韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2011年8月31日21時20分 水曜日 【読者レポ】『a-nation 10th Anniversary』~2011 サプライズだらけの『a-nation』東京!

読者のMOさんから臨場感ある楽しいレポが届きました!

【読者レポ】『a-nation 10th Anniversary』 at 味の素スタジアム

《8月27日》
『a-nation 10th Anniversary』、8月27日(土)の味の素スタジアムで観戦しましたが、10周年記念の今年は、サプライズだらけの『a-nation』でした。

AAA、みんな歌上手いし、メンバーサイン入りフリスビーを客席に飛ばすのはグッドアイディア!
くーちゃんは煽りがうまくて、観客とすごくアイコンタクトしてた。客席よく見てるから、ちゃんとタオルをくーちゃんファンに向けて、そっと投げてあげたのに感心。愛されるわけだわ。

TRFは衰えないダンスがさすが。サムさん今年も脱いだし(笑)。
客席みんなが一緒に歌えるのが毎年のことながら素晴らしいし、何より参加できて楽しい。
そしてTRFの後のシークレットゲストのX JAPANは貫禄すぎて圧倒されました。

X JAPANの出演はツイでばれてたんで、「いつ出演かな、そろそろかな」と思っていたところ、TRF終わったところで、何だかスタッフの雰囲気が一気にぴーんと緊張し、関係者席にわらわら大勢の人が来て、サブステージにピアノが運びこまれたので、「いよいよだ!」とすぐわかりました。

そのサブステージに用意されたピアノは白のスケルトンでYOSHIKIと名前入り。
(ちなみにドラムもバイオリンもメインステージにもあったピアノもスケルトンだった)
YOSHIKIのオーラはんぱな(あ、YOSHIKIがサブステージ、メインステージと動くたびに2~3人のいかついSPの人も走ってついて行ってました)、TOSHIの声量凄い。
客席に「おまえら~」と言って文句言われない人って彼ぐらいでは(笑)。
本人も「今日はアウェイだから心配していたけど、温かく迎えてくれてありがとう・・・」とか言ってたけど、自分たちのファンが集まったコンサートじゃないのに、完全にX JAPAN単独コンの雰囲気になり、花道横のスタッフまでXジャンプを一緒にやっちゃうんだからびっくり。(お仕事はだいじょうぶだったのか・・・?笑)
そして、ちゃんとPublic Viewingを意識して東北にも何度も呼びかけてたところも、大物の器を感じました。
YOSHIKIの以前のコメント「この業界でトップに立つのに何も努力してないことはない」(だったかな)彼ら自身のことでもあるなあ、と思いました。ステージ終わった後、客席をバックにメンバーで楽しそうに写真を撮り合ってるのには自由人だなーって感心。(あのー、たぶん時間押してるんですけど・・・)

そしていよいよ次は東方神起と、ビギタオルやペンラやらウチワやらで待機していたところ、スクリーンにアユちゃんのロゴ。
「ええええー?まじー?」と超びっくりで、この時はまさかトン(東方神起)がトリとは信じられず「もしかして時間がなくなって、トンはカット?」とかなり心配になりました。

現れたアユちゃんはゴールドのミニドレス似会っててかわいい。
AAA浦田くんとのデュエット曲を何曲かやったけど、浦田くんめちゃ上手い!聞かせる。
特に『ANother song』がハモリもきれいで個人的にはいちばん好きでした。
大阪でユノとコラボしたという『Why?』は「『Why?』東京バージョン」と紹介したので、何か大阪と変えてくるのか、と思ったら、相手がユノでなく浦田くんでした。
この時点では友人と「ユノ、何か別のイベントか用事だったのかね。しかし浦田君うまいね」と話してました(のんき)

その後、トロッコで会場回って、メンバー紹介も全員して、完全にライブ終わるトリの雰囲気で、「やっぱりトンはカット?」とまだ半信半疑で、アユちゃんのステージが終わった後、会場が明るくならないかどきどきしてましたが、アユちゃんの後も会場は暗いままで、客席の赤のペンラがどんどん増えていって、ここでやっと「おおおお、トリはトンで来るんだあ!」と実感。

そしてスクリーンに「東方神起」の文字が!!会場レッドオーシャン!

2005年のオープニングアクトから始まり6年目にねえ、とうるうるしている間もなく、『Why?』イントロダンスでスタート!
ポセイドン仕様(たぶん)のユノくん短髪ナイス。
チャンミン(チャミ)は相変わらずふわふわパーマで王子オーラ出てました。
そして気迫こもった『ライサン』(RISING SUN)。最後のユノの「ライサーン」雄たけびに腰抜けました。

ここでトーク。
ユノ「みなさんお待たせしましたー」(待ったよ、出るの遅いよ。←そういう意味で待たせたわけではありません)
「東方神起が2年ぶりにエイネーションに帰ってきました」
「東京はアツいですねー」(今日は涼しいよ。←天気を言ってるわけではありません)
等々、ややカミ気味に話してました。トリということでやや緊張してたのかな?
ユノくんのパンツの膝下のところ、やや黒く汚れていたので友人に「クリーニングしてもらってないのかな」と言ったら、「それはないでしょ。ユノはリハも全力投球だから、リハで汚したんでは」とのコメント。(ライサンの膝つくとこで汚したかも、ですね。そういえば、エイネ終わって帰国した時の名物ユノの空港短パン写真でユノくんの膝、かなりアザになってましたねえ)

その後、『Superstar』、『時止メ』(時ヲ止メテ)、『SBU』(Stand by U)、『サマドリ』(Summer Dream)、『STL』(Somebody To Love)、そして最後に『Why?』とセトリは全会場同じ。
「次の曲行きます」「えー」チャミの「しーっ」もあり、チャミのペットボトルの水かぶり、もあり。そのたびにチャミペンをキュン死させてて罪な男だ。
最後は「今日もとっても幸せでした」「本当にありがとうございました」「カムサハムニダー」で、終わる同時ぐらいに花火!(やっぱ時間ぎりだったよねー。たしか近隣住民との合意で花火の時間は遅らせられないと聞いた覚えが・・・)

《8月28日》
この日はBoAが出演し、「デビュー10年になりました」とデビュー曲はじめ日本語曲を披露。
シークレットゲストは観月ありさとガクトのYellow Fried Chickenz。
そして、エイネオーラスのオートリは東方神起でした。
会場が赤くなっていき、近くの席のトンペン親子のおふたりが「やっぱりペンライト用意すれば良かったね」と話していたので、私の持っていたうちの1本をすかさず娘さんにお貸ししました。
ユノくん、土曜日よりもリラックスしている感じで、最初の「ユノでーす」の挨拶のところでピースしたり、けっこうおちゃらけた動作入れてました。
カメラに抜かれるたびに私が壊れるので隣の友人から「はい、落ち着いてください」と、どうどうされてました。トークも噛まなくてスムーズだったよ!(←失礼)
どこの場面だったか、インナーの襟のところから手をつっこんで、びりっとやる動作したんだけど、大変残念ながら服破けず。次のライブでは是非切れ目を入れておいていただきたいっ(って次はもう9月2日のSMTだ!)
この日はチャミがダンサーさんに水かけられたり(もっとやれ)、途中疲れてスピーカーの上に座ったりしてました。

最後のトークでチャミ「今年の夏は本当に幸せでした。エイネーション2011、みなさんお疲れ様でした」、ユノ「これからもっともっとがんばりますので東方神起の大きな力になってください」(大声で「なるよー」と返事しておきました!)。

すでに記憶が薄れ掛けてるけど、とにかくチャミが2年前のうつむきがちで硬かった2009年エイネに比べて笑顔いっぱいで心から楽しんでいる感じだったのが印象に残りました。(あれ?私はユノペンなのに総括がそれでいいのか?(爆)

人気記事 おすすめ記事