韓流Mpost(エムポスト)は、K-POP、韓流ドラマ、韓国立ち寄り話など、最新の韓国情報をお届けします!

2011年7月10日22時33分 日曜日 【読者特派員レポ】『THE K SHOWW』 at ソウル

読者特派員MOさんより、7月9日(土)にソウルで行われた『THE K SHOWW』のレポが届きました!

【読者特派員レポ】『THE K SHOWW』 at ソウル

7月9日(土)は外国人向け4000人イベントという触れ込みの『THE K SHOWW』に行ってきました。
会場はソンドコンベンシア(仁川近く)。遠い!
ソウルから地下鉄乗り継いで2時間。(私はツアーじゃなくてチケのみ入手したので移動は自分の足)
当初売り出しはツアーのみでお高めの値段設定だったので、観客はトンペンアジュンマが大多数だろうという予想に反して、会場には、SUPER JUNIOR(スジュ)SS3のブルーTシャツ着たり、BIGBANG(BB)の黄色の王冠ペンラ持った20代ペンちゃん多し。王冠カチューシャしたパッツンおかっぱめがねの韓国の中高生ペンちゃんたちも見かけました。
当日券も出てました。

開演午後7時。
オープンアクトはTOA入れて新人3組で2曲ずつ。
3組目に出てきたFree10(って聞こえた)はバンド4人組。
CNくんやFTの成功で今後日本進出するバンドも増えるのかも。
演奏なかなかいい感じでした。

本番トップバッターはBIGBANG(BB)!
BBらしくて私も好きな『Tonight』で始まり、『Hands up』、『Cafe』、『Lies』、『Last Farewell』と全5曲。
テソンいないのは寂しいけど、メンバーもその分気合を入れてるのか、休暇でエネルギー充電したのか、4人でステージ狭しと走りまくり。
そして盛り上げ方も上手い。
「Say Yeah~」とか、日本語で「もっと手をあげてー、ジャンプしてー」とか煽る、煽る。
MCではスンリの日本語が上手でびっくり。
ペンの声を代弁するかのように「TOPさんしゃべってませんけど何か言ってください」とナイス振りで、TOPは「暑いですね、最後までがんばります、昼ごはん食べましたか」と意外に流暢な日本語で言ってました。
前日、金曜日のGD&TOPも貫禄のステージだったけど、やっぱグループはみんなと一緒にいると楽しそうでいいわあ。
見てるこちらも幸せな気持ちになる。

2番目は2PM!
前日とは曲順変えて、『Hands up』、『I’ll be there』、『I Can’t』、『Heart Beat』、『10点満点中10点』。
テギョン、前日に転んだ時、痛めたのか腕にサポータしてたけどケンチャナ?
この日はバク転や、客席乱入はなし。
でも最後はける時「日本で会いましょう」と言ってくれたのはテギョンの声に聞こえました。

3番目ZE:A!
彼らも『Here I am』とか代表曲含め5曲。日本語で挨拶してました。彼らも歌うまいー。

4番目MBLAQ!
『Stay』とか他にもよく歌番組で聞く曲とか全5曲、日本語の自己紹介も入れてやりました。
歌もダンスもレベル高っ!
ちなみに当日まで誰か内緒にしてたツアー客の特典タッチ会はMBLAQだったそう。
(ZE:AかMブラだよね、と友人と予想してたの、当たり!)

そして次はSUPER JUNIOR(スジュ)!
この日のサングラス男子はヒチョルとドンへ。
ふたりのきれいな目が見れなかったのは残念だけど、5集の収録始まって睡眠不足で目が腫れてたのかな?
最初の曲は『Bonamana』で『No Other』と続く。
ギュヒョン(ギュ)ちゃん上機嫌でにこにこ可愛いわあ、とギュにばかり気をとられてたら、ええ?シウォン氏がいないじゃん?ふえーん。
大ショック!聞いてないよお!!台湾ドラマのせいですか?それともSS3@横アリに続いて体調不良じゃないといいけど。
その後、日本語でメンバーいつもの自己紹介して(イエソンさんの「お元気ですかー」とか)、イトゥク、なんとかカンペ見ながら日本語でMC試みるも、10秒で断念(爆)。
今までのグループはなんとか日本語がんばってたのに、悪びれずハングルトーク炸裂でした。
こういうとこイトゥクらしくて好きだわあ。スジュの自由奔放さはリーダーの彼によるところも大きいかも。
で3曲目KRYの『Sorry,Sorry(answer)』。「イエソン可愛い~」って声がよく聞こえたけど、あれ?KRYの華ってセンターのギュちゃんだと個人的には信じてるんですけど。
4曲目は『Super Girl』。ってMの曲じゃん?チョミ、ヘンリー、シウォンの代わりってことか、イトゥクやイエソンとかが入って楽しそうに歌ってたから、まっいっか。
ラストは『Sorry,Sorry』。で、歌い出し、シウォンパートはイトゥクが。リーダーがんばってたけど、やっぱあの挑発する目つきはシウォン氏のが見たかったっす。

そしてトリは東方神起!
ユノの髪型が前日『StayG』のアトムからふつーに戻っててマジほっとしました。(でもライブ前にカシちゃんふたりと会ってたんだけど、彼女たちはこのアトムヘアがめちゃ可愛い、と大絶賛してた。ううん、文化の差?)
曲は『StayG』と同じ4曲で、順番変えて最初に『How Can I?』(ステージは回らず。爆)

その後トークでいきなりユノくんハングルだったので、まさかのイトゥクと同じ展開?とひやっとしたら、すぐ日本語に切り替わりました。

「せ~の、こんにちわ~東方神起でーす」
ユノ「みなさんが韓国に来てくれてうれしいし感謝します」
チャンミン「新曲も発売になります」
ユノ「チャンミンは宣伝担当だから」
ユノ「韓国はいかがですか?楽しいですか?色々いい所があります」
チャンミン「光州(ユノの故郷)がいいですね」(←ソウルから行くにはちょっと遠いっすよね?)
ユノ「今日はすばらしいアーティストばかりなので東方神起も負けないようにがんばります」
とだいだい、そんなことを話してたかと思います。
それから『Maximum』、『Before U Go、Why?』といつものおなじみナンバーでした。
あっ、衣装はチャンミン(チャミ)のがセクシー担当でしたよ。動くたびにボタンしてない胸がはだけるので、いつものようにユノガン見でなくチャミもかなり見ちゃったです。

ぶっちゃけ会場は無料ライブの『StayG』のチャムシル室内体育館の方が見やすいし良かった。
『THE K SHOWWはサブステかなり前で花道ちょこっとだけ。スタンディングに十字の花道できて田んぼの字になってた『StayG』の方が多くのファンが近くで見れたのでは。
私の席もツアー客のための席の4列後ろと悪くない席だったはずだけど満足度的にはスタンド席の『StayG』でした。
傾斜もなくスタンド席もない展示会ホールを会場にしたのなぜ?
あと、気になったのは、本来韓国のコンサートは席がある場合は座って見るルールのはずだけど、みんな掟破りで、日本のアリーナみたいに立ってたし。
最初スタッフが何度も「座ってください」と来たけど、全然言うこと聞かず。

うちわ、ペンラ、ボードも頭上に高々かざしてるから、その人の後ろの席の人はかわいそうになあ、と同情しました。
ビギ(Bigeast)でウチワ、タオル、ペンラは頭より上に上げない、後ろの人に迷惑だから、と教育されて育ったけど(笑)、もう通用しないのかもなあ、などと思ってしましました。

とはいえ2日続けてのライブ満喫させていただき幸せでした。
久しぶりのカシちゃんチングとの食事も楽しかったし(なぜかイエソンさんの話で大いに盛り上がったけど内容は内緒)…。

MOさん、StayGに続き、臨場感のあるレポありがとうございます!

テソンうちわを持ってたペンがいて、BIGBANGのメンバーが触ってくれた(泣)という話も聞きました。
最近は、テソン教会の聖歌隊で少し歌っているらしいという話も聞きましたが…。
気持ちが元気になって、早く戻れることを願うばかりです。
きっと、ステージに立ったら、王冠のペンライトがテソンの力になることでしょう。
5人で歌うのが、早く見たいですね!

SUPER JUNIORのシウォンも、台湾の方が忙しかったんですかね?
シウォンペンの方は、残念でしたね。でも、SUPER JUNIORのステージは相変わらず楽しそう!

東方神起のユノの髪型の話ですが、確かに他のアーティストでも「えぇーー!、なぜこの髪型に?!」と絶句することがありますが、そんな時、韓国では評判いいんですよっていう時があります。
確かに、文化の違いかなあ???

StayG、K SHOWWとソウルの熱い楽しい2日間だったようですね!
レポを読んで、韓国へ行きたくなりました!
美味しいものも、食べたいし、本国でのライブ見たい…。

みなさんからの、読者レポもお待ちしております!
楽しいレポを送ってくださいね!!

人気記事 おすすめ記事