韓流Mpost

韓流Mpost

韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2024年6月19日16時28分 水曜日 期待の新鋭ホン・サビン×ソン・ジュンギ『このろくでもない世界で』悪ジュンギの1週間兄貴(ヒョン)コーデ解禁!チンピラシャツからざっくりニット、鍛え抜かれた上腕二頭筋まで

期待の新鋭ホン・サビン×ソン・ジュンギ『このろくでもない世界で』悪ジュンギの1週間兄貴(ヒョン)コーデ解禁!チンピラシャツからざっくりニット、鍛え抜かれた上腕二頭筋まで

第76回カンヌ国際映画祭&第28回釜山国際映画祭に公式出品され、百想芸術大賞で4部門ノミネート、見事キム・ヒョンソが<新人演技賞>に輝いた話題の韓国映画『ファラン(原題/オランダを意味する)』『HOPELESS(英題)』が『このろくでもない世界で』の邦題で、7月26日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開されることが決定しました。
この度、ソン・ジュンギ演じる地元の犯罪組織のリーダーチゴンが見せるちょいワル1週間兄貴(ヒョン)コーデが一挙解禁となりました。

ソン・ジュンギが脚本に惚れ込み、新境地を開拓!
裏社会で生きる孤独な男を演じ、圧倒的な存在感を放つ

ある地方の暴力が蔓延る町で貧困にもあえぐ18歳の少年・ヨンギュと、彼の絶望漂う瞳にかつての自分を重ねた裏社会の男・チゴン。傷だらけのふたりが交錯した時、彼らの運命は思わぬ方向へ猛スピードで走り出す―――。社会格差の闇を描き続ける韓国映画界から新たな才能が発掘された。本作が初長編作品となる監督・脚本のキム・チャンフンだ。実話ではないものの、監督自身が社会で苦労した経験をエッセンスとして盛り込み、身体的痛みと心の叫びが渾然一体となった脚本に惚れ込んだソン・ジュンギがチゴン役を熱望したことから、この企画が本格的に動き出したという。ソン・ジュンギは「これは韓国映画界に絶対に必要なプロジェクトだと信じていたので、参加する機会を頂けて感謝している」とその理由を語っている。チゴンの属する犯罪組織の門戸を叩くほかなかったヨンギュは、仕事という名の“盗み”を働き、徐々に憧れのチゴンに認められていくが……。
ヨンギュ役に扮したのは映画初主演のホン・サビン。この役を勝ち取るまでに三度のオーディションを経たという。そして、ヨンギュの義妹・ハヤン役に同じく新人のキム・ヒョンソ。百想芸術大賞では<新人演技賞>に見事輝いた。アーティストとして、BIBI名義で韓国ではもちろんアメリカのラジオ市場を席巻、Mediabaseトップ40のポップラジオチャートで20位以内にチャートイン、さらには「コーチェラ」で2度ステージに上がるなど、めざましい活躍を見せている。そして長編デビュー作のキム・チャンフン監督というフレッシュなメンバーのなか、「ヴィンチェンツォ」「財閥家の末息子~Reborn Rich~」『ロ・ギワン』等で主演を務め、視聴率が「愛の不時着」を超えたと話題沸騰のTVドラマ「涙の女王」に“ヴィンチェンツォ役”としてカメオ出演するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのグローバルスターであるソン・ジュンギが果たした役割は大きかった。「トキメキ☆成均館スキャンダル」「太陽の末裔」で女性ファンを夢中にさせて以来、常にトップスターであり続けたジュンギが、大きく作り上げた体躯になまなましい傷を全身に刻んだ犯罪組織のリーダーという、これまで目にしたことのない姿で登場。表情や声のトーンまで徹底的に変身させて、チゴンというキャラクターを時に大胆に、時に繊細に演じ切った。その渾身の演技と
若手チームとの協働がカンヌ国際映画祭&釜山国際映画祭へ導いたと言えるだろう。

ソン・ジュンギ扮するチゴン兄貴(ヒョン)が魅せる
ちょいワルからラフなカジュアルスタイルまで1週間コーデ新場面写真解禁!

この度、ホン・サビン演じる主人公ヨンギュを裏社会に引き込んでしまうソン・ジュンギ扮するチゴンのワルさ漂う漢気コーデから、優しい表情のコーデまで1週間の兄貴(ヒョン)スタイルの新場面写真が解禁となった。
月曜日のチゴン兄貴(ヒョン)はちょいワルな雰囲気漂うチンピラシャツ。この日は部下たちを集めてボスを裏切った政治家に“思い知らせてやれ”と指示され、“思い知らす”ための作戦会議。いいアイディアは浮かんだかな?
火曜日、この日はボスに頼まれた政治家のスキャンダルを捏造する汚いお仕事。痺れる1日になりそうな今日は少し気合いの入った黒ジャケットスタイル。部下の非道すぎるやり方にちょっぴりお怒りムードのチゴン。
水曜日の兄貴(ヒョン)は、事務所のお掃除のため、カジュアルなカーキのヘンリーネックTシャツ。汚いお仕事を見事こなしたヨンギュにたっぷりのギャラとお小遣いも上乗せして大サービス。仕事に戸惑いと疑問を感じていたヨンギュも、大金を前に思わずダンマリ。素直に受け取ってしまう。
木曜日の兄貴(ヒョン)は、少し優しい雰囲気の若草色のざっくりニットで後輩・ヨンギュのお悩み相談。そこで、ヨンギュの辛く悲しい生い立ちを聞く。しかし、この町で同じく生まれ育ったチゴンにとってもそれは同じこと。自分と同じような境遇のヨンギュにチゴンはさらに深く共鳴し、昔の自分の姿を重ねていく。そこで、金を貯めてみんな同じ水準で暮らしていると言われる”オランダ“にいつか母と行きたいというヨンギュの夢を耳にする。キラキラ目を輝かせて話すヨンギュの話を聞いたチゴンは「そんな場所があるわけないだろ」と吐き捨てる。
金曜日の兄貴(ヒョン)は深いパープルのジャケットにVネックのTシャツでちょいコワ威圧スタイル。この日は出過ぎたマネをしたヨンギュにお灸を据えにやってきたチゴン。「俺に相談するべきだった」と言いつつ、ヨンギュの生爪をペンチで剥がす”落とし前“を付けさせようとする。必死に許しを乞うヨンギュに、無表情でペンチを握る手に力を込めるが、「可哀想だと思わないんですか?」と問われると、その手を止め、自分で自分の爪を剥がしてヨンギュに見せるのだった。この行動はヨンギュの目に果たしてどう映ったのだろうか。
土曜日の兄貴(ヒョン)はカジュアルなタンクトップスタイル。突然やってきたヨンギュになれた手つきで魚を捌いてスープを振る舞う。料理も上手なチゴンにヨンギュはますます尊敬の念を強める。
日曜日の兄貴(ヒョン)は完全にオフで自分の趣味のDIYに夢中。作業中は上半身裸で見事な鍛え上げられた体と傷だらけの背中を惜しげも無く披露。兄貴(ヒョン)の威厳は背中で見せる。この時チゴンが何を作っていたかは映画館で確かめてね!

『このろくでもない世界で』
<STORY>
継父のDVに怯える18歳のヨンギュ(ホン・サビン)は、義理の妹ハヤン(キム・ヒョンソ)を守るために暴力沙汰を起こして高校を停学、その上、示談金を求められる。生き抜く術のないヨンギュは、地元の犯罪組織のリーダー、チゴン(ソン・ジュンギ)の門戸を叩くほかなかった。仕事という名の“盗み”を働き、徐々に憧れのチゴンに認められていくが、ある日、組織の非情な掟に背いてしまい……。
このろくでもない世界で、ほんの一瞬でも彼らに陽が注ぐことはあるのだろうか?

監督・脚本:キム・チャンフン(初長編監督作品)
出演:ホン・サビン、ソン・ジュンギ、キム・ヒョンソ(BIBI)
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
公式HP:happinet-phantom.com/hopeless
X:@hopeless_movie
2023年/韓国/カラー/シネマスコープ/5.1ch/原題:화란/英題:HOPELESS/123分/字幕翻訳:本田恵子/R15+
(C) 2023 PLUS M ENTERTAINMENT, SANAI PICTURES, HiSTORY ALL RIGHTS RESERVED.
7月26日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

人気記事 おすすめ記事


Copyright © 韓流Mpost All Rights Reserved.
当サイトの情報の転載、複製、改変等は禁止いたします
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています
運営者情報 ※外部サイトにリンクしています