41分 水曜日 日韓合同グローバルボーイズグループのNIK、2021年の初ライヴにてユニバーサルミュージックからのメジャーデビュー決定を発表!

昨年、Mnet/Abema-TV/東海テレビ/MX TVで放送された、グローバルアイドル育成プロジェクト『G-EGG Season1』にて結成された、11人組の日韓合同グローバルボーイズグループ=NIKが7月6日(火)、7日(水)の2日間に渡り、2021年の初ライヴ「NIK LIVE 2021 -Ready To Go-」を開催。7日の最終公演では、ユニバーサルミュージックからメジャーデビューが決定したことを発表した。

今回のライヴは、日本と韓国をオンラインで繋いだライヴ構成で、韓国メンバー6名はオンラインで、日本メンバー5名はライヴ会場で出演、二手に分かれてダンス、ラップやバラード対決を繰り広げ、メンバーの個性が存分に活かされた演出で会場を盛り上げた。
更に韓国メンバーから新曲「Bomb」、日本メンバーから新曲「Better Spring」が披露され、「Jealousy」「I DON’T CARE」「LIFE GOES ON」と、最後までファンを飽きさせない構成で、2日間の公演を駆け抜けた。
[
ライヴの終盤に、メジャーデビュー決定という文言とともに、ユニバーサルミュージックのロゴがスクリーンで発表されると、会場のファンからどよめきが起こった。メンバーの史也から、「ユニバーサルミュージックのロゴの様に世界に羽ばたきたい」と決意表明が発表されると会場からは大きな拍手が送られた。
K-POPとJ-POPの垣根を超え唯一無二の音楽性を備えるNIKは今年秋にデビューシングルのリリースを予定しており、今年大注目の存在だ。