韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年12月31日21時57分 金曜日 【オフィシャルインタビュー】「女神降臨」チャウヌ(ASTRO)オフィシャルインタビュー

頭脳明晰で誰もが認めるイケメン、男女問わず大人気のボーイズグループASTROチャウヌ主演ドラマ最新作「女神降臨」のDVDが発売&レンタル中です。

スポーツ万能で学年トップの秀才だが心に深い傷を負っているイ・スホ役を好演したチャウヌ(ASTRO)のオフィシャルインタビューが到着しました。

【オフィシャルインタビュー】「女神降臨」チャウヌ(ASTRO)

―ドラマ『女神降臨』に出演することになったきっかけや経緯を教えてください。
これからどんなことをしたらいいんだろうと悩んでいた時に、(ASTROの)メンバーが「女神降臨って知ってる?スホってキャラクターがウヌそっくりなんだよ」と教えてく「へ~そうなんだ後で見てみるね~」と、こんなやりとりをしたんですよ。そうしたらその1週間後にこのドラマのお話をいただいたんです。
お話をいただいてから、実は結構悩んだりもしました。周りの人たちともよく話し合いをして解決しながら、なんといってもこの『女神降臨』というドラマで僕の新しい姿をお見せできるのではないかと思いましたし、このスホという役を演じてみたくもありました。少し切なく、心が惹かれる感じがして。そうしてこのドラマへの出演を決めました。

―このドラマを通していつもとは違う新しい姿を見せたいという気持ちもありましたか?
完全に新しい姿をお見せしようと思ったというよりは、『女神降臨』のスホという役を演じながら“あ!ここの部分、前より成長したな”と思っていただけるように考えながら取り組みました。

―スホというキャラクターについてウヌさん自身がどう解釈したのか、また、どんなキャラクターなのかを紹介してください。
まずスホへの第一印象は“すごくかっこいい男の子”でしたね。本当に僕が演じることができるのかなと不安になったくらいかっこいい子なんですよ。作品を読んで、さらにスホの内面を知るうちにスホが抱えている辛さも感じて。この部分を誰よりも自分自身が理解して上げることでスホというキャラクターを表現できるのではないかと思い、その面に一番集中していました。

―スホの様々な面を見て、歩み寄ることができるよう努力したとおっしゃっていましたが、スホの性格や一面など共感した部分はありますか?
この部分がというよりはただ、共感できる部分が多かったですね。まず、高校生が直面するであろう大変なつらさも抱えていますし。本人のせいで友達を亡くしたのはすごくつらい事じゃないですか。それを抱えて生きているスホがすごくつらくて可哀想だと思いますし、今後誰よりも幸せになってほしいという気持ちが自分の中でとても大きかったです。

―本人のせいで親友がこの世を去ってしまったというトラウマは、克服するのが難しい事だと思うのですが、演技をしながら理解しようと努力されましたか?
スホを理解するというよりはスホと対話するというイメージでした。スホがどんな子で、どんなつらさを抱えているのか。冷たいといっても、冷たい性格をしているのではなくそうなってしまった理由があったわけで。

―怒りをぶつけたり、涙の演技など、今作は特に感情シーンが多いドラマだったと思いますがどのような事前準備をされましたか?また大変だったことなどありましたら教えてください。
大変でした。シーンだけ考えると難しそうに感じたのですが、様々なことを経験して今この状況に面しているんだと思うと少しだけ集中しやすかったです。シーンだけを一つの方向から見るとこんな状況をどうやってと思ったりもしましたが、スホの経験を考えると浮かび上がってくる感情もあり、スホという人間に歩み寄ることができたと思います。

―そんな中、スホはジュギョンのどんなところに惹かれたと思いますか?
運命的な出会いだったのではないかと思います。屋上での出会いから、学校でもずっとそうですし。ジュギョンの言葉がスホに響いた部分もあって2人の関係が始まったのではないかと思います。

―ジュギョンは自分にコンプレックスがあって、それを隠しています。スホにとって彼女のコンプレックスはそこまで大きく感じるものではないのでしょうか?
メイク前でも後でも同じように接してくれる唯一の存在がスホであり、スホはメイクをしていてもしていなくても、そのこと自体は特に気にしていないんだと思います。見ている部分はそこではなくて、言葉だったり行動、態度だったり。外見的なところを気にする子ではないのだと思います。

―視聴者の皆さんに紹介したい胸キュンシーンは?
バスの停留所でジュギョンと「私ブサイクだから…」「メイクしなくても綺麗じゃん」というやりとりがあるシーンがあって、ジュギョンは恥ずかしくてバスに乗って行ってしまうシーンがあるんですけど2人ともすごくかわいらしいなと思ったシーンでした

―撮影現場の雰囲気をレポートしていただきたいのですが、現場での一番のムードメーカーはどなただったのでしょうか。
スホです!…(笑)。楽しく過ごしていたと思います。ふざけるのも好きですし。でも僕だけではなくて皆さん本当に面白い方々ばかりで。でも一番ふざけたりいたずらをしていたのは僕でしたね。

―視聴者にメッセージを。
一生懸命撮影しました。とても面白いドラマなのでぜひご覧ください。

「女神降臨」
■DVD-BOX1、2 発売中
■Vol.1~16 レンタル中
DVD-BOX 各18,700円(税込)/17,000円(税抜)
発売元:「女神降臨」日本語版製作委員会
販売元:TCエンタテインメント
(C)STUDIO DRAGON CORPORATION
公式サイト:https://www.tc-ent.co.jp//sp/megami/
予告編:https://youtu.be/tXHMR-cIi0E

 

人気記事 おすすめ記事