韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2014年7月27日23時31分 日曜日 【読者特派員レポ】キム・ヒョンジュン ソウルコンサート「2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR ‘夢幻’」 レポ(1/2)

khj_140628_01

khj_140628_02
読者特派員のKNさんよりキム・ヒョンジュン ソウルコンサートのレポが届きました!

6月28日、韓国のオリンピック公園ハンドボール競技場でソウルでは約1年ぶりとなるキム・ヒョンジュン(リダ)のコンサートが開催されました。このコンサートは「2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR ‘夢幻’」の初日。この後、9月までに台湾、中国、日本、タイ、メキシコ、ペルーを回る予定とのこと。会場に到着したのは17時ごろ。グッズを買いに向かいましたが、なんとペンライトは売り切れ。16時からの販売ということだったので油断していましたが、14時からの販売に変更されたようでした。夕方とはいえまだまだ日差しが強く暑かったので、オリンピック公園駅前のTOUS les JOURSカフェで少し涼もうと思いましたが、お店がなくなっていました(泣)。

コンサートのスタートは19時予定でしたが、開場はしたもののなかなか客席に入れず、ロビーで待つことに。ロビーにはリハーサルの音が漏れていました。やっと客席に辿り着いて、コンサートがスタートしたのは19時45分ごろ。
緑のペンライトの海の中、幕が開くとステージには教会のような映像が映し出されます。ステージの真ん中にはドラキュラが出てきそうな棺が立っていて、神秘的な音楽とともにその棺の周りをマントを着た人たちがぐるぐる回りだし、花火が上がり、さらにはガーゴイルのような羽を付けた人たちも出てきて、コンサートのポスターで描かれているゴシックな感じの世界が繰り広げられていきます。完璧な世界観に少しゾクッとしました。『Intro (Let Me Go)』が始まり、棺が徐々に上昇して宙に浮かんだかと思うと、花火とともに棺が落下。この棺の中からリダが出てくるのでは?と思っていたのでちょっとびっくりしました。そちらに気を取られていると、花道の真ん中の辺りにある奈落から黒いダークな衣装のリダが登場!
みんなかなり待ったので、出て来た時の喜びも倍増で即「キム・ヒョンジュン」コール。
すぐに2曲目の『Unbreakable』、続いて『Break Down』と畳みかけます。ダンスもキレキレです。一旦奈落に下がったかと思うと、また花道の真ん中から飛び出して来たりと、リダの姿を追うのに精一杯でした。

khj_140628_03ここで最初のMC。大歓声の中、ハアハアしているリダに「キム・ヒョンジュン」コールを送る会場。
「ヨロブン アンニョンハセヨ(みなさん こんばんは)」と挨拶すると、
「今日のコンサートに来てくださったみなさん、本当にありがとうございます。たくさん待ったでしょ?42分くらい遅れました。もっといいコンサートをお見せしたくて、リハーサルがちょと長くなってしまいました。」と謝りつつも、
「オープニングどうでしたか?言ったでしょ、今までのコンサートとは次元が違うって。」と茶目っ気たっぷりに言うリダに会場が大きな「イエー!」で応えると満足そうな様子。
そして「20代最後のコンサートです。一生懸命準備しました。」と言うと、一旦ステージを後にします。

エレクトロニックなサウンドに乗せて近未来的な映像が流れると、白い衣装とサングラスで登場。ここではダンサーの衣装に電飾がついていて、それが曲に合わせて光りだす、というちょっとした仕掛けがありました。マイケル・ジャクソンのような感じのダンスで『Yes I Will』、続いて『Let’s Party』を歌いました。
一旦リダが下がると、ダンサーだけのコーナーの後、『Gentleman』へ。今度はリダの服の電飾も点灯し、照明が暗転するたびにきれいに光って、エレクトリカルパレードのようでした。ダンスのところでは「キム・ヒョンジュン」コールも起こりました。

打って変わってピアノのアンニュイなメロディが流れ出すと、スクリーンには海辺の映像が。
公式YouTubeで公開されている夢幻ツアーのティザーのロングバージョンで、ドラマチックな内容になっていました。
(ティザーは、下記の公式YouTubeで見られます!)

2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR ‘夢幻’ Teaser - KHJ 公式より

ここでまた衣装を着替えたリダは『오늘이 지나면(今日が過ぎれば)』をしっとりと熱唱。そして暖かい明かりの花をバックに『나는 네 남자야(僕は君のもの)』へ。「一緒に歌って。」と言うリダに会場は大合唱で応えます。最後の歌詞、「나랑 결혼해 줘요(ナラン キョロネ ジョヨ:僕と結婚してください) 나는 네 남자야(ナヌン ニ ナムジャヤ:僕は君のもの)」のところではいつものように大歓声が。

続くMCの第一声は「ああ~、大変ですね。」とちょっとお疲れのご様子。
「楽しいですか?」の言葉に会場が大きな「ネー!」で応えると、
「楽しいなら良かったです。コンサートを始めた時は久しぶりにうまくできているか?と思いました。でも20歳のころより体の調子がいいです。」と成熟した自分に満足気なリダ。
さらに「頑張って準備したコンサートです。家族も来ていますし、愛するファンのみなさんもいらしてくださっているでしょ?僕は今29歳ですよね。生まれてから29年間で今が一番元気です。」とも。
(つづく)→次頁

【関連記事】
【動画】キム・ヒョンジュン 4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント at お台場パレットタウン
【レポ】キム・ヒョンジュン 4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント at お台場パレットタウン
【写真】キム・ヒョンジュン 4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント at お台場パレットタウン ギャラリー1
【写真】キム・ヒョンジュン 4thシングル『HOT SUN』発売記念イベント at お台場パレットタウン ギャラリー2
【レポ】キム・ヒョンジュン「感激時代~プレミアムファンミーティング2014」in パシフィコ横浜~リダ節炸裂で笑い満載(1/2)
【レポ】キム・ヒョンジュン「感激時代~プレミアムファンミーティング2014」in パシフィコ横浜~リダ節炸裂で笑い満載(2/2)
【写真】キム・ヒョンジュン「感激時代~プレミアムファンミーティング2014」in パシフィコ横浜(1/2)
【写真】キム・ヒョンジュン「感激時代~プレミアムファンミーティング2014」in パシフィコ横浜(2/2)

4thミニアルバム – Timing(韓国盤)

HOT SUN (初回生産限定盤)(Type A )(DVD付)

HOT SUN (通常盤)