韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2011年9月22日14時40分 木曜日 SUPER JUNIORキュヒョン、ヒチョルの後任として『黄金漁場 ラジオスター』MCに抜擢!

SUPER JUNIORのメンバー キュヒョンが、MBC TV芸能プログラム『黄金漁場 ラジオスター』のMCに抜擢!

SUPER JUNIORの最年少メンバーであるキュヒョンが、ヒチョルが入隊したことによって空いた『ラジオスター』のMCの座を射止めた。

制作陣はこのMCのポストを流動的な席として活用し、番組に若いエネルギーを取り入れる計画。

21日MBC『黄金漁場』の制作陣によると、京畿道(キョンギド)の一山(イルサン)にあるMBCドリームセンターで行われた『ラジオスター』の収録にキュヒョンが参加し、レギュラーMCのキム・グクチン、キム・グラ、ユン・ジョンシンと共演した。

バラエティ番組の露出がほとんどなかったキュヒョンなので楽しみ。時折出演したことのある芸能バラエティ番組で見せてくれたキュヒョンの風変わりな魅力が視聴者たちの愛を受けるものと予想している。
(JKSTARSより)

風変わりな魅力…う~ん、そういう評価なんですね。確かにバラエティのイメージはないので新鮮かも。

『黄金漁場』のパク・チョンギュPDは、「しばらくの間、キュヒョンがMCとして共に出演する見通しだ。レギュラーMCになるというよりはヒチョル降板によって空いた4番目のMCのポストをこれからも流動的なポストとして維持しようと思う。
『ラジオスター』に若いエネルギーを吹き込んでくれる人物たちがこの席に交替で座ることになるだろう」と説明した。

制作陣がこのような決定を下したことは、降板したヒチョルの影響が大きい。
これまでMCを務めていたヒチョルが、キム・グクチン、キム・グラ、ユン・ジョンシンより若い世代として自分の考えを表現して人気を得てきたが、それがヒチョルのような若く思いっきり自分を表現して先輩グラも襲いながら作る風変わりな呼吸が、これからも『ラジオスター』に必要だという判断した理由となった。
パクPDは、「現在『ラジオスター』はキム・グクチン、キム・グラ、ユン・ジョンシンというメンバーで本当に楽しくやっています。ここで必要なのは、新しい若いエネルギーだと思うし、柔軟性の高い場所を作って、若くて斬新な人物として、4番目のMCを起用するようにする」と明らかにした。

続いて、「毎週、または2週に1度のペースで定期的にMCを変えるという考えはない。4人目のMCの席は新鮮なエネルギーのための席だ。自由に可能性を開いておき、若い世代が共感できる話や、最新の話題を取り入れたい」とコメントした。

スーパージュニアのキュヒョンは、末っ子として持つ風変わりな魅力、それが認められ『ラジオスター』の若者MCの座を射止めた。
最近はKBS2『不朽の名曲2』にも出演し、注目された。

パクジョンギュPDは、「風変わりな魅力があって歌も上手く、音楽プログラムの『ラジオスター』にとても適任だと思った。今まで見せられなかった新しい芸能感、新たな姿を『ラジオスター』の先輩たちと見せてくれるものと期待している」と明らかにした。
既存のMCたちもキュヒョンにかける期待が大きいと話した。
(マネートゥデイスターニュースより)

スーパージュニアのマンネとしてお兄さん達にかこまれながらも、飄々としているところが魅力的なキュヒョンなので、そんな面白い所に磨きをかけ、さらに新たなキュヒョンの魅力が引き出されそうですね!
歌も、いろいろと披露してくれそうなので、楽しみ!

人気記事 おすすめ記事