韓流Mpost

韓流Mpost

韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2023年8月12日23時02分 土曜日 【レポ】『少年ファンタジー』から誕生したFANTASY BOYSの初来日ファンコンサート『少年ファンタジー FAN CONCERT ~Welcome to your Fantasy~』~東京国際フォーラム ホールAを埋め尽くす大人気!熱いステージを披露でファンは歓喜!(2/2)

【レポ】FANTASY BOYS『少年ファンタジー FAN CONCERT ~Welcome to your Fantasy~』 at 東京国際フォーラム ホールA(1部)(1/2)

Q&Aが終わると、ジュンウォン、ミンソ、ヒカリ、ウソクの4人をステージに残し、ほかのメンバーは次のステージの準備のために一度ステージを後にした。残りの4人には、続けて付箋のQ&Aの続きが行われ、4人全員への質問へ。
「妹がいるとして、メンバーの誰になら妹を紹介できる?」の質問には、ミンソは「僕はヒカリです。ヒカリがメンバーの中でいちばんあったかいです」とコメント。そしてヒカリは、「ありがとうございます。僕もミンソ兄さん。僕の中では、良いお兄ちゃん像がミンソです。練習をしている時も困っている時も『ヒカリ大丈夫?』って気にかけてくれます」とお互いを選んでいた。
そんな中、ジュンウォンとウソクは選ばれずすねていたが、ハグをして励まし合う場面も愛らしかった。そんなジュンウォンが「僕は、ヒカリ。優しいから」、ウソクは「…わかりません」と答えていると、衣装チェンジしたメンバーがステージに登場!ここからは、『少年ファンタジー』のセミファイナルで披露した楽曲の披露へ。
まずは(G)I-DLEのソヨンがプロデュースした『SPACEMAN』を披露。セミファイナルメンバーのソウル、ハンビン、ソンミン、ヒョンテ、ギュレに加えて、ヒカル、ケイダンがパフォーマンスし、一度聴くと耳に残る中毒性のあるメロディが印象的な曲で、会場を楽しませた。

次に2PMのウヨンがプロヂュースした『Snacks』を披露。『Snacks』は、練習生たちにお菓子のように甘いことが続いてほしいと願うプロデューサー ウヨンのメッセージが込められた曲。セミファイナルメンバーのジュンウォン、ケイダンに加え、ウソク、ヒカリ、ミンソ、ソンミンが加わった新鮮な魅力で会場を楽しませた。

続いてWINNERのカン・スンユンがプロデュースした『뛰어 (RUN) 』をセミファイナルメンバーのヒカル、ウソク、ヒョンテに加えて、ジュンウォン、ソンミン、ケイダン、ハンビンの組み合わせで披露。
人生というトラックを走っている少年たちが、疲れずに無事に完走してほしい気持ちを表現して作られた曲を、ポップなリズムに乗り、会場を魅了していった。

最後にジニョンがプロデュースした『꽉 잡아(Hold Tight)』へ。この曲のセミファイナルメンバーのヒカリ、ミンソに加えてハンビン、ギュレ、ソウル、ヒカルが加わり、繊細な表現力ある楽曲を見事に披露。しっかり手を離さずつかんで走っていきなさいというジニョンの応援が盛り込まれた楽曲となっていて、メンバーは軽快なパフォーマンスで会場を熱くしていった。

続いて、ゲームコーナーへ。11人がモシッソチーム(ソウル、ヒカル、ジュンウォン、ヒカリ、ギュレ)とマシッソチーム(ソンミン、ハンビン、ヒョンテ、ミンソ、ケイダン、ウソク)の2組に分かれて、ミッションに挑戦してリレーでつなぎ、90秒以内でクリアし、早い方が勝ちというもので、ミッションは、スプーンにピンポン玉を乗せて1周→2人で風船を抱き合って割る→水の入ったペットボトルを回して立てる→縄跳び三重跳びを3回→レモンのかけらを食べて口笛を吹くの5つ。
ミッションを早く終えたのは、マシッソチーム。負けたモシッソチームは罰ゲームとしてセクシーな姿とキュートな姿を見せることになり、ファンを喜ばせた。

そして最後の挨拶では、ヒカルは「今日は来てくださって本当にありがとうございます。ここまでたくさんの方が来てくれているとは思ってなくて、僕たちもびっくりしている状態です。これからもっとたくさんいいものが見られるように練習して、ファンのみなさんにもっとカッコいい姿を見せたいと思います。一緒にいきましょう」、ヒカリは「今日は来てくださって本当にありがとうございます。僕たちはリンチもいて12人。リンチのために今日来てくださった方たちは残念だったかもしれないけど、次はより大きなステージでリンチも一緒に来て、みなさんの前に立てるようにもっと努力していきます。その時まで待っていてください」と伝えた。

そして、最後は周りの視線を気にせずに自分の道を進めというメッセージが込められた『Shut Off』を全力で披露し、会場は熱気を帯びヒートアップ!
歌い終えてステージを後にすると、すぐにアンコールの声が掛かり、メンバーが再び登場。
そしてアンコールに1曲目は『少年ファンタジー』最終回ファイナルで歌われた ファンソングの『있을게(いるよ)』を披露。思いが詰まった爽やかなサウンドが響く。
歌い終えると、ジュンウォンは「(終わるのが)惜しくないですか?」と名残惜しさを伝え、ヒカルが「僕たちまだやっていない曲があります。どんな曲ですか?」とファンに呼びかけると、ファンが「FANTASY!」と大きな声で答え、メンバーが「いきましょー!」と意気込むと、『少年ファンタジー』のシグナルソングである『FANTASY』を披露。番組を彷彿させる情熱的なパフォーマンスを見せると、会場のファンも番組での思い出がよみがえって大盛り上がり!大歓声の中、笑顔でステージを後にした。

結成31日でこのパフォーマンスで魅了したFANTASY BOYS。国際色も豊かなボーイズグループなので、これからさらにグローバルに羽ばたいていくだろう。次に来日する時は、リンチを含めた12人でさらに磨きがかかった姿を見せてくれるに違いない。完全体での来日を心待ちにしたい。

(完)←前頁
フォトギャラリー&セットリスト→こちら

【配信情報】
ABEMA『少年ファンタジー~放課後のときめきシーズン2~』
番組トップページ:https://abema.tv/video/title/633-1
※#1~#3は番組放送終了後も無料で視聴できます。
※#4以降は番組放送終了後、1週間無料で視聴できます。

人気記事 おすすめ記事


Copyright © 韓流Mpost All Rights Reserved.
当サイトの情報の転載、複製、改変等は禁止いたします
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています
運営者情報 ※外部サイトにリンクしています