韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2013年10月23日18時23分 水曜日 【レポ】超新星ソンジェ主演ミュージカル『太陽を抱く月』プレス発表会~メンバーのゴニルも応援に!(1/3)

最高視聴率42.2%、平均視聴率32.9%を記録、2012年度の韓国歴史ドラマ視聴率ランキングNo.1の韓国ドラマ『太陽を抱く月』のミュージカル版が、ついに日本に上陸。
ドラマ版で一躍人気を博したキム・スヒョンが演じたフォン役として白羽の矢が立ったのは、日本で絶大なる人気の超新星のソンジェ、そしてヨヌ役には、天上智喜のリナ。
この主演の超新星ソンジェと天上智喜リナが、10月23日(水)東京・六本木のThe Terrace TOKYOで行われた『太陽を抱く月』(12月12~15日、東京・青山劇場)のプレス発表会に出席した。

このミュージカルは、今年6月に韓国で初演を終え、クオリティの高さで好評を博したミュージカルで、制作陣にも注目!
登場人物の繊細な感情を表現する脚本とロマンチックな歌詞、そして演出は『モーツアルト』『エリザベート』などのミュージカルの作詞と演出を手がけたパク・インソン。『ワンドゥギ』『Street Life』などの創作ダンスを手がけたチョン・ドヨンが振り付けを担当、『ドクトルジバコ』『ジキルとハイド』を作曲したウォン・ミソルなどの実力派揃い。
そして2013年10月7日に行われた「第19回韓国ミュージカル大賞」では、ウォン・ミソルが音楽賞を受賞!

【レポ】超新星ソンジェ&天上智喜リナ登壇!ミュージカル『太陽を抱く月』プレス発表会 at The Terrace TOKYO(1/3)

プレス発表会場の前に待機していると、到着したソンジェがスーツケースを引きながら、元気よく笑顔で丁寧に記者たちに挨拶しながら控え室へ入っていった。


会見が始まると、ソンジェは素敵な黒のスーツ姿でスラッとしていてカッコよく、リナは細くてスタイル抜群で、ふたりで立ったバランスがとてもいい感じ。
何とふたりは、この会見で初顔合わせだったそう。

Q.オファーをもらった時の気持ちは?
ソンジェ僕はついに王になれるんだな、と思いました。ソンジェという名前は、漢字で「成帝」と書きますが、名前の通りに2013年についに王になるんだな、と気分が良かったです。作品としても、韓国では、ドラマとしてミュージカルとして、とても成功している作品ですので、日本で演じることができて光栄です。
リナソンジェさんが、みなさんがご存知の通り、とてもきれいなお顔をされているので、ビジュアルがちょっと負担だな、というところがありました。演技でがんばって楽しんでいこうと思います。

(つづく)→次頁

人気記事 おすすめ記事