韓流Mpost

韓流Mpost

韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2023年8月24日23時30分 木曜日 【オフィシャルレポ】久間田琳加、酒井麻衣監督、汐見夏衛先生登壇!白岩瑠姫(JO1)&久間田琳加W主演映画『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』“本音”で語るトークショー付き試写会

アスミック・エース配給にて、映画『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』が9月1日(金)より全国公開となります。
原作は、汐見夏衛による「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」(スターツ出版 刊)。丁寧に描かれた登場人物の心情と、表現豊かな風景描写で圧倒的共感と感動を呼び、「10代女子が選ぶ文芸小説No1」にも選ばれた(出展:日販W+)シリーズ累計発行部数55万部を記録する珠玉のラブストーリーが満を持して映画化。
本作のW主演に、これまでに発売した7作のシングル全てが主要音楽チャートで1位を獲得、昨年末には「第73回NHK紅白歌合戦」への初出場を果たし、アジア最大級の音楽授賞式「2022 MAMA AWARDS」では“Favorite Asian Artist”を日本人アーティストで唯一受賞するなど、国内外から熱い注目を集めるグローバルボーイズグループ・JO1メンバーの白岩瑠姫と、「マリーミー!」(20/ABC)、「青春シンデレラ」(22/ABC)、「ブラザー・トラップ」(23/TBS)、『おとななじみ』(23)など、映画・ドラマの主演作が相次ぎ、女優として華々しい活躍を見せるだけでなく、non-no専属モデルを務めるなど、ファッションアイコンとしても同性から圧倒的な支持を集める久間田琳加。監督を務めるのは、商業映画デビュー作となった『はらはらなのか』(17)などで映画ファンから熱い注目を集め、「映像作家100人2020」にも選出されるほか、「明日、私は誰かのカノジョ」(22/MBS)や、第59回ギャラクシー賞 マイベストTV賞グランプリ受賞作「美しい彼」(21・23/MBS)や、大ヒットを記録した『劇場版 美しい彼~eternal~』(23)など、話題作を続々と手がける酒井麻衣。
次世代の日本映画界を担う若き才能と、今をときめく最旬のキャストが贈る、この秋必見の純度100%のエモーショナルで色鮮やかなラブストーリーが誕生します。

この度、8月24日(木)に実施された“本音”で語るトークショー付き試写会のオフィシャルレポートが到着しました!
先日行われた最速上映会のアンケートでは、「人に勧める」がなんと97%だった本作。たくさんの応募があった中、抽選で選ばれたお客様をご招待し、白岩瑠姫とW主演を務める久間田琳加、酒井麻衣監督、原作者の汐見夏衛先生が、『夜きみ』の魅力を様々な角度から“本音”で語りました。

作家・汐見夏衛によるシリーズ累計発行部数55万部を記録する同名ベストセラー小説を実写映画化した映画『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』(9月1日(金)全国公開)。8月24日には“本音”で語るトークショー付き試写会が都内で実施され、主演の久間田琳加と酒井麻衣監督、そして原作者の汐見夏衛が参加した。

元高校教師という経歴の持ち主である汐見氏は「教師をしていたときに、最近の若い子たちは穏やかで優しい子が多く、悩みや悲しみ怒りなどを全部飲みこんでいるのではないかと思った。その全部は無理でも自分の気持ちを吐き出して楽になれるような作品を書きたいと思った」と原作執筆経緯を回想。その意図に共感する酒井監督は「本音が言えないという気持ちは、私は大人になるほどあると思った。自分に茜を重ねながら原作小説を読んでいました」と明かした。

学校ではマスクが手放せず本心を隠して生きる丹羽茜を演じた久間田。役作りについて聞かれると「マスク姿で学校生活を送るというのはどんな感じなのかと、そのリアルを知りたくて実際に女子高生に話を聞いたりしました」と熱の入った準備を紹介。マスクを着けながらの演技となったが「顔の半分しか見えていないので不安だったけれど、茜のことを心から思っていれば目だけでも感情は伝わると思った。最終的には気持ちのままに動くようにしていた」と演じる上ではハートを大切にしたという。

この久間田の熱演に対して汐見氏は「本音を言えない茜が可哀想で不憫で…。自分で書いておきながら『誰か助けてあげて!』と思うくらい感情移入した。久間田さんに演じていただけて良かった。何度『可愛い!』と言ったことか」と大絶賛で、酒井監督も「久間田さんの表現力を信じていました」と全幅の信頼を置いていた。

また久間田は、先日行われた最速上映会のアンケートで本作を「人に勧める」が97%を占めたことに触れて「私も茜を演じていくうちに学生時代の自分の気持ちを思い出しました。本音が言えないというのはわかるし、その本音をもっと言えるようになったら楽になるということをメッセージとして伝えたいと思っていたので、人に勧めたいという方が多くて嬉しい」と喜色満面だった。

“ときめいたシーン”の話題になると、久間田は「青磁(白岩瑠姫)と茜が遊園地に行って、青磁から夕焼けは茜色だと教わるシーン。色の名前とはいえ、そこに自分の名前が入っているとこんなにもドキッとするんだと思った」とときめいた場面をピックアップ。酒井監督が「撮影も後半になってお二人とも役を掴まれていたので、こちらからリクエストすることなくあのようなシーンになりました。本物の夕日を狙っていたので撮影自体は時間との勝負。ワントライで一発OKでした」と舞台裏を紹介すると、久間田も「お互いに『緊張するね!』と言い合ったりしながら、集中力もグッと上がりました」と思い出していた。

また本作の内容にちなみ、「誰かとの出会いをきっかけに成長した」エピソードをそれぞれ披露。久間田は「いきなり芸能界に入って自分の発信の仕方がわからなかった。そんな時に雑誌の編集長から『芯を持って自分が好きなことを伝えれば、見ている人には伝わる』と言われたときに考え方が変わった。好きなことを極めればいいという自信にも繋がりました」と格言発表。酒井監督は「高校時代に通っていた画塾の先生から『自分の色は周りの人が感じてくれるもの。真摯に向き合えば勝手に自分の色は出てくる。自分の色を出そうとしない方がいい』という言葉は今も響いています」といい、汐見氏は「小学校時代からの幼馴染が作家デビューしたことに背中を押されて自分も小説を書こうと思った。そこからずっと止まることなく書いています。20年くらいの前の出会いが自分の人生を変えた」と話した。

最後に汐見氏は「茜と一緒に成長して最後は解放感を味わえる映画です。一歩踏み出そうというきっかけにしてもらえたら嬉しい」と期待。久間田は「撮影期間は茜と一緒に身を削りながら一緒に葛藤して悩んで、自分にない感情に出会うことが出来ました。一人でも多くの人の背中を押す作品になったら嬉しいです」とアピール。酒井監督は「映画を観てもらって自分の世界は綺麗だと思ってもらえるきっかけになったら嬉しい」と呼び掛けていた。

今をときめく最旬のキャストと次世代の日本映画界を担う若い才能が贈る、純度100%のエモーショナルで色鮮やかなラブストーリー、『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』は9月1日(金)全国ロードショー。

『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』
<STORY>
無彩色で息苦しいこの世界。救い出してくれたのは、“私を嫌い”な君でした――。
マスクが手放せず、周囲の空気ばかり読んでしまう「優等生」の茜。
自由奔放で絵を描くことを愛する、銀髪のクラスメイト・青磁。
何もかもが自分とは正反対の青磁のことが苦手な茜だったが、彼が描く絵と、まっすぐな性格に惹かれ、茜の世界はカラフルに色づきはじめる。
次第に距離を縮めていくふたりの過去がやがて重なりあい、初めて誰にも言えなかった想いがあふれ出す――。

出演:白岩瑠姫(JO1) 久間田琳加
   箭内夢菜 吉田ウーロン太 今井隆文 / 上杉柊平 鶴田真由
監督:酒井麻衣
原作:汐見夏衛「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」(スターツ出版 刊)
脚本:イ・ナウォン 酒井麻衣
音楽:横山克 濱田菜月
主題歌:JO1「Gradation」(LAPONE Entertainment)
製作:『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』製作委員会
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント、アスミック・エース
配給:アスミック・エース
コピーライト:(C) 2023『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』製作委員会
公式サイト:https://yorukimi.asmik-ace.co.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/yorukimi_movie
公式Instagram:https://www.instagram.com/yorukimi_movie/
公式TikTok:https://www.tiktok.com/@yorukimi_movie
9月1日(金)全国ロードショー

人気記事 おすすめ記事


Copyright © 韓流Mpost All Rights Reserved.
当サイトの情報の転載、複製、改変等は禁止いたします
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています
運営者情報 ※外部サイトにリンクしています