韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年3月10日22時07分 水曜日 ヤバい奴らにご用心!マ・ドンソク主演『ザ・バッド・ガイズ』海外版キャラクターポスター&キャストコメント解禁!

『新感染 ファイナル・エクスプレス』『悪人伝』のマ・ドンソク主演最新作『ザ・バッド・ガイズ』を4月9日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国公開となります。そしてこの度、海外版キャラクターポスターとキャストのコメントが解禁となりました。

2019年、興行の繁忙期となる秋夕(旧暦のお盆)連休期間に観客動員数第1位の大ヒットを記録した『ザ・バッド・ガイズ』。主演は、大ヒット作『犯罪都市』の日本リメイク決定のニュースや今年公開予定のMCU作品『エターナルズ(原題)』のプロモーションアート解禁も大いに話題を呼んだマ・ドンソク。共演にベテラン俳優で司会者としての顔も持つキム・サンジュン、ドラマでも印象的なヒロイン役を多く務めるキム・アジュン、モデル出身で映像作品でも快進撃を続ける若手実力派チャン・ギヨン。凶悪犯たちの脱走という前代未聞の事件解決の為、召集された特殊犯罪捜査課=バッド・ガイズのメンバーを個性豊かに演じる。

この度バッド・ガイズのキャラクターポスターがお目見え。思わずニヤリとするような特徴を捉えた一言紹介、前職、罪状、量刑が明記され、指紋もばっちり抑えられてはいるが、指名手配書のように見えるのも味わい深い。


主演のマ・ドンソクは唯一無二の<拳>でのアクションを炸裂させる、情に厚くユーモアにも富んだ元ヤクザの“THE 筋肉”パク・ウンチョルを演じる。ウンチョルについて、マ・ドンソクは「アクション映画で求められる魅力が詰め込まれた、原点のようなキャラクターだ」と語っている。一触即発を問わない危うい雰囲気の“キケンな新人”コ・ユソン。演じるチャン・ギヨンは本作がスクリーンデビュー作品となる。片手をこめかみに寄せ、挑発的な視線を送る“天才詐欺師”のクァク・ノスン。演じるキム・アジュンは「ひたすら利己的。けれどもおしゃべりで、人間味のある詐欺師だと思う」と分析。バッド・ガイズの設計者オ・グタクを演じるキム・サンジュンはポスター通り銃撃アクションが見せ場だ。個々の魅力が炸裂したキャラクターポスターで、いち早く彼らのチャームポイントを先取りしてほしい。

『ザ・バッド・ガイズ』
<STORY>
囚人たちを乗せて走る護送車が、覆面をした武装集団に突如襲撃されるという重大事件が発生。数多くの凶悪な犯罪者たちが野に放たれ、行方をくらませてしまった。この史上最悪の事件を受けて、警察の上層部は逃亡した凶悪犯たちを再び捕まえる為、元警察官のオ・グタクに指令を出し、過去に重大な罪を犯して刑務所に収監されている服役囚たちを集めた極秘プロジェクト、“特殊犯罪捜査課”を始動させる。オ・グタクは過去に一緒に行動したことがあり、“伝説の拳”と呼ばれて恐れられているパク・ウンチョルを仲間に引き入れ、どこか信用できないが頭は切れる天才詐欺師のクァク・ノスン、犯人逮捕の際に過失致死に問われた無鉄砲な元警察官のコ・ユソンをメンバーに加えた最凶のチームを結成。減刑を条件として、時に協力し合い、時に衝突しながらも凶悪犯たちを追い詰める。しかし、今回の事件の背後には国家を揺るがす巨大な陰謀が見え隠れし、謎の組織が暗躍していた。

出演:マ・ドンソク『新感染 ファイナル・エクスプレス』、『悪人伝』、キム・サンジュン『マイ・ボス・マイ・ヒーロー2 リターン』、キム・アジュン『カンナさん大成功です』、チャン・ギヨン「ここに来て抱きしめて」
監督:ソン・ヨンホ『鬼はさまよう』
2019年/韓国/115分/カラー/シネマスコープ/5.1CH
原題:나쁜 녀석들:THE MOVIE/英題:THE BAD GUYS:REIGN OF CHAOS
映倫:G
配給:エスピーオー
提供:TIMO Japan/エスピーオー
(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:thebadguys.jp
4月9日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国ロード-ショー