韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年4月30日10時00分 金曜日 映画『トゥルーノース』、父の失踪、突然の収容所行きに戸惑う家族…緊迫の本編シーン解禁!さらに滝藤賢一、武正晴監督、豊島圭介監督、熊切和嘉監督ら絶賛の声到着!

生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所の内情を描きつつ、過酷な環境で生きていく家族とその仲間たちが生き抜いていく姿を3Dアニメーションで描いた衝撃の感動作『トゥルーノース』(配給:東映ビデオ)が、いよいよ6月4日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開となります!
現在決定している全国の公開館は公式HPにて発表となります。詳細は公式HPまで⇒www.true-north.jp

この度、北朝鮮・平壌で両親と妹と共に幸せに暮らしていた主人公ヨハン一家のもとに、突然党の関係者が現れ、父が政治犯の疑いで逮捕されたためヨハンたちも強制収容所行きを命ぜられてしまう、混乱と緊迫の本編シーン映像が一部解禁となりました!

本作は、各国の映画祭で話題となり、レオナルド・ディカプリオも激賞したドキュメンタリー映画『happy – しあわせを探すあなたへ』(12)のプロデューサーを務めた清水ハン栄治の初監督作品。実際に収容体験をもつ脱北者や元看守などにインタビューを行い10年もの歳月をかけて作り上げた。アニメ映画の世界最高峰を選ぶ権威あるアヌシー国際アニメーション映画祭「長編コントルシャン部門」にノミネートされた他、ワルシャワ国際映画祭・審査員特別賞、ナッシュビル映画祭・長編アニメ部門グランプリ、韓国のプチョン国際アニメーション映画祭長編部門の特別賞を受賞するなど海外の映画祭を席捲!昨年の第33回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス部門」では正式上映され話題となった。

今回解禁となる本編シーンは、1950年代から1984年まで続いた“在日朝鮮人の帰還事業”で北朝鮮に渡った主人公ヨハン一家の父が失踪し、母が電話で「出張に行くとは聞いてません。もう一度調べて頂けますか?」とその安否を心配する場面から始まる。無邪気に「お父さんいつ帰ってくる?」と尋ねるヨハンには「もうすぐ。きっともうすぐ」と気丈に答える母。しかし、夜中に突然党の関係者がやってきて「貴方の夫は国家と党に対して深刻な罪を犯しました」と告げ、乗り込んでくる。「何かの間違いです」と戸惑う母は担当者に日本製の時計を差し出し何とかその場をとりなそうとするが、結局「どこに連れて行くのですか?夫はどこに」という問いかけにも「すぐに会えますよ」と冷静に返されただけ。ヨハンとミヒも着の身着のままトラックの荷台に乗ることを促される・・・。母の戸惑いの言葉、そしてヨハンとミヒ幼い子供たちの表情から彼らの不安が一気に観客にも伝わる緊迫のシーンとなっている。

さらに、今回本作を公開に先駆けて鑑賞した俳優の滝藤賢一さん、武正晴監督、熊切和嘉監督、李闘士男監督、深作健太監督、豊島圭介監督、ジャーナリストの石丸次郎さん、佐々木俊尚さん、アニメ評論家の藤津亮太さん、IT批評家の尾原和啓さん、映画ジャーナリストの中山治美さん、元映画祭ディレクターの矢田部吉彦さんという各界総勢12名から絶賛のコメントが到着!
俳優の滝藤賢一さんは「この理不尽極まりない地獄から 人間がいかに神秘的な生物か 浮き彫りにしてくる。人間は素晴らしいよ!」とコメント。また『アンダードッグ』『百円の恋』の武正晴監督は「誤った国家による被害者が加害者となっていく描写に身震いした。少年少女達の収容所での成長譚に救われた。映画とは人を救うために創られることを再認識した。清水ハン栄治監督の偉業は余りにも尊い」と絶賛。『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』の豊島圭介監督は「監督は北朝鮮の強制収容所にいる12万人を本気で救おうとしている。そのために彼が選んだのは「超一流のエンターテイメントを作る」という方法だった。心を揺さぶられまくりました」と熱い感想を寄せている。
北朝鮮強制収容所という世界で最も過酷な場所で、希望を捨てずに生き抜こうとする者たちを描き、「人は何のために生きるのか」を我々に問いかける本作。清水ハン栄治監督が「ただの娯楽作品に終わらず、観客の皆さんの心を動かし、声なき人々の声となってほしい」と願う、現在進行形の物語をぜひ劇場で!
(※現在決定している全国の公開館の詳細は公式HPまで)

各界の著名人より絶賛の声続々!(敬称略・順不同)

ずば抜けた映画だ。
この理不尽極まりない地獄から 人間がいかに神秘的な生物か 浮き彫りにしてくる。人間は素晴らしいよ!
滝藤賢一(俳優)

誤った国家による被害者が加害者となっていく描写に身震いした。少年少女達の収容所での成長譚に救われた。
映画とは人を救うために創られることを再認識した。清水ハン栄治監督の偉業は余りにも尊い。
どうかお子さんを連れて劇場で家族と観て頂きたい。
武正晴(映画監督)

苛烈の隙間に見えた満天の星空と、壁に貼られた花びらの鮮やかさ。
自分がいかに大切なことから目を逸らして生きているかを思い知らされた。
熊切和嘉(映画監督)

この映画からは、ミステリーや感動や笑いなどは味わえないだろう。
ただ、ただ心が震えるに違いない
李闘士男(映画監督)

アウシュヴィッツへ行った。カンボジアのトゥールスレンでも同じ光景を見た。
〈国家〉という言葉の愛おしさと恐ろしさを、僕たちは考え続けなくてはならない。
深作健太(映画監督・演出家)

監督は北朝鮮の強制収容所にいる12万人を本気で救おうとしている。
真実を伝え、人々を動かそうとしている。そのために彼が選んだのは「超一流のエンターテイメントを作る」という方法だった。
心を揺さぶられまくりました。
豊島圭介(映画監督)

「夕焼け小焼けの赤とんぼ 負われて見たのは いつの日か…」
北朝鮮で、それも収容所の中で日本語の歌なんて?いえいえ、十分あり得ることなのです。
石丸次郎(ジャーナリスト)

取材を踏まえた「重さ」と物語の「力強さ」がしっかりと組み合わさって、現実の冷酷さとその先の光を描き出した一作だ。
藤津亮太(アニメ評論家)

凄惨きわまりない状況を描く圧倒的なリアリティ。しかし、それでも人間性を最後に信じていこうという希望。
そのふたつが両立している稀有な作品でした。
佐々木俊尚(ジャーナリスト)

本当にあるなんてと信じられないほど過酷な現実だからこそ、没入を誘うヒューマニティあふれるストーリーが観客を主体者にかえていく
尾原和啓(IT批評家)

「愛の不時着」にハマった人は必見!
あの世界をより深く理解するためにも、知らねばならない真実がここにある。
中山治美(映画ジャーナリスト)

知られざる凄惨な現実を前向きなエンターテイメントに昇華させた、実に貴重な作品だ。
伝えねば!という監督の強い思いが胸に突き刺さる。
矢田部吉彦(元映画祭ディレクター)
(敬称略・順不同)

『トゥルーノース』
<ストーリー>
1960年代の帰還事業で日本から北朝鮮に移民したパク一家は、平壌で幸せに暮らしていたが、突然父が政治犯の疑いで逮捕。家族全員が突如悪名高き政治犯強制収容所に送還されてしまう。過酷な生存競争の中、主人公ヨハンは次第に純粋で優しい心を失い、他人を欺く一方、母と妹は人間性を失わずに生きようとする。そんなある日、愛する家族を失うことがきっかけとなり、ヨハンは絶望の淵で「生きる」意味を考え始める。やがてヨハンの戦いは他の者を巻き込み、収容所内で小さな革命の狼煙が上がる。

監督・脚本・プロデューサー:清水ハン栄治(「happy – しあわせを探すあなたへ」プロデューサー)
制作総指揮:ハン・ソンゴン
制作:アンドレイ・プラタマ
音楽:マシュー・ワイルダー
声の出演:ジョエル・サットン マイケル・ササキ ブランディン・ステニス エミリー・ヘレス
94分/カラー/英語/日本語字幕/2020年日本・インドネシア
(C)2020 sumimasen
www.true-north.jp
6月4日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開!