韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年6月24日09時59分 日曜日 イ・ビョンホンめがけて無数の矢が放たれる!!国の運命を背負った者たちの凄烈な戦い―『天命の城』監督こだわりの戦闘シーンが公開!

『トガニ 幼き瞳の告発』『怪しい彼女』の俊英ファン・ドンヒョクが監督を務め、イ・ビョンホンとキム・ユンソクをW主演に迎えた歴史大作『天命の城』が6月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開となりました。

国の存亡を賭けた男たちの熱き47日間の闘いを描いた、真実の歴史大作
監督を務めたのは『トガニ 幼き瞳の告発』や『怪しい彼女』のファン・ドンヒョク。
主演には王と民が生き延びることを第一に考え、清との和平交渉を主張する吏曹大臣チェ・ミョンギル役にハリウッドでも活躍するトップスター、イ・ビョンホン。
そしてもう一人、大儀と名誉を重んじ最後まで戦うことを主張する礼曹大臣キム・サンホン役に『チェイサー』『哀しき獣』のキム・ユンソクを迎えた。
2人の大臣の対立の中で決断を迫られる朝鮮国王・仁祖には『神弓-KAMIYUMI-』のパク・ヘイル、山城の鍛冶屋役にコ・スと、韓国映画界を代表する俳優陣の豪華共演となっている。
また、今回音楽を手掛けた坂本龍一は本作が監督映画念願の初参加となっている。

朝鮮vs清 臨場感あふれる迫力の戦闘シーンが公開!

この度公開となった映像では、時代劇初挑戦となったファン・ドンヒョク監督をはじめとする制作陣の並々ならぬ闘魂をそのまま感じることができる。
ファン監督はオールロケーションでの撮影に加え、専門家の時代考証を参考に、小物の一つ一つに至るまでリアルに再現することにこだわった。監督のもとに集結した韓国一流の美術スタッフは、当時の材料を使い6か月もの手作業を経て完成させた。朝鮮と清の戦闘シーンでは軍事たちが使用した火縄銃や刀、弓も実際のサイズで再現され、彼らの投球や鎧は当時の戦争で使用した家畜の皮と画仙紙などの材料で作られた。圧巻の清の騎馬隊が迫りくる迫力のシーンについてファン監督は「今回の撮影で最も苦労したことは馬の扱いでした。朝鮮と清の戦いのシーンでは、60頭ほどの馬を一斉に走らせました。大きさや走力も違うので合わせるのが大変なことに加え、思ったような動きをしないので時間がかかり、すごく苦労しました。もう馬を使った撮影は二度とやりたくないです(笑)!」と後に語っている。細部までこだわり抜き、正統な時代劇をつくり上げるため徹底してリアリティを追求したスタッフの努力の賜物である圧巻の戦闘シーンは必見だ。

『天命の城』
監督:ファン・ドンヒョク『怪しい彼女』『トガニ 幼き瞳の告発』
音楽:坂本龍一
出演:イ・ビョンホン『王になった男』 キム・ユンソク『哀しき獣』 パク・ヘイル『神弓-KAMIYUMI-』 コ・ス『マルティニークからの祈り』
(C)2017 CJ E&M CORPORATION and SIREN PICTURESALL RIGHTS RESERVED
2017年/韓国映画/139分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:根本理恵/原題:남한산성/提供:ツイン、Hulu/配給:ツイン
公式サイト:http://tenmeinoshiro.com/
6月22日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
<STORY>
1636年、清が朝鮮に侵入し「丙子の役」が勃発。敵軍に完全包囲され、冬の厳しい寒さと飢えが押し寄せる絶体絶命の状況の中、朝鮮の未来を見据えた大臣たちの意見は激しく対立する。平和を重んじ清と和睦交渉を図るべきだと考える吏曹大臣チェ・ミョンギル(イ・ビョンホン)と、大義を守るべく清と真っ向から戦うことを主張する礼曹大臣のキム・サンソン(キム・サンソク)。対立する二人の大臣の意見に王・仁祖の葛藤が深まる。抗戦か、降伏か。朝鮮王朝の運命は――!?