韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年4月18日08時04分 木曜日 【レポ】「Power of K TOKYO LIVE」4月はフレッシュなONF&ONEUSが出演!(1/4)

dTVチャンネルで配信している『Kchan!韓流TV』のオリジナル音楽番組『Power of K TOKYO LIVE』の公開生中継LIVEが4月1日(月)東京・豊洲PITにて開催され、第4回目は日本デビューも果たした期待の新星ONFと、MAMAMOOの弟分として注目を集めるボーイズグループONEUSが出演!
さらに、今回もMCのユナク&ソンジェが所属する「SUPERNOVA」が全員で登場し、番組を盛り上げた。

オープニングは、ONFの日本デビュー曲『ON/OFF -Japanese Ver.-』からスタート。ONFの切れ味あるフレッシュなパフォーマンスで1曲目から盛り上げる。

おなじみとなったMCのユナク&ソンジェ(SUPERNOVA)が登場し挨拶。
ONFの魅力を掘り下げるトーク“ONFの魅力発散”というコーナーへ。
メンバー7人が“特技”を公開し、ダンスを挙げたジェイアス、ユー、ラウンの3人が、ランダムダンスでSEVENTEENの『HOME』などのカバーダンスを披露。
特技にラップと書いたワイアットは、魅力あるトーンでラップを披露すると、ユナクが「声がステ2キですね」と、個性あふれる声を絶賛。
愛嬌を特技に挙げたイーションは、かわいさをアピール。作曲を挙げたエムケイだったが、歌マネも得意と言うことで、マイケル・ジャクソンの歌マネを披露。
後ろでメンバーたちも踊り出して参戦し、盛り上げ、歌を挙げたヒョジンは、『雪の華』をしっとりと歌った。
最後に、ユナクはラウンが気になるようで「かわいい顔している」と言って、話の流れから、ラウンも愛嬌を見せることになり、キュートな表情をファンに見せた。

そして、ONFは日本2ndシングル『Complete -Japanese Ver.-』を披露し、ステージを後にした。

(つづく)→次頁


*小さい写真はクリックすると大きくなります

人気記事 おすすめ記事