韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2018年8月19日04時27分 日曜日 【オフィシャルインタビュー】チャンソン(2PM)、役柄との共通点は友人を大切に守り抜こうとする点!「七日の王妃」DVDインタビュー到着!

「麗<レイ>」「雲が描いた月明り」に続く、2018年No.1王宮ロマンス大作「七日の王妃」のDVD-SET1&SET2が好評リリース中!

“涙の女王”パク・ミニョン、”韓流ドラマ新貴公子”ヨン・ウジン、”韓流トップスター”イ・ドンゴンの3大スター豪華共演でも話題となった本作。ひとりの女性と、2人の王。
宿命に翻弄されながらも想いを貫く三人の甘く切ない愛に胸が震える、涙のシンデレラロマンス史劇です。

DVDリリースを記念して、ヨン・ウジン演じたイ・ヨクに忠誠を誓っている友人ソノを演じたチャンソン(2PM)のインタビューが到着しました。

「七日の王妃」チャンソン(2PM) オフィシャルインタビュー

―今作への出演は、何が決め手となりましたか?
出演を決めたのは、台本が面白かったからです。時代劇は初めてでしたが、挑戦したかったし、いい経験になると思いました。決定的な理由はやはり、台本が面白かったからですね。

―今作は初の時代劇ですね。挑戦した感想をお聞かせください。
撮影に入る前は特に時代劇のセリフの話し方が分からず、いろいろ悩みました。時代劇専門の先生を訪ねて、「これはどうしたらいいでしょう?自然に聞こえるように話せるコツは?」と相談したんです。そこで、語尾だけを変えてあとは普段どおりに話せばいいとか、話し方のコツや練習方法を教えてくれました。それで勘をつかんで、なんとか無事に撮影できました。

―今作では、演技力を高く評価されましたね。ソノ役を演じるにあたって、特に力を入れて準備した部分はありますか?
周囲の人たちに、「すごくよかった」と褒めてくれて嬉しかったです。ソノのキャラクターをどう表現するか悩みました。「ソノだったら、こういう時どうするだろうか」と。例えば台本に書いてあるセリフを見て、「どういう気持ちで、こんなことを言うんだろうか」と。
僕なりに調べて悩み考えながらソノを演じた結果、役柄とマッチしたようです。そういう部分が好意的に評価されたと思います。

―ソノとチャンソンさんの共通点、相違点を教えてください。
そもそも彼と僕では、置かれている状況も違うので思っていたより共通点は多くなかったですね。
ソノが物事に対して感じる気持ちは僕よりもはるかに極端です。性格で似ている部分があるとすれば、友人を大事にし、守り抜こうとする点でしょうか。しかし、それも僕よりはるかに強いと思いました。父親の仇を討つため、暴君である燕山君を生かせてはいけないという強い使命感…これらすべてが合わさって、極端な判断を下すキャラクターでしたね。

―父親との再会シーンでは、何に気を使いましたか?
信じ難いことが自分に起きたんだと、そう思い込み信じようと努力したのですが、簡単ではありませんでした。役に没入するということ、撮影中に起きていることを、自分に起きているんだと思うことが、いかに難しいか分かりました。あの場面は気を使いましたね。

―ヨクにとってのソノのように、チャンソンさんが最も信頼できる人は?
2PMのメンバー全員ですね。誰かを限定することはできません(笑)。

―パク・ミニョンさんとは10年ぶりの共演です。久々にお会いした感想は?
共演は2度目ですが、雰囲気も昔のままだし、再会できてよかったです。今作の現場ではミニョンさん以外はほぼ初めて会う人ばかりなのでとても緊張しました。現場に知り合いがいるだけで、気が楽でした。

―ヨン・ウジンさんとの共演はいかがでしたか?
とても楽しかったですね。ウジンさんと僕を含めたタニシ4人での撮影が多かったんです。
グァンオ役のカン・ギヨンさんとソッキ役のキム・ミノさんと一緒に、今も連絡を取り合って、たまに会ったりしていますね。みんなと親しくなれたおかげで、精神的にも体力的にも、お互いに楽しく撮影できたと思います。

―イ・ドンゴンさんとはどうでしたか?
現場でご一緒したのは、物語も終盤になってからでしたが、とてもよくしてくれました。
リハーサルの時も、「こうすればいい」とか、いろいろアドバイスをしてくれて。本当に優しい方です。

―ソノを演じる前と後で、環境の変化や、何か学んだことはありましたか?
環境に関しては、特に変わったとは思いませんが、俳優としては少し成長できたなかなと自分では思っています。表現の幅が広がり、以前より深みが出たかと僕なりに感じました。
学ぶことが多かった作品です。

―タイトルにもある7日だけ自由に過ごせるなら、何をやってみたいですか?
一人旅がしたいです。誰も僕が歌手だとは知らない場所で過ごしたいかな。安らかな気持ちになって、ゆっくり休みたいですね。

―2PMの歌手活動と俳優業の両立は大変ではありませんか?
正直、体力的にもきつかったです。両方の予定が重なった時は、現場を行ったり来たりするので。スイッチを入れるように、今は2PM、次はソノと僕なりに切り替えていました。ドラマの時は台本を見て役に集中しようとしましたね。現場ごとに切り替えて、2PMの時には歌に集中しました。

―俳優として今後の目標と、挑戦したい役を教えてください。
皆さんに愛される俳優になりたいです。そうなるためには僕自身が頑張らないといけませんね。チャンソンが出演したなら、期待できる作品だと思われたい。それが望みですね。また、悪役を一度やってみたいですね。主人公に致命傷を負わせる悪役がいいかな。主人公を追い詰めるような……。

―日本の皆さんにメッセージを
2PMのチャンソンです。「七日の王妃」はロマンス時代劇です。僕が演じたソノは、王位につくイ・ヨクの友人であり、また献身的にヨクを補佐する役です。ぜひソノにも注目してください。
楽しい作品なので絶対に後悔させません!

「七日の王妃」
DVD-SET1&SET2、レンタルDVD Vol.1~16 リリース中
各19,000+税
U-NEXTにて独占先行配信開始:https://bit.ly/2t44ivE
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by KBS Media Ltd. (C)2017 KBS. All rights reserved
公式サイト:http://kandera.jp/sp/nanoka/
トレーラー:https://youtu.be/fpgbN2GTEpw

七日の王妃 DVD-SET1 (特典DVD付)

七日の王妃 DVD-SET2 (特典DVD付)