韓流Mpost

韓流Mpost

韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2024年5月19日23時17分 日曜日 現在開催中のカンヌ国際映画祭も注目のリュ・スンワン監督最新作『密輸 1970』、豪華キャストメッセージ&曲者揃いのキャラクター紹介映像解禁!

密輸を巡る海中サバイバル・バトル勃発!2023年の「第44回青龍映画賞」で最優秀作品賞を含む4冠に輝き、同年サマーシーズンの韓国で500万人以上を動員し、年間興収ランキング3位を記録した大ヒット作がついに日本上陸!キム・ヘス、ヨム・ジョンア、チョ・インソンら豪華俳優陣が集結し、稀代のヒットメーカー、リュ・スンワン監督が衝撃の実話から着想を得て作り上げた予測不能な海洋クライム・アクション『密輸 1970』(原題:밀수 英題:SMUGGLERS)が7月12日(金)新宿ピカデリーほかにて全国公開!

金塊を巡る駆引きも、命を懸けた激闘も、こじれた友情も――決着をつけるのは海の中!
『生き残るための3つの取引』『ベルリンファイル』『ベテラン』『モガディシュ 脱出までの14日間』など、韓国映画界において興行、批評の両面で確かな成功を収めてきたリュ・スンワン監督。韓国映画ファンの間で最も新作が待ち望まれたヒットメーカーの『密輸 1970』は、1970年代の韓国の沖合で密輸犯罪が盛んに行われていたという史実に基づく海洋クライム・アクション!しかも海底に沈められた密輸品の引き上げに挑む主人公は、何とのどかな漁村で暮らすごく平凡な海女さんたち!本作でダブル主演を務めるのはキム・ヘス、ヨム・ジョンアというふたりのスター俳優。『国家が破産する日』のキム・ヘス演じる奔放で頭が切れるチュンジャと、「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」のヨム・ジョンア演じる責任感の強いジンスクが、互いへの猜疑心に揺らぎながらも共闘し、海女としての意地とプライド、女性同士の連帯感を爆発させるクライマックスが熱い興奮を呼び起こす。
リュ・スンワン監督は、現在開催中の第77回カンヌ国際映画祭のミッドナイトスクリーニング部門にて新作の『ベテラン2』が、現地時間の20日夜に上映予定。2005年に『クライング・フィスト』で同映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞したリュ・スンワン監督だが、今年、韓国映画の長編(フィクション)では唯一の作品としてカンヌ国際映画祭に公式招待され、再びカンヌの地を踏み、話題を集めている。

この度、そのリュ・スンワン監督が「主人公のチュンジャとジンスクを演じる女優をキャスティングする際、同時に思い浮かべた」というほど出演を熱望したキム・ヘス、ヨム・ジョンア、そして密輸王クォン役チョ・インソン(『モガディシュ 脱出までの14日間』「ムービング」)、チンピラのドリ役パク・ジョンミン(『ただ悪より救いたまえ』)、税関のジャンチュン役キム・ジョンス(『工作 黒金星と呼ばれた男』)、オップン役コ・ミンシ(『The Witch 魔女』)より日本の観客にむけたメッセージと曲者揃いのキャラクター紹介映像が解禁!まずヨム・ジョンアが「みなさん、こんにちは」と日本語で挨拶。そして「『密輸 1970』まもなく公開です」(キム・ヘス)、「海女たちと密輸業者たちの 騙し騙されの海洋クライム・アクション」(チョ・インソン)とコメント。パク・ジョンミンは「監督、スタッフ、出演者全員が全力で臨みました」と自信をみせる。さらに「この夏 スカッとする映画『密輸 1970』」(キム・ジョンス)、「ぜひ楽しんでください」(コ・ミンシ)と続き、最後に全員で「映画館で会いましょう」と笑顔でメッセージを寄せている。

続くキャラクター紹介映像では、キム・ヘス演じる元海女で頭の切れるチュンジャが、密輸王クォンに対し口八丁で取り入ろうとする様子や、ヨム・ジョンア演じるジンスクが海女たちのリーダーとしての強さをみせる場面などを紹介。そしてリュ・スンワン監督が「(前作の)『モガディシュ 脱出までの14日間』とは異なるチョ・インソンの魅力を引き出すために心血を注いだ」と語るチョ・インソンが、「俺を知ってるな?1対1で対面したらどうなるかも?」と裏社会を牛耳る密輸王のカリスマ感を醸し出す。さらにパク・ジョンミン演じる「やってられねえよ」と不満を爆発させるチンピラ・ドリ、キム・ジョンス演じる摘発率100%を目指し密輸現場に乗り込む税関のジャンチュン、コ・ミンシ演じる「おこぼれをくれる?」と小悪魔的な喫茶店オーナー・オップンという曲者揃いのキャラクターが勢ぞろいし、それぞれの思惑が絡み合うストーリー展開に期待が高まる。
特に、第44回青龍映画賞に続き、先日発表された「第60回百想芸術大賞」の映画部門で本作により助演男優賞を受賞したベテラン俳優キム・ジョンスは、その壇上で「私を本作のイ・ジャンチュン役にキャスティングして下さったリュ・スンワン監督。シナリオをいただいた時から有難く、本当に頑張らなければいけないという思いを強く感じました。いい作品にしていただいたことにも感謝しております」と感激の面持ちでスピーチ。同じく会場にいたリュ・スンワン監督、ヨム・ジョンア、パク・ジョンミン、コ・ミンシも大興奮で、本作へのキャストの強い思いとチームワークの良さも垣間見られた。
巨額の金塊をめくる命懸けの大乱戦をサバイブし、最後に笑うのは誰なのか!世界が注目するリュ・スンワン監督が贈る、昨年の韓国サマーシーズンに大ヒットした爽快騙し合いバトルが今年の猛暑を吹き飛ばす!

『密輸 1970』
<STORY>
1970年代半ば、韓国の漁村クンチョン。海が化学工場の廃棄物で汚され、地元の海女さんチームが失職の危機に直面する。リーダーのジンスクは仲間の生活を守るため、海底から密輸品を引き上げる仕事を請け負うことに。ところが作業中に税関の摘発に遭い、ジンスクは刑務所送りとなり、彼女の親友チュンジャだけが現場から逃亡した。
その2年後、ソウルからクンチョンに舞い戻ってきたチュンジャは、出所したジンスクに新たな密輸のもうけ話を持ちかけるが、ジンスクはチュンジャへの不信感を拭えない。密輸王クォン、チンピラのドリ、税関のジャンチュンの思惑が絡むなか、苦境に陥った海女さんチームは人生の再起を懸けた大勝負に身を投じていくのだった……。

監督:リュ・スンワン『モガディシュ 脱出までの14日間』『ベテラン』
出演:キム・ヘス『国家が破産する日』、ヨム・ジョンア「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」、チョ・インソン『モガディシュ 脱出までの14日間』「ムービング」、パク・ジョンミン『ただ悪より救いたまえ』、キム・ジョンス『工作 黒金星と呼ばれた男』、コ・ミンシ『The Witch 魔女』
脚本:リュ・スンワン、キム・ジョンヨン、チェ・チャウォン
製作:外柔内剛
提供:KADOKAWA Kプラス、MOVIEWALKER PRESS KOREA
配給:KADOKAWA、KADOKAWA Kプラス
原題:밀수/英題:SMUGGLERS/2023年/韓国/韓国語/129分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/字幕翻訳:根本理恵
mitsuyu1970.jp
公式SNS(X)@mitsuyu1970
(C) 2023 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K. All Rights Reserved.
『密輸 1970』ムビチケ前売券(オンライン)好評販売中!https://mvtk.jp/Film/085907
7月12日(金)新宿ピカデリー 他 全国ロードショー!



人気記事 おすすめ記事


Copyright © 韓流Mpost All Rights Reserved.
当サイトの情報の転載、複製、改変等は禁止いたします
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています
運営者情報 ※外部サイトにリンクしています