韓流Mpost

韓流Mpost

韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2024年7月4日21時02分 木曜日 【オフィシャルレポ】芸人みなみかわ登壇!『密輸 1970』トークイベント オフィシャルレポート!「女性たちの活躍が痛快で爽快!まさに韓国版“あまちゃん”」と太鼓判

金塊を巡る駆引きも、命を懸けた激闘も、こじれた友情も――決着をつけるのは海の中!
密輸を巡る海中サバイバル・バトル勃発!2023年の「第44回青龍映画賞」で最優秀作品賞を含む4冠に輝き、同年サマーシーズンの韓国で500万人以上を動員し、年間興収ランキング3位の大ヒットを記録。キム・ヘス、ヨム・ジョンア、チョ・インソンら豪華俳優陣が集結し、稀代のヒットメーカー、リュ・スンワン監督が衝撃の実話から着想を得て作り上げた予測不能な海洋クライム・アクション『密輸 1970』(原題:밀수 英題:SMUGGLERS)がいよいよ7月12日(金)新宿ピカデリーほかにて全国公開!

『生き残るための3つの取引』『ベルリンファイル』『ベテラン』『モガディシュ 脱出までの14日間』など、韓国映画界において興行、批評の両面で確かな成功を収めてきたリュ・スンワン監督。韓国映画ファンの間で最も新作が待ち望まれたヒットメーカーの『密輸 1970』は、1970年代の韓国の沖合で密輸犯罪が盛んに行われていたという史実に基づく海洋クライム・アクション!しかも海底に沈められた密輸品の引き上げに挑む主人公は、何とのどかな漁村で暮らすごく平凡な海女さんたち!本作でダブル主演を務めるのはキム・ヘス、ヨム・ジョンアというふたりのスター俳優。『国家が破産する日』のキム・ヘス演じる奔放で頭が切れるチュンジャと、「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」のヨム・ジョンア演じる責任感の強いジンスクが、互いへの猜疑心に揺らぎながらも共闘し、海女としての意地とプライド、女性同士の連帯感を爆発させるクライマックスが熱い興奮を呼び起こす。
さらに、密輸王クォン役チョ・インソン、チンピラのドリ役パク・ジョンミン、税関のジャンチュン役キム・ジョンス、注目の若手コ・ミンシまで、新旧の実力派俳優が勢揃いし、予測不能な海洋クライム・アクションを展開する!

この度、公開に先駆けて、7月2日(火)に特別試写会を実施!上映後には、映画好きで知られる芸人のみなみかわ氏と映画パーソナリティの伊藤さとり氏が登壇してのトークイベントを実施!「観ていてずっと面白かった!」と本作の魅力を熱く語りました。
このイベントのオフィシャルレポートが到着しました。

『密輸 1970』試写会トークイベント
【日程】7月2日(火)※上映後トーク
【場所】日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(千代田区日比谷公園1-4 地下1階)
【登壇者(敬称略)】みなみかわ(芸人)、伊藤さとり(映画パーソナリティ)

実話から生まれた予測不可能な海洋クライム・アクション『密輸 1970』(7月12日公開)。7月2日には都内で特別試写会が実施され、ピン芸人のみなみかわと映画パーソナリティの伊藤さとりが上映後にトークを繰り広げた。

『ベテラン』『モガディシュ 脱出までの14日間』などで知られる“韓国のタランティーノ”ことリュ・スンワン監督が、1970年代の韓国で実際に海女たちが密輸犯罪に関わっていたという史実に着想を得て放つ海洋クライム・アクション作。昨年夏に韓国で大ヒットを記録し、韓国の権威ある映画賞・青龍映画賞では作品賞、助演男優賞、新人女優賞、音楽賞の4冠に輝き、大鐘賞では監督賞、百想芸術大賞映画部門では助演男優賞を受賞した。

母親が熱狂的イ・ビョンホンのファンだった事から、韓国ドラマ&韓国映画好きになったというみなみかわ。本作については「観ていてずっと面白かった。水中アクションは珍しいし、『RRR』っぽさもあって凄く良かった。会話もクスっと笑えるし、シリアス過ぎないのもいい。時間軸をシャッフルするタイムトリックもタランティーノみたい」と太鼓判を押した。

一方、伊藤も「この世代の女性たちを主人公にしてくれたのが嬉しかった。韓国映画は脂の乗った男たちが暴れる映画が多いけれど、それを女性たちに置き換えてのアクションあり、嫉妬あり、世代を超えたシスターフッド感もありで最高。展開も飽きさせることなく、まさかのサメ映画にもなっている」と称えると、みなみかわは「まさに韓国版『あまちゃん』ですね!」と断言していた。

またみなみかわは、キム・ジョンスが演じた検挙率100%に挑戦する税関係長ジャンチュンを推しキャラに挙げて「韓国映画には必ずこういう顔をした悪い官僚がいる。最終的に絶対に悪い奴になるし、しっかりとやらかしてくれるのも良い」とお気に入りで「日本の俳優だったら和製ハーヴェイ・カイテルこと西岡徳馬さんに演じてほしい」と期待した。

劇中には海女さんたちの貧困を表す市場での物悲しいシーンがあるが、みなみかわは「あのシーンを観た時に、昔おばあちゃんが公園で採ったタンポポの葉っぱで作ったあえたものを食べさせられていたことを思い出した」とノスタルジー。伊藤は物語の舞台が1970年代であることに触れて「音楽やファッションに懐かしさがあるけれど、今の時代で見ると一周回ってレトロなオシャレさになっている」と見どころに挙げていた。

そんな中、『密輸 1970』妄想日本版リメイクトークに花が咲いた。大物俳優から人気の若手まで様々な俳優の名前が妄想キャスティングで挙がると、客席から納得の声が出たり異議の声が出たり…。会場を巻き込んでのまさかの盛り上がりに大、みなみかわは「こんなに白熱するとは。皆さん、本当にリメイクされるわけではないですからね!?」と注意喚起していた。

日本公開に合わせてリュ・スンワン監督とチョ・インソンの来日も決定したばかり。このニュースにみなみかわは「めちゃめちゃ会いたい!」と大興奮で、伊藤も「リュ監督はアクション、男臭さ、スピーディーな展開がめちゃくちゃカッコいい監督。エンターテインメントとして社会問題を取り上げる天才で映画を通して世界を広げるのが上手い。来日時には次にどんな作品を手掛けたいのか聞きたい」と来日を心待ちにしていた。

最後にみなみかわは「女性たちの活躍が爽快で痛快。老若男女にお勧めできる映画です。時間軸のシャッフルにも驚かされるし、一つ一つの展開も気持ちがいい。是非とも映画館の大きなスクリーンでご覧いただきたいです」と猛プッシュしていた。

『密輸 1970』
<STORY>
1970年代半ば、韓国の漁村クンチョン。海が化学工場の廃棄物で汚され、地元の海女さんチームが失職の危機に直面する。リーダーのジンスクは仲間の生活を守るため、海底から密輸品を引き上げる仕事を請け負うことに。ところが作業中に税関の摘発に遭い、ジンスクは刑務所送りとなり、彼女の親友チュンジャだけが現場から逃亡した。
その2年後、ソウルからクンチョンに舞い戻ってきたチュンジャは、出所したジンスクに新たな密輸のもうけ話を持ちかけるが、ジンスクはチュンジャへの不信感を拭えない。密輸王クォン、チンピラのドリ、税関のジャンチュンの思惑が絡むなか、苦境に陥った海女さんチームは人生の再起を懸けた大勝負に身を投じていくのだった……。

監督:リュ・スンワン『モガディシュ 脱出までの14日間』『ベテラン』
出演:キム・ヘス『国家が破産する日』、ヨム・ジョンア「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」、チョ・インソン『モガディシュ 脱出までの14日間』「ムービング」、パク・ジョンミン『ただ悪より救いたまえ』、キム・ジョンス『工作 黒金星と呼ばれた男』、コ・ミンシ『The Witch 魔女』
脚本:リュ・スンワン、キム・ジョンヨン、チェ・チャウォン
製作:外柔内剛
提供:KADOKAWA Kプラス、MOVIEWALKER PRESS KOREA
配給:KADOKAWA、KADOKAWA Kプラス
原題:밀수/英題:SMUGGLERS/2023年/韓国/韓国語/129分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/字幕翻訳:根本理恵
mitsuyu1970.jp
公式SNS(X)@mitsuyu1970
(C) 2023 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K. All Rights Reserved.
『密輸 1970』ムビチケ前売券(オンライン)好評販売中!https://mvtk.jp/Film/085907
7月12日(金)新宿ピカデリー 他 全国ロードショー!



人気記事 おすすめ記事


Copyright © 韓流Mpost All Rights Reserved.
当サイトの情報の転載、複製、改変等は禁止いたします
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています
運営者情報 ※外部サイトにリンクしています