韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2019年6月1日12時03分 土曜日 【レポ】ソ・ガンジュン約1年振りの日本イベント『KBS World Presents ソ・ガンジュン スペシャルイベント』~5urpriseのメンバー、イ・テファン、コンミョンもスペシャルゲストとして登場!ソ・ガンジュンはナルシスト?!知られざる秘密も暴露!(1/2)

韓国の人気俳優ソ・ガンジュンの約1年振りとなる日本でのイベント『KBS World Presents ソ・ガンジュン スペシャルイベント』が2019年5月18日(土)、東京・有楽町のよみうりホールで開催された。
ソ・ガンジュンも所属するアイドルグループ5urpriseのメンバーであるイ・テファン、コンミョンもスペシャルゲストとして登場し、華を添えた。

【レポ】『KBS World Presents ソ・ガンジュン スペシャルイベント』 at よみうりホール(夜公演)(1/2)

淡い空色のスーツという涼し気なたたずまいで登場したソ・ガンジュンは、ドラマ『君も人間か?』のOST『You Are My Love』を挨拶代わりに披露。
MCの安田佑子が登場し、最近日本に旅行で来ていたことを明かされると、六本木、渋谷、表参道、原宿、麻布十番に行き、桜がきれいだったこと、また「麻布十番の蕎麦屋がとても美味しかった」と話した。このガンジュンの“麻布十番”の発音が可愛らしく、会場が沸いた。

まずはガンジュンが出演したドラマを振り返りながらのトークへ。
ドラマのダイジェスト映像が映し出され、質問コーナーへと続いた。

ドラマ『君も人間か?』では、人工知能ロボットと人間の一人二役という難しい役を演じきったガンジュン。
撮影で大変だったことを聞かれると、やはり一人二役だと撮影する分量が多く、スケジュールが大変だったとのこと。
また役になりきる切り替えについては、「髪や服装を着替えることで次第にその役に変わっていった」、また、「心の変化に必要な時間を持たせてくれた」とのこと。

ドラマ『第3の魅力』では12年間で3回恋をする役を演じたガンジュン。
「一般的なドラマのカッコいい主人公ではないキャラクターだが、それぞれの登場人物が至らない点がたくさんある、そんなところが実際の私たちに似ているところに魅力を感じた」と話した。
また、ガンジュン演じるジュニョンは潔癖なところがあるが、実際のガンジュンも似たところがあるという。料理好きという点は異なるが、僕自身を演じているような感じがあったという。
本作品はキスシーンも多く、感想を聞かれると、「うれしいです(笑)。しかしとても緊張しますし、慎重になります」と相手役への心遣いも見せた。

ドラマ『家族なのにどうして』は、ガンジュンが21歳の時に出演したホームドラマで、元アイドルでレストランのオーナーという役どころ。
好きなタイプではない人に恋に落ちてしまうという役だが、「実際にありますか?」との質問には「よくわかる。男女間の愛だけでなく、最初に会った時は何も感じなかったが、だんだんと惹かれていくということはある」と答えた。
本作品は6月13日からKBS Worldで再放送される予定となっている。

ドラマの振り返りが終わると、次は客席へ下りて行き、会場のファンからの質問に答えるコーナーへ。
「好きな日本の映画は?」の質問には是枝監督の『誰も知らない』を挙げ、「子供たちの演技が素晴らしい」と説明した。
「日本でデートに連れて行ってくれるならどこ?」の質問には「麻布十番。美味しい蕎麦屋があって…」とまた可愛らしい発音に会場が沸いた。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事