韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年2月23日11時11分 火曜日 【オフィシャルインタビュー】青春コメディ・ミュージカル「そうだってさ」クリエイティブチーム深層インタビューが到着!

3月9日から溝ノ口劇場で上演されるミュージカル「そうだってさ」。
本作のクリエイティブチームの深層インタビューが到着しました。

【青春コメディ・ミュージカル「そうだってさ」クリエイティブチーム深層インタビュー】
<質問>
1.韓国の作品ということですが、最初どう感じましたか。気を付けた点などがあれば教えてください。
2.この作品の見てほしいポイントはありますか?
3.作品を通して自分の考えが変わったところはありますか?
4.作品の魅力ポイントを教えてください。
5.自分をこの作品のキャラクターに当てはめるなら、どのキャラクターですか?理由とともに教えてください。
6.ファン・お客様に一言お願いします。

<上演台本・共同作詞・演出:中山大輔>
1.正直、最初にオファーを頂いた時はすごく不安でした。というのも、僕は「韓国ミュージカル」を2、3作品ほどしか見たことがなく、そのどれもが悲しい物語でしたので、勝手に韓国の作品はそういった悲しいものが多いと思っていたからです。しかし、台本を読み、コメディの要素が多くあることから、内心すごくホッとしたのを覚えています。僕はコメディが大好きなので(笑)
稽古では、わざとらしくならないように笑いの要素をどう作品に組み込んでいくか、を考えながら、俳優と共に丁寧にシーンを作っていきたいと思います。
3.作中でジョルスとヨンイは「どうせあいつは○○だろう」と勝手に決めつけ、関係がこじれてしまいます。僕自身も先述した通り、「韓国ミュージカルは悲しいものが多い」と勝手に決めつけ、苦手意識を持っていました。このように先入観にとらわれてしまうと、自分の大切なものや成長するチャンスを自ら捨ててしまうことになる、と改めてこの作品が気づかせてくれましたね。
4.西出さんの曲は本当に名曲揃いです。とにかく口ずさみたくなるような曲ばかりで、僕も部屋で一人で歌ってます。(笑)
そしてもちろん、その素晴らしい曲を歌いあげる俳優の皆さんの歌声にも、ぜひ注目してほしいですね。
5.僕はまるっきりジョルスだと思います。学生の時から、自分の追い求めることに必死で、知らないところで人を傷つけてしまうことが多くありましたね…。他にも、人の気持ちに鈍感なところとか似ていると思います。(笑)
6.去年は世界中でコロナに関する暗いニュースが飛び交いました。今でもその脅威は続いています。そんな時だからこそ、少しでも見に来てくださるお客様が明るい気持ちになれるような作品にしたいと思っています。ぜひとも劇場にて、ご観劇していただきたいです。よろしくお願い致します。

<作曲・編曲・音楽監督:西出真理>
1.作中には韓国の地名や人名や料理名など出てくるので、それらを調べて作品内でのニュアンスをより具体的に想像したりするのが楽しかったです。例えば作中に出てくるとある地名について、脚本の白さんに「これって日本の地名に例えるとどういう位置付けの場所なのでしょう?」と伺ったところ、「江ノ島」という答えを頂いたので「なるほどー!」と合点したり。音楽的な話をすると、韓国ミュージカルの楽曲を聴いてみたり、テレビで韓国ドラマがやっていると意識的に見たりもしました。
2.タイトルの「そうだってさ!」の意味とは?とても楽しく甘酸っぱいシーンを通してそれがわかると思うので、是非お楽しみに!主人公3人それぞれの内面を描いた曲も、全員での底抜けに明るいダンスナンバーも、ぜひお聞きいただけると嬉しいです。
3.変わったというよりも、伝えるということの尊さを改めて感じましたし、大切にしていきたいと思いました。一方的なだけでなく、伝わるように伝えるというのはとても難しくて、その難しさは日本語でも韓国語でも英語でも広東語でも手話でもどんな言語でもきっと変わらない。でも、根底に伝える相手への思いやりと素直な気持ちさえ忘れなければきっと大丈夫だし、本当に必要なものはとてもシンプルなんですよね。
4.等身大のキャラクターそれぞれがとても愛おしくて魅力的!良い意味で肩の力を抜いて見られる、ラブコメディーになっていると思います。
5.間に入って「まあまあ」と宥めるという意味ではハヨかなと思います。
6.このようなご時世ではありますが、できる限りの感染対策をしつつ、皆様に元気を届けられるよう一同精一杯稽古しております。劇場で見守っていただければ幸いです。

<振付:麓有希>
1.韓国の美味しい料理に、たっぷりのコメディーで、とにかく楽しくなりそう!!でした。
気をつけたことは、ガチガチのミュージカルではない振り付けを創ったことですね。
2.盛りだくさんの歌と、会話のキャッチボール、それから限られたスペースを活用し、しっかり踊ってるところ!
3.言わなくてもわかってもらえてる、わかって欲しいって思っていました。でも大切な相手なら尚更しっかり向き合って、ことばで伝えていきたいと思うようになりました。
4.どこのシーンも魅力的、個人的にはテソンのキャラクターが安心して笑えるから好きですね。
5.自分はハヨだと思ってましたが、みんなからはヨンイだと言われました。どうやらまわりに気を使わ(え)ない?と言う理由だそうです。
6.こんなご時世ではありますが、とにかく笑いに来てください!!来たからには、楽しんで、ついでにちょっと考え事もして、そしてまた笑って、今日も良い1日だったと思ってもらえたら、最高です!

青春コメディ・ミュージカル「そうだってさ」
●日程:2021年3月9日(火)~14日(日)
●公演時間:(30分前オープン)
・3月9日(火)19:00 チームA
・3月10日(水)15:00 チームB/19:00 チームB
・3月11日(木)15:00 チームA/19:00 チームB
・3月12日(金)15:00 チームB/19:00 チームA
・3月13日(土)12:30 チームB/16:00 チームA/19:00 チームA
・3月14日(日)13:00 チームB/17:00 チームA
●キャスト:
《チームA》
 チ・ハヨ役:谷口あかり
 キム・ジョルス役:杉山慶輔
 イ・ヨンイ役:遠藤友歌里
《チームB》
 チ・ハヨ役:石井仁美
 キム・ジョルス役:鈴木勤
 イ・ヨンイ役:若海千尋
《両チーム出演》
 テソン役:愛太
 店員役:立花遥花
●会場:溝ノ口劇場(神奈川県川崎市高津区久本3丁目1-5 ミュージション溝の口 B1F)
●チケット:5,000円(別途 1ドリンク 600円)
●チケット販売:https://smh.tstar.jp/
 1月25日 10:00販売開始
 *俳優を選んで(もしくは「一般」を選択)ご購入下さい。
●作曲・編曲・音楽監督:西出真理
●作・作詞・総括プロデューサー:白聖虎
●上演台本・共同作詞・演出:中山大輔
●振付:麓有希
●プロデューサー:松藤美瑳子
●美術統括:奥井まゆ
●翻訳:KANG Sun Ja
●製作協力:増村直人
●音響プラン:塩澤宏光
●音響オペレーター:久門美佑
●照明デザイン:吉川雄介
●スチール撮影:鈴木彩夏
●財務:青山志野
●企画:story farm ~WHITE TIGER
●制作主管:Smile Music Hour
●主催:合同会社 MAU
●協力:S.F. Press

<あらすじ>
イ・ヨンイ、キム・ジョルス、チ・ハヨの三人は高校時代から大の仲良し。
三人はつねに一緒だが、ヨンイとジョルスはやたら馬が合うのに、二人だけだといつも口喧嘩になる。ハヨはそんな二人の間で、気苦労が絶えない。
ところが今回は少しばかり様子が違う。合うはずのヨンイとジョルスが、そもそも口を聞こうとしないのだ。口を聞かない割に会いはするが、すべて聞こえていながらも直接話そうとせず、真ん中にハヨを挟んで口伝えを頼む。
以前、チョンピョン(清平)へ一緒に行くことにしていたのに、ジョルスが当日ドタキャンしたことが気に食わないヨンイは、再度チョンピンに行こうと誘われると怒ってしまう。
そんな中、三人はテレビの企画で、番組のインタビューを受けることになる。
インタビューによって、三人はそれぞれ自分の本心を打ち明けることになるが…。

□ミュージカル「そうだってさ」公式BLOG:https://ameblo.jp/grotagohe/
□ミュージカル「そうだってさ」公式Instagram:https://www.instagram.com/musical_soudattesa/
□ミュージカル「そうだってさ」公式twitter:https://twitter.com/Soudattesa

人気記事 おすすめ記事