韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2021年10月11日07時28分 月曜日 実力派シンガーソングライター『Woo Ye Rin』、自身の1st EPを10月4日に発売

2015年「K-POPスター5」に参加し、強い印象を残したシンガーソングライター『Woo Ye Rin』が、自身のファーストEP「Night : Yellow Flowers Bloom Only At Night of Summer」を10月4日(月)に発表した。

叙情的ながらも韓国的なバラードで仕上がった本作は、夜と花をテーマにしたストーリーテリング形式の作品であり、全曲の作詞・作曲は自身で完結している。収録曲全体がそれぞれ関連性を持ち、まるで一つの話のように完成されている。

韓国ソウル出身の『Woo Ye Rin』は、幼少の頃からクラッシックピアノを始めており、本格的な音楽活動を志してSEOUL MUSIC HIGH SCHOOLに進学した。以降、クリエイター(作詞、作曲、編曲)としての成長のため日本に留学し、帰国後はヴォーカリストとしての評価を得ており、タイのアーティストTPSMや、日本のアーティスNammuとのコラボをするなど、精力的に次々と作品をリリースいている。

【リリース情報】
「Night : Yellow Flowers Bloom Only At Night of Summer」
2021年10月4日(月)Release
(作詞・作曲・編曲:Woo Ye Rin)
[収録曲]
M1.Flame
M2.Night Flower
M3.Lonely Flower
M4.Paradise
M5.A Song of Stars
M6.Paradise (Piano ver.)

レーベル:Ruby Records
Distributor:STARBASE/STANDO
配信サービスリンク:https://lnk.to/NYFBOANOS

【Woo Ye Rin プロフィール】
独自の色彩をもとに多彩なストーリーや感情を解きほぐす女性シンガーソングライター『Woo Ye Rin』。2017年韓国の「K-POPスター5」で最終6人のラウンドまで進出し、大衆に自分の芸術性あふれる歌詞と、様々なスタイルのボーカルを刻印させるなど、一つのスタイルに限らず、多彩な音楽の歩みを続けている。キュートでハツラツなアコースティックフォークから、悲恋を描いた特有のバラードまで、多彩なスタイルの音楽をするシンガーソングライター。これから彼女が描き出すイメージは予測不可能かも知れない。

□Woo Ye Rin Instagram:https://www.instagram.com/yeeeeeerin0/
□Woo Ye Rin YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC71d5-NpEb2sscUNujawtjA
□Ruby Records Twitter:https://twitter.com/ruby_records

人気記事 おすすめ記事