韓流Mpost

韓流Mpost

韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2023年12月15日19時00分 金曜日 名優チョン・ウソンが監督を手掛ける衝撃の韓国クライム・アクション大作『ザ・ガーディアン/守護者』キービジュアル&予告映像が到着!あまりに熾烈すぎる敵の攻撃に結末も不安になる!?

この度、1月26日に日本公開を迎える、韓国が誇る名優チョン・ウソンの監督デビュー作『ザ・ガーディアン/守護者』のキービジュアルならびに予告映像が到着しました!

韓国映画界を牽引する俳優チョン・ウソンが遂に監督デビューを飾る。手掛けるのは10年ぶりに出所して自分を追う過去から抜け出し平凡に生きようとする一人の男スヒョクの死闘を描いたアクション大作。チョン・ウソンは監督だけでなく、奪われた最愛の娘を取り返そうとするスヒョク役で主演を務め、深みのある演技とパワフルなアクション演技を披露している。共演には最新作『非常宣言』での活躍も記憶に新しいキム・ナムギル、さらには『新しき世界』をはじめ強烈な印象を残すパク・ソンウンという同じく韓国映画界を代表する名優が集結し、作品を更に盛り上げている。斬新なストーリー展開とともに個性的なキャラクター、スタイリッシュなアクションでトロント国際映画祭を騒然とさせた話題作が遂に日本へ上陸する。

今回解禁された本ビジュアルでは、真剣な眼差しのスヒョクが硝煙の中で佇む姿が印象的なビジュアルとなっている。彼の表情からは大切な人を命に代えても守ろうという強い決心と、立ち向かわなければならない試練がいかに困難なものかが伝わってくるようだ。さらに、傍らには炎の中を突き進むスヒョクの愛車が添えられており、一体どんな激しいカースタントが繰り広げられるのかますます期待が高まる。

そして併せて解禁された予告編では、組織から離反しようとして反感を買ったスヒョクが命を狙われ激しい追跡に遭うシーンが切り取られている。ネイルガンや散弾銃、手製の爆弾まで、ありとあらゆる凶器で追い詰められ、観る側もこんなにやられて大丈夫かと心配になるほどだが、スヒョクも最愛の人を奪われてやられてばかりではない。大勢を相手に無駄のない華麗な格闘で対処したり、円を描くようなドリフト走行で組織員を引き摺りまわしたりと、目を見張る大立ち回りを披露しており、実に手に汗握る予告編となっている。

果たして、スヒョクは無事に愛する人を守り抜くことはできるのだろうか?そして彼の孤独な戦いに、いつか終わりはくるのだろうか―?スヒョクが辿る、過去との決別の物語の結末をぜひとも劇場で目撃してほしい。

『ザ・ガーディアン/守護者』
<STORY>
凶悪な殺人の罪で懲役10年を言い渡されたスヒョク(チョン・ウソン)が出所の日を迎える。今も忘れられずにいる昔の恋人の元を訪れたスヒョクは、自分との間に子供が生まれ、幼い女の子の父親になった事実を悟る。所属していた犯罪組織との縁を切り、家族のために平凡な日常を送ろうとするスヒョクだったが、ボスの反感を買い、組織が雇った成功率100%の殺し屋に元恋人を殺され、娘は人質に取られてしまうのであった。自分に残されたかけがえのない最愛の人を守るため、スヒョクは再び暴力と謀略の世界に身を投じていく――。

監督:チョン・ウソン
脚本:チョン・へシン、チョン・ウソン
撮影:コ・ラクソン
音楽:キム・テソン
出演:チョン・ウソン、キム・ナムギル、パク・ソンウン、キム・ジュンハン、パク・ユナ
2022年|韓国|韓国語|シネスコ|5.1ch|98分|原題:보호자|英題:A MAN OF REASON|字幕翻訳:福留友子|レイティング:G|配給:クロックワークス
(c) 2022 ACEMAKER MOVIEWORKS & STUDIO TAKE CO., LTD. All Rights Reserved.

人気記事 おすすめ記事


Copyright © 韓流Mpost All Rights Reserved.
当サイトの情報の転載、複製、改変等は禁止いたします
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています